Main | April 2005 »

March 2005

March 31, 2005

カミングアウト

美容室に行った。「女性自身」が置いてあった。お、仔仔の載ってるやつだわと記事をチェック。が、ねえ、どうしたことか仔仔のページがないのですよ。イ様やぺ様などの韓国スターは載ってるのに仔仔だけがない。何度も何度もページをパラパラやってたので不審だったんだろう、美容師さんが訊いてきた。

「なんか気になるページでもあるんですか?」

うっと言葉に詰まる私。

「韓国のスターですか?」

私を追いつめる美容師さん。(以下、「美」と略)

「…いや、あの、台湾の…」

小声になる私。

「台湾?韓国じゃなくて?」

…Sか、この人は。

私は腹をくくった。

「ははは、全然マイナーなんですけど、台湾の人がねえ、好きなんですよ、私」(←卑屈)

「あ、もしかしたらエフフォーですか?」

ええっ、知ってるの?

「そう、エフフォー」(←エフスーと言いたかったけど言えず)

「私、ジェリーが一番好きなんですよ〜」と美。

うそー。うそー。うそー。興奮する私。

「私、ヴァネス!!」

一瞬固まる美。

「ヴァ、ヴァネスですか、はー」(←そんなあからさまに驚かんでも…)

「いないですよね、あんまり聞きませんもんね」(←泣)

「いや、あの人よりはマシじゃないですか、ケンよりは」

さらに私の傷口に塩を塗る美。

ごめんね、私はヴァネスの次にKenちゃんが好きなのよ!!

「うん、ありえないと思いました、私も最初は。ベストだしメガネだし。でもねえ、だんだん垢抜けてかっこよくなってくるんですよ、ほんとに」

必死でKenちゃんを庇う私。

「ほんとですかあ」

ほんとだよ!!

「でもヴァネスも髪切ってからかっこよくなりましたよね〜」と美。

……髪切る前から既にかっこよかったわよ。

「歌は上手いですよね、ヴァネス」と話を振る美。

「…歌、聴いたことあるんですか?」(←ちょっと浮上する私)

「友達が好きでね、貸してもらって香港のコンサートを見たんですよ」と美。

「あれは衣装がすごいですよね」

「笑いました。ラストの赤いやつ。誰一人似合ってなかったですよね」

いや、でも、あのセンスが私は好きなんだけど…な。

「うん、あの服にあの靴はちょっと、って私も思いました」(←控えめに反論)

「えっヤマダさん(←仮名、私のこと)、靴までチェックしてるんですか?」

あ、しまった。どんどん墓穴を掘ってしまう私。

「いや、ちょっと目についただけで…」

「すごく好きなんですねえ。もしかして『貧窮貴公子』とか見てます?」

「ええまあ」

「エフフォー通信は?」

「…はい」(←毎週録画してます)

「私の友達も好きで春から中国語教室に通うらしいですよ、のめり込んじゃってね、すごいでしょ(笑)」

「…すごいですねえ、ははは」

私も中国語の勉強を始めました、とは言えなかった。

…どうせカミングアウトするんなら、ヴァネスのヘアスタイルにしてもらえばよかった。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 30, 2005

この胸のもやもやを

BS日テレで放送していた「流星花園2」が最終回。えーっと、あのー、さんざんイライラさせられたのにあのラスト?モノゴトにはメリハリがないといけない。自分を好きだった男が記憶喪失になり、こともあろうに他の女に走ってしまった、いやもう苦しいし、たまらん状況です、そんな苦しみの後にはものすごい快楽がないと!!

で、快楽はどこ?私はどこで浸ればいいの?バルセロナ?教会でちょこっといちゃつくぐらいじゃ浸れんわい!出し惜しみするんじゃない!どばっと出せ、どばっと。第一話のイチゴのケーキの「この借りは一生かけて返してやる」や「ハガキ書きながらプロレスごっこ、いつしかラブシーンに突入」クラスのときめきを出せ。気分がすっきりしないじゃないのよーーー。この胸のもやもやをどうしてくれるのよーーー。

これまで平日毎日見れていた動くF4、喋るF4が明日からは見れなくなる。きっとまた禁断症状に悩むことになる。ああ、新しいあなたが見たいのーーーとネットを探したり、お気に入りサイトのお気に入りの箇所を充血した目で何度も読む日々が始まるわけですよ。もう私、自分が絶対そうなるのがわかっているので注文します。何か買いますとも。ええ、これからネットショップを回ってみますわ。

ああ、でもここでも胸のもやもやが。Kenちゃんがたぶん出ずっぱりの「愛 断了線」とヴァネスがゲストの「求婚事務所」(4話ほどしか出てないらしい)、どっちを買うべきか、うーん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2005

袋から出す

昨日買って来た本をようやく袋から出してみた。NHKテレビの「中国語会話」は、あ、表紙に男前が!来年度の出演者で中国出身、大阪の大学に通うモデルさんだそうです。NHKさんありがとう、ちょっと学習意欲がわいてきたよ。

