« 求婚事務所 | Main | あっちの扉 »

July 11, 2005

台湾のお宝

行く予定も行くお金もないのに台湾のガイドブックを借りました。スーは載ってなかったけど、ちょっと面白いものを発見。

故宮博物館のお宝を紹介したページがあるのですが、そこには翡翠でできた「白菜」が載ってました。ほら、あの、冬場に鍋に入れる「白菜」。いや、翡翠は綺麗です、高そうです、でも何故それを「白菜」に加工する?緑だから「白菜」?……他に作るもんなかったんかい?

でも白菜はまだマシだった、同じページには「豚の角煮」が載ってたのですから。もうほんとに見れば見るほど「角煮」そっくり。どう見ても角煮にしか見えない茶色の石の固まりなのです。解説文には「天然石を元に職人が毛穴の一つ一つを加工し、肉のように染め上げた」とあります。わざわざそんな手間のかかることして作るのがなんで角煮なの?

こういうお宝を博物館に収蔵してある国、台湾。スー達を育んだ国、台湾。なーんか趣き深いです。

|

« 求婚事務所 | Main | あっちの扉 »

Comments

私、おととし本物拝みました。意外と小さくてかわいいんですよ。でも、キレイでした。とにかく歴史を感じるところです。

Posted by: めひじゃ | July 12, 2005 at 12:47

ヒスイの白菜は玄関に置いてお守りにしたいです 台湾の金持ちがおままごとのオモチャに作ったの? それとも白菜にも角煮にも(食べ物に困らない的な)意味があるのかな?

緑さんアドバイス有り難うございました。ライブを見せるのもかいいかも でもどんな手段を考えても、引かれないかな?って言う負の考えが拭えません。もうビックリされてるからいいんだけどね・・・

Posted by: 0325 | July 12, 2005 at 17:25

めひじゃさん>
翡翠の白菜、そんなに小さいものなの?私は本当の白菜くらいの大きさのどーんとした置物かと思ってました。綺麗でかわいい白菜、いつか見に行きたいな。角煮も見たいし。めひじゃさん、台湾に旅行されてたんですね、うらやましいな。

0325さん>
白菜は清廉潔白のシンボルだそうで、お姫様がお嫁に行く際に作らせたものが伝わってるらしいです。ガイドブックに書いてあった。ただ角煮についてはなにがどうしてそーなったのか不明(笑)。

引かれないかな…と思うのわかります。私もこないだ久し振りに話した先輩に引かれまくりました。布教、うまくいくといいですね。

Posted by: | July 12, 2005 at 20:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/4933265

Listed below are links to weblogs that reference 台湾のお宝:

« 求婚事務所 | Main | あっちの扉 »