« ターンレフト・ターンライト | Main | 微笑み返し »

May 30, 2005

布教のその後

DVDとかCDを貸し借りしている友人あすかちゃんがとうとうF4に堕ちたようです。きゃー。一緒にKenちゃんを見に行った彼女は、会社のPCの壁紙をペプシの青髪にしているほどハマっているらしい。

で、そういえばどうなったかなと思い、友人Aにも電話してみた。この春から「流星花園1」が始まった地域に住む友人A。「絶対見てね!」と電話したら、彼女は既にパク・ヨンハに夢中でF4にはあまり気が乗らなさそうだったのですが、その後、来た来た来た。ええ、彼女も半落ちしてました。

話してると、やけに詳しいのです。「『流星花園』はカットされた部分が入ったスペシャルBOXがあるらしいね」とか。よーく訊いてみたら買ってました「もっと知りたい台湾ドラマ」。す、すごい。

「誰が好きなん?」と尋ねたらすぐさま「花沢類!」。「やっぱカッコええわ」だそうです。

う、ヴァネ&Kenには来なかったのね。……いいんだ、じわじわ来るから。

|

« ターンレフト・ターンライト | Main | 微笑み返し »

Comments

緑さん模様替えしたのですね!タイトルと合ってて、とてもキレイです。
ヨンハ派のお友達、やりましたね~!やはり地上波は偉大だ。私はただ今アメリカに嫁いだ親友に布教中です。「あんたをテキサス一のF4ツウにしてやるよ」とちまちま(しつこく)プッシュしてます。が、いまいちアジア人には興味をしめさない彼女なのです。
緑さんのお友達、ヴァネ&Kenちゃん落ちするのもそう遠くないですよ。もうコレは来月みんなでF4FC会員になりませう。

Posted by: めひじゃ | May 30, 2005 at 23:16

緑さんこんにちわ 涼やかな感じですねぇ
そうそう! ヴァネ&Kenへはじわじわ 知らない間に進行しちゃってますよね(*^^)

ところで、左の読む本&読んだ本に載っていた アジアの迷宮 は 仔仔だけじゃないのですね!
海老の話を読んだ瞬間 「買うかも~」って思いました。おもしろそう

Posted by: 古結MOMO | May 31, 2005 at 18:29

>めひじゃさん
そう模様替えしたのです。初夏っぽくなったでしょ?
ヨンハ派の彼女、まだ周りに迷は全然いないと言ってました。ファンクラブまではどうかなあ。私の友達はビンボーが多いのです。まさに類友。
テキサスにお友達が?おおっ国際的!
>「あんたをテキサス一のF4ツウにしてやるよ」
なんか妙におかしかったです。お友達が落ちたら教えて下さい。

>古結さん
涼やか?わ、嬉しい。私も気に入ってるんですよ〜。
ヴァネ&Ken(どっちを先に書くかいつも迷います、これは好きな順に書くもんなんだろうか?)、気付いたらキテますよね。ええ、ほんと「知らない間に進行しちゃって」る感じ>なんかタチの悪い病気みたいですね(笑)。
「アジアの迷宮」はオモシロ雑貨を集めたみたいな本でした。バレッタシリーズはエビの他に、ニンニク(臭くて持って帰れなかったらしい)とかカプセル(薬入れるアレです)、鷹の爪(食用の)が紹介されてました。そういうのが好きな人には面白いかも。

Posted by: | May 31, 2005 at 23:30

Kenが先?ヴァネが先?は 私二度書き直しました(笑)。もちろん入れ替えて。確かに難しいです。
ニンニク・バレッタでまたしても大笑いしてしまいました。まさしく いい味 出してますね。
最近スーもので散財ばかりだけれど、そろそろ一般書(これって一般書なんだろうか・・・)欲しいです。

Posted by: 古結MOMO | June 01, 2005 at 16:18

古結さんも迷われたんですね(笑)。私もどっちも好きで一位が決められません。まあいいか、ムリに決めなくても。
ニンニクのバレッタはこんな感じでした。
--o-o-o--
で、エビの尻尾のバレッタはこう。
--¥¥¥¥--
(うまく表示されるかな?)
普通に日用品なのか、ウケを狙ったお土産なのかわかりませんが、アジアは奥深くて世界は広いなと感じさせる一冊でした。あ、でも、よほどこういう本が好きな人でなければ図書館読みでいいかも(笑)。

Posted by: | June 01, 2005 at 22:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/4342386

Listed below are links to weblogs that reference 布教のその後:

« ターンレフト・ターンライト | Main | 微笑み返し »