そしてもう一冊は「セルフマスター 話す中国語 入門編」。本屋にはいろんなのがあってとても迷ったけど、帯の文句で決めた、「シリーズ15万部突破!!」。そんなに売れてる本なら間違いないよね?よね?とすがるような気持ちで。

で、本に付いてるCDを早速袋から取り出そうとしたんだけど、切れ目が見つからなくてなんだかえらい苦労してしまった。今、キーを叩きながら「声調」の部分を聞いている。「いー」とか「あー」とか「うー」ばっかり。…なんか私、本開いて5分で放り投げたくなってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2005

道明寺VS花沢類

kikukoさんのblogにこんな興味深い記事が。「『記憶喪失のJERRY』VS『そばでずっと見守ってくれてた仔仔』、選ぶならさあどっち?」。

JERRYと仔仔じゃ難しすぎるので、私は勝手に「流星花園」の道明寺と花沢類で考えてみることにします。

私は迷うことなく花沢類!だってねえ、他の男を愛しているつくしをずっと好きでいてくれて、慰めてくれて励ましてくれて、おまけにつくしの負担にならないように自分の気持ちを抑えてるんですもん。この心の広さと器の大きさ。そんじょそこらの男には真似できません。

そして類の優しさはさりげなくて粋です。自分が初めて働いて得たお金でつくしのために花を買っちゃう。それも町を歩いていてふと目についた花屋さんで買っちゃう。豪華な贈り物もいいけど、こんなふうに小さな花束を「キミに」とプレゼントしてくれるスマートな優しさがまたいいのよ〜。こんな人と一緒にいたら毎日小さな幸せをいっぱい作っていけそうな気がする。

加えて、初めて会って少し話しただけで美作がシノに惹かれていること(←美作本人も気付いてないのに)を見破ってしまう鋭い洞察力を持ち、学生の身でありながら危機に陥った花沢物産を救うべく日本に資金調達に行くほどのスゴ腕を発揮し、おまけにヴァイオリンまで弾けちゃう多才ぶり。類についていけば間違いなく幸せになれると思う。

私なら絶対に花沢類。でも、たぶんつくしは自分を幸せにしてくれる男よりも、好きな男と一緒に苦労する方を選ぶんだろうな。結局「好き」が一番強いのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

適切なアドバイス

本屋でNHKの「中国語会話」のテキストを買いました。ついでにCD付きの教材も。しかし買ったことで安心しちゃって、がくっと中国語へのテンションが落ちちゃったような…。まだ本屋の袋からも出してない状態。

中国語の学び方に関する本で「語学は時間かお金をかけないと身に付かない」そして「身銭を切らないとものにならない」というのを読んだので、投資してみたのですが(←っていうほどたいした金額でもないけどね〜)、私みたいなナマケモノは図書館で借りて期限内に読まねば読まねばと自分にプレッシャーをかけつつ頑張る方がかえって身に付くかもしれない。

F4関係のサイトを読んでるとみんな当たり前のように中国語ができるのに驚く。みんなどうやって勉強したんだろう。英語塾で教えている友達に「外国語ってどうやって勉強したらええん?」と訊いたら「外人の恋人を作ったらええんよ〜」と言ってました。ふっ、甘いわね、私にはもういるのよ、F4という恋人が(←『心の恋人』なのが悲しい)。

「他に方法はないん?」と訊いたら「うーん、ゴシップ記事を読んでみたら?」と言ってくれた。人間、自分の興味のあることは必死で調べるし、夢中になれるから、だから私にはゴシップ記事なんだそうだ。…友よ、適切なアドバイスありがとう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 27, 2005

著迷

友達に送ってもらったCDを聴いている。アーロン・クォックの「著迷」。いつだったか翻訳サイトで「著迷」を訳したら「夢中」と出た記憶があるんだけど、この前調べたら「著は迷う」としか出ませんでした。私の勘違いだったのかな?

今年になってから中国系の音楽を聴くようになって、最初は何にもわからなかったけど何度もリピートするうちにときどきわかる単語が混じるようになって、おっもしかして私語学の才能があるかも?と思ったら、やっぱりねえ、歌う人が変わると全然聞き取れないのでした。というか、たぶんこのアーロンさんが歌っているのは広東語なんだろうと思う(←自信なし)。「著迷」は「じゃまーい」と歌ってるところだけわかるので、そこだけ歌えます。

ものすごいノリがいい曲で、夕飯作りながら聴いてたのですが、最初はあーかったるいなあと思って包丁持ってたのに、聴いてるうちに熱が入って来て最後はステップ踏んでました。ああ音楽の力って偉大。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2005

