« 適切なアドバイス | Main | 袋から出す »

March 28, 2005

道明寺VS花沢類

kikukoさんのblogにこんな興味深い記事が。「『記憶喪失のJERRY』VS『そばでずっと見守ってくれてた仔仔』、選ぶならさあどっち?」。

JERRYと仔仔じゃ難しすぎるので、私は勝手に「流星花園」の道明寺と花沢類で考えてみることにします。

私は迷うことなく花沢類!だってねえ、他の男を愛しているつくしをずっと好きでいてくれて、慰めてくれて励ましてくれて、おまけにつくしの負担にならないように自分の気持ちを抑えてるんですもん。この心の広さと器の大きさ。そんじょそこらの男には真似できません。

そして類の優しさはさりげなくて粋です。自分が初めて働いて得たお金でつくしのために花を買っちゃう。それも町を歩いていてふと目についた花屋さんで買っちゃう。豪華な贈り物もいいけど、こんなふうに小さな花束を「キミに」とプレゼントしてくれるスマートな優しさがまたいいのよ〜。こんな人と一緒にいたら毎日小さな幸せをいっぱい作っていけそうな気がする。

加えて、初めて会って少し話しただけで美作がシノに惹かれていること(←美作本人も気付いてないのに)を見破ってしまう鋭い洞察力を持ち、学生の身でありながら危機に陥った花沢物産を救うべく日本に資金調達に行くほどのスゴ腕を発揮し、おまけにヴァイオリンまで弾けちゃう多才ぶり。類についていけば間違いなく幸せになれると思う。

私なら絶対に花沢類。でも、たぶんつくしは自分を幸せにしてくれる男よりも、好きな男と一緒に苦労する方を選ぶんだろうな。結局「好き」が一番強いのでした。

|

« 適切なアドバイス | Main | 袋から出す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/3474657

Listed below are links to weblogs that reference 道明寺VS花沢類:

« 適切なアドバイス | Main | 袋から出す »