« スキャンダル? | Main | ASIA Song Festival »

April 13, 2005

絵が浮かぶ

学生の頃、古典の教科書に載っていた「涼州詩」がとても好きだった。

「涼州詩」 王翰

葡萄美酒夜光杯
欲飲琵琶馬上催
酔臥沙場君莫笑
古来征戦幾人帰

砂漠で葡萄酒を飲んでいる。馬の上で琵琶をかき鳴らす人がいて、宴会は明るくにぎやかだ。酔っぱらって砂漠で寝てしまってもどうか笑わないでほしい。今も昔も戦争に行った者はほとんど帰って来られないのだから…というような意味です。

哀しい詩だけど、とても美しい。ぱっと絵が浮かぶのです。青い闇、オレンジ色の月の光、葡萄酒の紫、きらめくグラス、死を忘れるために馬鹿騒ぎする人々。私に絵心があったら絶対この場面を描くのになと思うくらい好き。

だからF4の曲もどんなことを歌っているのか気になります。中国語ができたら、言葉の意味が理解できたら、曲を聴いてそのままそれが頭の中で形になってもっと鮮明に絵が浮かぶだろうな、そうなったらすごい楽しいだろうなと切実に思う。

F4のファンサイトには歌詞を和訳してくれてるところがあるのでありがたいです。歌詞の意味を知ることによってよりいっそうその曲が好きになる経験を何度もしました。Kenちゃんの「晴天」は、あんなに爽やかなのに言葉が美しくて哀しいので、読みながら涙が出ました。私は勇気がなくてあまり他のサイトに書き込みもご挨拶もしたことがないのですが、こういう素敵な詩を和訳して紹介してくれることをありがたいなと思ってます。

Kenちゃんの「永不停止」と「LaLaLa」の和訳が「朱孝天国際専属後援会@日本」に出てるのを最近知りました(★孝天ソロアルバム「On Ken's Time」の試聴はこちら、と書いてあるところから行けます)。「永不停止」は苦しくて切ない曲で、それが美しい旋律に乗って歌われるところがまたいいんです。これが全部理解できて、頭の中に絵が浮かぶようになったらどんなにすばらしいだろうと思う。ものすごく道は遠いけど、私、中国語頑張る。頑張りたいです。

|

« スキャンダル? | Main | ASIA Song Festival »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/3688334

Listed below are links to weblogs that reference 絵が浮かぶ:

« スキャンダル? | Main | ASIA Song Festival »