COMIC MAN

0503268050326-1

届きました〜。「COMIC MAN」と「流浪夢」、二冊届きました。

今、「COMIC MAN」を読んでるところ。写真集なのに活字がいっぱい。でね、迷心をくすぐる「××は素では実はこんな人」みたいなエピソードがたくさん書かれていて、ちょっと読んでは微笑んだり、じーんとしたりで忙しい。

ドラマでもバラエティでも仲良さげな四人だけど、文章読んでもその印象が変わりません。語る内容がなんだか深ーい哲学者のようなKenちゃん、ほんとに真面目で努力家でいい奴なJerry、実は一番器の大きい人かもしれない仔仔、そして謙虚でストイックで自分の仕事に誇りを持ってるヴァネス、性格の違う四人がたまたま同じドラマに出たことが縁で結成されたグループなのに、すごく人気が出て忙しくなってしまって生活が変わって、そういう中でそれぞれ認め合って補い合ってきた感じが伝わってくるのです。ふざけたりじゃれあったりしている様子もわかって楽しい。

そして、忙しいんだろうなと思ってはいたけど、ほんとにすごいのですね、彼らのスケジュール。厳寒の北京から暑いシンガポール、ばたばたやってきてばたばた去って行く、移動中は寝ている、なのに夜中にみんなで話し込む、こんなにみっちり濃い時間を四人で過ごしてきたんだなあと思うと仲良しなのもなんかわかる気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2005

「中国語会話」を探して

本屋でF4の載った雑誌をチェック。BS-fanは写真も大きくてきれい。他の雑誌は見つけられなかった。テレビ雑誌って田舎の本屋さんにはそう何種類も置いてないのですよ。

ついでに四月からのNHKの「中国語会話」のテキストを買って帰ろうと探したけれどない。「ドイツ語」も「ハングル」も「英語」も「フランス語」も揃ってるのに、何故?店員さんに聞いたら「入った分は全部売れてしまいました」とのこと。え、まさかこんなところにまで華流が?

帰りにスーパーに寄って、そこの本屋でも探したけれど同じでした。他の語学テキストはいっぱい並んでるのに中国語だけがないの。二店しか見てないから偶然かもしれないけど、もしかして春から中国語始めようと思ってるF4迷が私の町にはたくさんいるのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2005

ベストななぐさめ役は?

今日の「流星花園2」はなんといっても仔仔が素敵だった。恋に破れて誰にも告げずに旅に出たつくしを、花沢類が探し出して迎えに行くのです。つくしが外出から戻ってみると、宿泊先のかき氷屋さんの店内に花沢類が。思わず「なんでいるの?」と声をかけたつくしに「氷食べに」と答える類。そして「荷物まとめて。近くに部屋借りたから」。そうそうこの人、いつもこんな感じ。ときにはシビアなことも言うけど、ほんとに困ったときには意外な優しさでふわっと包んでくれる人なのです。

「流星」では道明寺とのことで傷ついたつくしをなぐさめるときに、「俺は君が心配なんだ」とストレートに言っちゃうのが美作で、「大丈夫か?」と落ち着いた話し方でいたわるのが西門で、類は黙って側にいて必要なときだけ手を貸してくれるという感じ。うーん、私だったら誰になぐさめられたいかなあ……(しばし空想)……ごめん、私には選べません(←バカ)。

心から落ち込んでるときには美作の熱さはしんどいだろうし、「大丈夫か?」と西門に言われたら「平気よ」と強がってしまいそう。そう考えると黙って側にいてくれる類かもしれない。で、でもね、ヴァネスに真顔で心配もされてみたいし、Kenちゃんのあのすばらしくいい声で「大丈夫か?」と囁かれてもみたい。

選べますか、あなた、とびきり素敵な男性が三人、それぞれのキャラクターで傷ついたあなたをなぐさめてくれるとしたら。すぐに結論が出せる人は迷いがなくて幸せだ。大抵の迷は悩むと思う。私はベストななぐさめ方&なぐさめ役について5分くらい考えてしまいました(←大丈夫か?)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

6位ですって

きゃー、オリコンのデイリーランキング6位ですって〜。きゃー、今日発売のF4日本デビュー曲「キャント・ルーズ・ユー/絶不能失去弥」(←最後の文字は弥じゃなくてイ尓)がです。すごーい。すごいわ。

……でもごめん、私買ってないのです。ネットで「COMICMAN」「流浪夢」とを買っちゃったのです。やっぱりネット、もう店頭に並んでるらしいのに私んちにはまだ届きそうにありません。

雑誌もたくさん出るみたいだし、ビンボーな私はとても全部は追えませんが、なんか6位というのもくやしい。5位に押し上げてあげたいじゃありませんか。ええ、追加で注文しますとも。でもたぶん明日かまたずっと先のランキングになっちゃうから関係ないんだろうな。いい、それでもいい、貢ぎたいの。……ああ迷ってかわいい。そしてバカ。

……とここまで書いて思い出した、旦那に買ってきてもらえばよいのです。ちょうど帰りにTSUTAYAに寄ると言ってたし。ええ、電話しましたとも、ゲットさせましたとも。TSUTAYAってオリコンランキングに関係ありましたっけ?いいんです、今日買うことに意味があるのよ、たぶん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2005

見たくなかった

今日の「流星花園2」で、見てはならないものを見てしまいました。なにって、ねえ、あれですよ、あれ、ヴァネスのパンツ。

シノと川辺にたたずむシーンで、例のごとくシャツの胸元と裾を開けてセクシーに着こなした美作の、ジーンズのウエスト部分に白いベルト状の物体が。あれはやっぱりパンツ…ですよね、奥さん?

