« ヴァネス先生 | Main | 啓示? »

April 20, 2005

さくら

すっかり桜も散っちゃいましたが、私の心の中ではまだ咲いてます。そう、私は今、台湾に桜を見に来ています。嘘です、妄想です。台湾に桜があるのかどうか、それが日本と同じ形状のものなのかも私は知りません。ただ私の想像では台湾の桜は日本のよりも少し花が大きくてピンクが強い、南国の花なのです。

「こんな山の上に桜が咲いてるなんて知らなかった」
「教わったんだ、先輩に花を専門に撮ってる人がいて」
「きれいね。日本の桜よりも色が濃いんだ、台湾のは」
「……がっかりした?」
「あ、いや、花も根付く土地が違うと風情が違うんだなと思って」
「ふぜいってどういう意味?」
「えーっと『ふぜい』っていうのはね、情緒っていうか、ムードっていうか……」
「日本語は難しいな」
「それだけ喋れれば立派だって。私なんかここ来て半年にもなるのに中国語ちっとも喋れないよ」
「日本に帰りたい?」
「少しね。ああ、でも、桜を見てたらものすごーく帰りたくなったな」
「台湾はイヤ?」
「いや、そうじゃなくて、日本の桜は特別なんだよ」
「そうか、この花は違うのか」
「うーん。でもこの桜もきれい」
「無理しなくていいよ」
「あー、拗ねないで」
「ふん」
「ごめん。そんなつもりじゃなかったの。ただ日本人は桜に思い入れがあるんだよ」
「こんな小さな花にどう思い入れるんだよ」
「桜は昼と夜とじゃ表情がちがう。それに咲き始めは浮き立つようにかわいらしいのに、散る頃にはひっそりとさびしくて、でもとても美しいんだ。日本人はみんな桜が好きで、満開の花の下に集まってお弁当食べたり、お酒を飲んだりするんだよ。……どうしたの、黙り込んじゃって」
「俺は日本人じゃないからわからないよ」
「うーん、そうかもしれない。でもあなたに私の故郷のお城の桜を見せてあげたいな」
「見に行くか?」
「いいねえ(笑)」
「よし、桜を見に行こうな、日本に」
「そうだね。今年はもう無理だから来年。そうだ、みんなに声をかけてお花見ツアーを組もうか?」
「二人で行こう」
「二人で?」
「そう、二人で」
「……行けたらいいなあ」
「行くんだよ」

桜を見てたらこんな場面が浮かびました。私の頭も春なのか。

|

« ヴァネス先生 | Main | 啓示? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/3784280

Listed below are links to weblogs that reference さくら:

« ヴァネス先生 | Main | 啓示? »