« 著迷 | Main | 道明寺VS花沢類 »

March 28, 2005

適切なアドバイス

本屋でNHKの「中国語会話」のテキストを買いました。ついでにCD付きの教材も。しかし買ったことで安心しちゃって、がくっと中国語へのテンションが落ちちゃったような…。まだ本屋の袋からも出してない状態。

中国語の学び方に関する本で「語学は時間かお金をかけないと身に付かない」そして「身銭を切らないとものにならない」というのを読んだので、投資してみたのですが(←っていうほどたいした金額でもないけどね〜)、私みたいなナマケモノは図書館で借りて期限内に読まねば読まねばと自分にプレッシャーをかけつつ頑張る方がかえって身に付くかもしれない。

F4関係のサイトを読んでるとみんな当たり前のように中国語ができるのに驚く。みんなどうやって勉強したんだろう。英語塾で教えている友達に「外国語ってどうやって勉強したらええん?」と訊いたら「外人の恋人を作ったらええんよ〜」と言ってました。ふっ、甘いわね、私にはもういるのよ、F4という恋人が(←『心の恋人』なのが悲しい)。

「他に方法はないん?」と訊いたら「うーん、ゴシップ記事を読んでみたら?」と言ってくれた。人間、自分の興味のあることは必死で調べるし、夢中になれるから、だから私にはゴシップ記事なんだそうだ。…友よ、適切なアドバイスありがとう。

|

« 著迷 | Main | 道明寺VS花沢類 »

Comments

 その学習法の本って、相原茂先生の「中国語の学び方」では? 私もとっても参考になりました!相原先生の本は面白くて為になるのが多いです。
 外国語を習得するためには外国人の恋人を。…よく言われます。やっぱり、好きこそ物の上手なれ…ですかね。『心の恋人』でも、全然オッケーですよ! 私は最近、ある韓国ドラマにはまってしまい、韓国語学習熱再発の予感です。中国語はどうした!?って自分でつっこんでます。ことほどさように『好き』は人間を左右するんですね…。
 日本語教師の友人が言っていましたが、お金をかけて(日本語の)プライベートレッスンを受ける欧米人は上達が早い、とか。漢字に頼る中国人留学生の中には、なかなか上達しない人もいるのだそうです。発音よければ半ばよし…漢字がくせものですね。

Posted by: ありま | April 04, 2005 at 18:12

ありまさん、はじめまして。コメントありがとうございました。
そうです、まさにその本。相原先生の「外国語はどんなアホでも時間さえかければある程度はできるようになる」という言葉が心強かったです。
ありまさんのblogにお邪魔させていただきました。
「中国語の学び方」の要点がきっちり書かれていて、すごいーと思いました。
ありまさんの「心の恋人」はギジュさんだったのですね。私もあの方は好きです。
ほんとに「好き」は強いですね、それまでまったく興味のなかった外国語をいきなり勉強したくなっちゃうんですから。
また寄らせていただきますね。これからもよろしくお願いします。

Posted by: | April 04, 2005 at 19:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/3472490

Listed below are links to weblogs that reference 適切なアドバイス:

« 著迷 | Main | 道明寺VS花沢類 »