ジーンズゆるかったんでしょうか、前ポケットに手をつっこんだら思いがけないほどずり下がってしまって、それで見えてしまったんだと思います。白いものが、ああ白いものが、ああ今も残像が…。

いいシーンだったのですよ。何よりもチェロを大事にしているシノに、「チェロが恋人みたいだな」と拗ねてみせる美作、シノがチェロを川に投げ入れてしまうと、美作が慌てて泳いでチェロを取りに行く…。親に強制されたお見合いだったけれど、美作がいつのまにかシノに惹かれ、彼女を大切に思っていることを感じさせるエピソード。

が、なんかパンツの衝撃でふっとんでしまいましたわ。いやほんと私はヴァネスが大好きですけど、パンツが見えて嬉しいとは思いません、なんかトホホって感じです。王子様が王子様が私の王子様がくーーー。あんなにはっきり見えているものをなぜチェックできなかったのか、わかっていてももう撮り直す時間がなかったのか、いずれにせよ台湾という国の大らかさを感じさせるシーンでした。いくらなんでも大雑把に作りすぎよ〜、台湾ドラマ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

ご挨拶

記事が10個たまったので、upしてみようと思います。そう、私、今まで「下書き」という機能を使って書いてまして、一人で書いて一人で読んでたのです(←く、暗っ)。

でも、ほんと、やっぱり私は書きたいし、書いたことを読んでもらいたい。あんまりハマって健康を損なわないように注意しながら、こそっと書いてみようと思います。またよろしくお願いします。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 21, 2005

Make a Wish

今日の「流星花園2」でかわいいかったのは、寝ている花沢類を起こしに行く美作。そーっと忍び寄って、類のベッドに入り込み、大声で鶏の真似をして起こす。あれは何て言ってるんでしょう、「アッアアッアー」?微妙な巻き舌発音がツボ。全然「コケコッコー」じゃないのに、ちゃんと日本で鳴く鶏の声に聞こえるのがすごい。眠たい花沢類とどうしても起こしたい美作、二人がじゃれあう様子がものすごーくかわいい。

そういえば前に「絶不能失去イ尓」のMV収録のときのインタビューで、ヴァネスが鳩の物真似をしていた。鳩になりきって声を変え、楽しそうに喋っていた。ライブのときのひたすらかっこいいヴァネスと、こういうおふざけが好きなヴァネス。大人と子供のこのギャップがたまりません。好き。

ヴァネス、仔仔を起こしながら自分の歌「想像十個イ尓」を歌い、それでも起きないと仔仔の持ち歌である「Make a Wish」を歌いだす。このときの「Make a Wish Make a Wish…」の発音が、なんだかとてもカマっぽいのがまたツボだ。迷ってほんと何を見ても嬉しいんだなと、自分のバカさにちょっと笑ってしまう。

それにしても気になるのが、このシーンのシナリオ。「鶏の真似」とその後の自分の持ち歌、そして仔仔の「Make a Wish」を歌うところ。このシーンは西門ほど立派に仕事をこなしているわけじゃない自分になんとなくコンプレックスを感じ、そして退屈している美作と、いつでもどんなときでも寝られる花沢類のマイペースぶりが描きたかったんだと思う。が、シナリオに各自の持ち歌のことまでこんなに細かく書いてあるとは思えない(←っていうか思いたくない)。私の想像だけど、鶏も歌もヴァネスのアドリブなんじゃないかな。なんの根拠もないけど、なんとなく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初恋の人の夢を見たことがある。目覚めてしばらくはぼーっとしていた。いい夢だった。

そういえば私の初恋は、今思えば嘘のようだけど台湾と日本のハーフの男の子だった。頭のいい、おとなしい子だった。あの子と結婚していたら(←ないない)、私は彼のお父さんの国である台湾に行ったりすることもあったかも。中国語も勉強してF4にもっと早く出会っていたかもしれない。

blogを見ていると、F4の夢を見た、という人はぽつぽついる。うらやましいなと思っていた。自分の夢の中で自分のためだけにF4が動いてくれるのだ。なんて豪華でなんてすばらしい体験だろう。

で、私も今日夢を見たのだ……タモリの。夢の中で私は「タモリ倶楽部」の一員だった。アイデア商品を解説していた。ツボ押し機能付きの石鹸を試して(←石鹸に石が埋め込んであって手のツボを刺激するようになってるのだ)、「タモさんいいですよーこれ」と言った記憶がある。なぜタモリ?どうしてタモリ?いやタモリは結構好きだけど。

……F4、誰でもいいから私の夢に出て来て下さい。お願い。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 20, 2005

イケてない写真

関西に住む友達が、心斎橋のパルコに行って「仔仔の写真」の写真を撮ってきて、今度送ってくれるらしい。わーい嬉しい。

彼女のメールには添付ファイルで「イケてない写真を見つけたので送ります」とKenちゃんの、確かにイケてない写真が添えられていて笑った笑った。どんなのかというとね、むくんだ顔のKenちゃんが、よりにもよってぷっと頬をふくらませている金魚のような写真。いやね、でもね、そんなふてぶてしい顔であっても愛おしいと思ってしまうのよ。こんな気を抜いた顔を人前で見せる、その素朴さと大らかさがかわいいとまで思ってしまう。バカですか?バカですか?バカですよね。

で、お返しに何か送ろうとパソコンに保存した写真を見てみた。いろんなサイトから頂いて来たF4の写真250枚ほどをどれがいいだろうな〜と見ながらでれでれ。彼女は仔仔が好きらしいから、仔仔の私が一番好きな写真を送ろうか、いやそれとも笑える写真には笑えるものをお返ししようか、いっそKenちゃんが猫を抱くそれはそれはかわいらしい顔のを送って彼の写真写りの波を楽しんでもらうのも面白いかもしれない、などと考える。

そんなことをしているうちに、まだ晩ごはんの片付けもしてないのに、お風呂にも入ってないのに10時になってしまいました。いかんいかん、早くお風呂入って来よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2005

吹き出物

今日の「流星花園2」で、悲しいものを見てしまった。車を運転するヴァネスの頬に吹き出物が…。わーん。とにかくいつも肌が白くてきれいなヴァネスのそういう姿を見ると、体調悪いのかなあ(←ずいぶん前のドラマだから今頃心配してもしょうがないんだけど)と気になってしまう。吹き出物じゃなくて、ヒゲがうっすら青いときも、えーっ!と思ってしまう。

でもね、これがKenちゃんだとそうは思わない。前に吹き出物ができてるのを見たんだけどステキと思いましたもん。どっかのサイトでKenちゃんのヒゲを見たときも、おおっワイルド〜とかえって目がハートに…。

たぶん私の中でヴァネスは夢の世界の人で、Kenちゃんは普通の男の人なんだろう。ヴァネスには吹き出物もヒゲも見せてほしくない。いつもきれいでぴかぴかでいてほしい。で、さっそうとステージを歩いてファンに笑顔を見せて、それが素敵な人なのです。二人を思い浮かべるときに、ヴァネスは眩しいステージでかっこよく歌って踊る姿がぱっと心に浮かび、Kenちゃんはなぜか雑居ビル、コート、タバコの匂い、そういうものが浮かんでしまう。

あ、なんか書き方悪いな、Kenちゃんをけなしているわけでなくて褒めているのですが…。きらきらに着飾ったときではなくて崩れた感じの方がステキだなんて、なんかいいと思う。仕事でくたびれた男の人の肩を揉んであげたい、頭痛がするよ〜とか言ってる人に薬と水を運んであげたい、私にとってKenちゃんはそういう人なのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

C-POP 「蜜桃女孩」

毎週木曜日、BS日テレで放送されるF4のバラエティー番組「C−POP world」。すごーくかったるいすごろくを長々と流してみたり、企画もテキトーでテレビ番組としてはあんまり面白くないです。が、迷にとっては別。ドラマ以外のF4の、仲良さそうにじゃれる様子がたまらない。

で、昨日は見ててよかった、録画しててよかった、ヴァネスのドラマ「蜜桃女孩」が見られたのです。きゃー。私が持ってるのはこのドラマのボロボロの画像のVCDだけなので、今日はテレビの前で小躍り。

寝ている小桃(主人公の女の子)の顔に頬ずりするヴァネス、階段で小桃にもたれかかって甘えるヴァネス、そして小桃に突然キス(このときのヴァネスの首筋の美しいことったら…)してぶったたかれるヴァネス、階段でのいちゃつきシーンも、そしてこのドラマで一番ヴァネスの魅力が炸裂していると思う更衣室で「ちょっと抱きしめさせて」と小桃を抱きしめる切ないあの部分も、ちゃんと放送されてた。すごいすごい。編集した人は迷かもしれない。迷でなかったとしても、ちゃんとあのドラマを見てよい部分を使ってくれたんだと思う。嬉しい。

私がこのドラマを好きなのは、軽く見えるけれども実は一途な男の子が、好きな女の子に小犬のようにまとわりつく、その甘え方が上手に描かれているところ。その甘え部分が短い紹介の間にちゃんと押さえられていて、ちょっと感動した。

うん、ただ紹介が短かったのが残念。まるまる一時間「蜜桃女孩」のダイジェストを流してくれてもよかったくらい。このドラマ、もうyesasiaでも扱っていないし、ほんと手に入れるのが難しくなっているので、BS日テレで放送してくれるとか、でなければ日本語訳つけたDVDでも出してくれれば…。でもたぶん仔仔やJerryの出ないドラマだと難しいだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2005

Dance With Me Tonight

ヴァネスの歌う曲も訳してみました。いえ、訳してみたのは私じゃなくて翻訳サイトです。もー翻訳サイトさんったらカタブツなんだから。pretty babyをかわいい赤ちゃんと訳すなんてお茶目。( )の中の文字は私のツッコミです。
______________________________
Dance With Me Tonight

Come on pretty baby
Put your little hand in mine
Figure shaking on the dance floor
Everybody is feeling fine
Don't waste another minute
Slip into the light
Come on and dance with me tonight
Tell your mama that you're leaving
Tell your daddy that we're gone
Tell everyone in Philadelphia
There's a party going on
Move a little closer
Slip into the light
Come on and dance with me tonight

Come on come on
There is party going on
Come on come on
We'll be rocking till dawn
Come on come on
Let me sweep off your feet
Come on pretty baby
Won't you dance with me
Dance with me
Tell your mama that you're leaving
Tell your daddy that we're gone
Tell everyone in Philadelphia
There's a party going on
Move a little closer
Slip into the light
Come on and dance with me tonight
Come on pretty baby
Come on Come on
Come on Pretty darling Come on
Move a little closer
Slip into the light
Come on and dance with me tonight
______________________________
yahoo翻訳
今夜、私と踊ってください

かわいい赤ちゃんの上に来てください(←赤ちゃんの上に乗る?)
あなたの小さい手を私のものに置いてください(←えっ、私のモノに!と読んだスケベな私…)
ダンスフロアで震えている図
誰でも、元気であると感じています
もう一分を浪費しないでください
光にすべり込んでください
やって来て、そして、私と今夜、テルを踊らせるあなたがテルに我々が去るあなたのパパを残しているあなたのママ
フィラデルフィアで誰にでも言ってください(←テルって誰?)
続いている党が、あります(←partyが党に訳されたらしい)
少しより近くに、動いてください
光にすべり込んでください
さあて、今夜、私と踊ってください

さあ、さあ、
続いている党が、あります
さあ、さあ、
我々は、夜明けまで揺れています
さあ、さあ、
あなたの足をはらわせてください
かわいい赤ちゃんの上に来てください
あなたは、私と踊りません
私と一緒のダンス
あなたがテルに我々がフィラデルフィアThereの誰でも党状況である過ぎ去ったテルであるあなたのパパを残しているとあなたのママに話してください
少しより近くに、動いてください
光にすべり込んでください
さあて、かわいい赤ちゃんの上で今夜、私とComeを踊ってください
動いているComeの上に来てください
動いているPrettyダーリンComeの上に来てください
少しより近くに、動いてください
光にすべり込んでください
さあて、今夜、私と踊ってください
______________________________

エキサイト翻訳

今夜、私と踊ってください。

きれいな赤ん坊をついてください。(←餅つきみたいに?)
置かれて、ダンスフロアEverybodyに震動する鉱山図のあなたの短針が、私たち
がいないとあなたがあなたのママですが、Tellをあなたのパパに残して、ドン
がもう1軽いComeにオンなSlipと私に伴うダンス今夜Tell分浪費しない罰金と感
じている、Tell、今夜ほとんど私との軽いComeとダンスへのMoveのaより近い
Slipに行かないフィラデルフィアThereのa党の皆

つかれて、来てください。(←疲れて?憑かれて?)
先へ進むパーティーがあります。
つかれて、来てください。
私たちは夜明けまで前後にゆれるでしょう。(←もしかしてHな意味?)
つかれて、来てください。
私に足の踏み場を失って掃かせてください。
きれいな赤ん坊をついてください。
あなたは私と踊らないでしょう。
私と踊ってください。(←どっちなんだよ)
私たちがあなたのパパですが、Tellを残しているとママに言ってください、過
ぎ去る、Tell、今夜の私との軽いComeとダンスへのMoveのa小さいより近い
Slipの上のPrettyの最愛のComeの上のComeの上のComeの上のきれいな赤ん坊の
Comeの上の今夜Comeのときにほとんど私との軽いComeとダンスへのMoveのaより
近いSlipに行かないフィラデルフィアThereのa党の皆
______________________________

最初は調子がいいのに、後半になるとめちゃめちゃなのがエキサイト翻訳の特徴なのだろうか。いやyahoo翻訳も途中からしっちゃかめっちゃかになっているけど。

たぶんそんなに複雑な英語じゃないんだろうけど、阿呆な私には難しすぎる。また創造&想像力でテキトーな訳をつけてみます。こんな感じか?

「おいでよ、子猫ちゃん(←えっ、子猫ちゃん?)、今夜は僕(←ヴァネスはやっぱり『僕』って感じだわ)と踊ってよ、君のかわいい手を僕のに添えて。ダンスフロアーで震えて時間を無駄にしちゃダメだよ、みんなゴキゲンだよ、光の中に滑り出そうよ、僕と踊るの?踊らないの?もっと近くにおいでよ、さあさあ」

うーん、書いててなんか赤面。軽ーい男が純情なお嬢さんを口説いてるような感じではありませんか。いやテキトーな訳だからきっと全然違うんでしょうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Heat Of The Night

F4のサイトをいろいろハシゴしていたら、「台北のコンサートでkenちゃんが自作の曲を歌っている」と書いてありました。「Heat Of The Night」がそうらしい。あ、そうなの?今まで誰かの曲のカバーだと思ってました。

で、例によって翻訳サイトで訳してみた。中国語じゃないからそう変な訳にはならないと思っていたのに……。
_________________________
Heat Of The Night

She calls my name
Say it all be the same
Now rest your head
On my bed find the way
Well I'm in a world of dreams
With things I love
They they are now
Fading out in her hands
Why she lied?
I'm not the one
I thought it would be alright
Run into the heat of the night

Now time has come
To a point where I'll cry
Though couldn't sleep have to dreams
Tell me now
Why she lied?
I'm not the one
I thought it would be alright
Run into the heat of the night

Why she lied?
I'm not the one
I thought it would be alright
Run into the heat of the night
The heat of the night
_________________________
まずyahoo翻訳では。

夜の熱

彼女は、私の名前を呼びます
まあ、それのすべてが、同じことです
すぐに、あなたの頭を休ませてください
私のベッドで、方法を見つけてください
よく、私は夢の世界にいます
私が好きであるもので
彼ら彼らが、現在そうです
彼女の手で次第に消えて行くこと
なぜ、彼女は嘘をつきましたか?
私は、私はそれが夜確かに熱へのRunであると思った人ではありません

今は、時間が来ました
私が泣く点に
眠ることができなかったけれども、すぐに夢テルに私がいてください
なぜ、彼女は嘘をつきましたか?
私は、私はそれが夜確かに熱へのRunであると思った人ではありません

なぜ、彼女は嘘をつきましたか?
夜の、私は私はそれが夜確かに熱へのRunであると思った人ではありません熱


「すぐに、あなたの頭を休ませてください」とか「私のベッドで、方法を見つけてください」は日本語として通るけど、「すぐに夢テルに私がいてください」「私は、私はそれが夜確かに熱へのRunであると思った人ではありません」になると、もう何がなんだかわからない。次に行ってみましょう。
_________________________

今度はエキサイト翻訳です。

夜の熱

彼女は私の名前を呼びます。
それがすべて、同じであると言ってください。
今度は、頭を休ませてください。
私のベッドの上では、方法を見つけてください。
健康な私は現在それらがWithものIがTheyが非常に好きであるという夢の世界で
は、Fadingであるということです。手のWhyでは、彼女は嘘をつきましたか?
私はものではありません。
私が、それが問題ないと思った、夜の熱の中へのRun

今、時間は来ました。
私が泣くつもりであるポイントに
もっとも、睡眠が現在夢のTellに私を持つことができないだろう、Why、彼女は
嘘をつきましたか?
私はものではありません。
私が、それが問題ないと思った、夜の熱の中へのRun

彼女が嘘をついた理由?
私はものではありません。
私が、それが問題ないと思った、夜の熱の中へのRun、夜の熱

……うーん、さらにわからない。「健康な私は現在それらがWithものIがTheyが非常に好きであるという夢の世界で
は、Fadingであるということです」がまーったくわからない。

結局これってどういう歌なんでしょう。二つの訳を総合して私は想像&創造しまくってみました。

「ベッドの上で眠る彼女は俺(←kenちゃんの雰囲気だと『僕』じゃなくて『俺』だと思う)の名前を呼ぶ。それが全部同じ名前であったらよかったのに(←彼女浮気してたのか?)。俺の好きなものは彼女の手で消えて行く(←彼女結構ひどい女?)。彼女は何故嘘をついたのだろう。俺はモノじゃない。でもそんなことは問題じゃないと思った。夜の熱のせいではないだろう(←彼女病気?発熱?)」

えーっと、彼女が病気になって、看病してたら他の男の名前を呼んだんですわ。で、kenちゃんが「これは熱でうなされてるからだよな?だよな?」と悲しい気持ちになっている、という解釈をしてみました。いやたぶん全然違うと思うけど(笑)。ちゃんと英語がわかる人が読んだら頭を抱えてしまいそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2005

「女性自身」に仔仔が

先週、仔仔が来日してラジオやファンミーティングの仕事をし、そしてたくさんの迷が生の仔仔に会った感動の文章をupしていました。それを読んで思ったのは、ああ参加したかったなということ。私は地方に住んでてビンボーで出不精なので、どっちにしろ生で仔仔に会える環境にはなかったけれど、それでも「テレビに映った〜」とか「今、来てるのね〜」と騒いでお祭りに参加したかった。楽しかっただろうな。

仔仔の来日に関するいろんなblogは、ほんとに面白かった。書く人によって彼の印象は違い、キラキラしていた、お人形のようだった、笑顔をみんなに振りまいてくれてほんとに優しい子だなと思った、という感じのものもあるし、疲れていたみたい、緊張しまくっていた、空港でガムを噛みながら出て来たと怒っている方もおられて、人それぞれ。

私はたった一度「めざましテレビ」に写った仔仔を一瞬見た(←録画もできなかった)だけなので、そのときの感想を。ネクタイ太い。こんなきっちりした格好は似合ってない気がする。一生懸命「カレー」の話をしていて、「いやもっと自分のアピールをしなよ仔仔〜」みたいなもどかしい気持ちになったけど、打てば響くようなすばらしい受け答えをしない純朴さが仔仔らしいと思い、はにかんだ笑顔がかわいいなと思い、やっぱりこの人はいいなあと思った。

今日は仔仔が出ているという「女性自身」を立ち読んで来たのです。わ、白黒だけど2ページも。それもきれいなどアップの写真が…。やっぱりまだまだリュ・シウォンとかの韓国スターの方が扱いが大きくて、あーんという気持ち。すごく人気が出て大ブレイクはしてほしくないけれど、扱いが小さければそれはそれで悔しい。迷の気持ちは複雑なのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

優柔不断

下の文章を書いたのは3月11日、そして今日は16日。書いてblogの場所も借りたのに、まだupする勇気がありません。

きっぱり辞めたんじゃなかったのか、そんなにコロコロ言うこと変えていいのか、対策も何も考えてない状態でまたblogを始めても結局同じことを繰り返すんじゃないか、そういう気持ちがあって、まだ心が決まらないのです。なんて優柔不断な奴。

でも、blog辞めてから考えたことは書いておきたい。人間は(←っていうか私は)思ったことを思い切り言えない状況に陥ると変になるのだなあということ。仕事しててキレそうになること数回。寝ても寝ても眠たい、体が重い。心から楽しめるものが生活の中にあるのとないのとでは、疲れ方の質が違うのだな、そういうことを思いました。

どうせ同じ時間ならば好きなことをしてhappyに過ごす方が得ではないか?そんな深刻に考えずにやるだけやってみたらどうだ?出たり入ったり格好悪いけどそれが私なんだし、しょうがないじゃん?今はそんな気持ちです。ああ、でも、まだやっぱりupする勇気がない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2005

終わりのないラブレター

絶不調だ。

寝ている。ものすごーく寝ている。今まで2時、3時だったのが、必ず12時前に寝るようになった。昨日なんか11時に寝ている。なのにこんなに疲れているのは何故?

気力が出ない。何をするにもなんだか「ふう」とためいきをつかずには動けない。

今日はね、職場でお客さんに電話で漢字の確認をするときに

「お客様、『かく』の文字は『覚醒剤』の『かく』ですか?」

とんでもないことを言い出す始末。なんでとっさに「覚醒剤」が例えとして出てくるのか、自分で自分がわからない。

blogをやめて、私の大好きなF4について語る場がなくなってしまってから、私もうなんだかとても苦しいのです。ほらスポ魂マンガでよくあるじゃないですか、テニスの練習があまりにつらくて逃げ出してしまってから、ああテニスが出来ないのはなんて苦しいことなの〜と主人公がようやく自分のテニスへの愛に気付く、というようなのが。まさにあれです、あれ。

私はとても書くことが好きで、そしてF4が好き。最近気付きました、blogを書くのは彼等へのラブレターを毎日書いているのと同じだということに。終わりのないラブレター、毎日内容が違うラブレター。いつも思ってました、書いても書いても飽きるどころか私の愛が盛り上がって行くのは何故なんだろうと。辞めてからわかりました、こんな熱いラブレターを毎日書いてたら、そりゃ飽きるわけがないわ。ええそりゃ燃え上がりますとも。

もういい。生活が破綻してもいい。辞めてこんなにしんどいのなら、やっててしんどい方がまだマシ。体壊しちゃったら更新休めばいいわ。更新できる程度ならやっちゃえやっちゃえ。

というわけで、blogまた始めます。辞めてから一週間しかたってないし、すごーく格好悪いけど。バカだねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | April 2005 »