« 「ライブ・イン・コンサート」 | Main | 啓蒙 »

August 17, 2005

「さらば、わが愛/覇王別姫」

p1000001012
「さらば、わが愛/覇王別姫」を見ました。ずっしり重い三時間。ツッコミどころがありません。ネタバレをはさみつつ書いてみます。

昔の中国(年代くらい調べんかい>私)、娼婦の母親に抱きかかえられて京劇の俳優養成所に連れて来られた少年。大きくなった息子を娼館に置いておけないので、母は彼を養成所に入れてくれと頼みに来たのでした。が、この子供、指が一本多かった。「こんな体ではお客が引く」と断られると、母は彼の指を切り落とし、泣き叫ぶ彼を無理矢理養成所に置いて走り去るのでした。す、すげー。

ムチ打ち、股裂き、まるで児童虐待とも思えるような修行。耐えかねて逃げ出した少年は、街で偶然京劇を見ることに。つらい修行しか知らない少年が見た華やかな舞台、自分のしている修行の先にある完成した芸術。彼は自分がもう京劇から離れられないことを悟り、養成所に戻ることに。

やがて美しく成長した少年は名女形となり、少年時代からの仲間で相方でもある兄弟子に恋するようになります。仲の良い兄弟だったのが、女性の出現で複雑な三角関係に。愛と嫉妬、悲しみと苦しみ。抗日戦争、文化大革命。素晴らしい才能を持つゆえに歴史に翻弄される主人公。

子供の頃は厳しい修行に、成長してからは報われぬ愛に、いつもいつも苦しんでばかりの主人公レスリー様。舞台化粧をした姿はものすごく美しくて気品と色気があってとにかくすごい。で、兄嫁を冷たく見下したり、嫉妬してヒステリー状態になったりの姿が、恥ずかしいくらい過剰に「女」なのでした。しとやかに、やわらかく、やさしく、男の体を持つ人が一生懸命表現しようとした「女」って感じで、それが上手であればあるほど哀しく、見ているうちに胸が詰まってくるんです。

ラストシーン、自殺する前に彼が微笑むのは何故なんでしょう。年老いた兄弟子の演技に幻滅したから?二人で作るあの素晴らしい舞台が二度と再現できない絶望?自殺する姫を演じるうちに現実との見境がなくなってしまったから?うーん、私はあれは幸せの絶頂で選んだ死だったと思うのですよ。彼と一緒に踊れる幸せ。最高の時間に自分を永遠に閉じ込めてしまいたい。京劇はこれからも続くけれど、彼の知っている京劇はもう死んでしまった。なら自分も京劇と一緒に殉死しようか、みたいな。

|

« 「ライブ・イン・コンサート」 | Main | 啓蒙 »

Comments

緑さん、感動しました。
私、何度もこの作品見てます。15歳のとき映画館でタイムリーで見て以来、何度も。そのたびに感じるツボは違いますが、今回緑さんの感想を読んでとても心に染みました。

余談ですが、高校の世界史の時間に中国の京劇について少し触れてくれた先生がこの映画と劇の「覇王別記」の事を教えてくれたのを今でも覚えています。(が、先生の事は性別さえも覚えていません・・・・・)

とてもすばらしい感想文でした。ありがとうございます。

Posted by: めひじゃ | August 18, 2005 at 00:04

こんにちは御無沙汰してます。お盆で田舎に帰ってました。
緑さん「覇王別記」ご覧になったんですね 文見て思い出してひたりました、 こんな時代になっちゃってどうにかプライドを見失わないように生きたのに・・・ラストが目に浮かびます。 でも一言じゃ語れない作品だわー この作品の感想をおしゃべり出来るなんてホントうれしいです。緑さんありがとう

Posted by: 0325 | August 18, 2005 at 17:25

0325さんお久しぶりです。最近お見かけしないなーと気になっていました。
私も0325さんも間違ってるし・・・・「覇王別姫」だし・・・(汗)

Posted by: めひじゃ | August 18, 2005 at 17:51

めひじゃさぁん 久しぶりです。
んっ あちゃー 恥ずかしい 姫、姫です  間違えちゃったー  やっちゃたよー

実は昨日の夢に KENちゃんが登場しました。 私の兄の仕事の取引先、中国人エンジニアの役でした。(上着無しのネクタイ姿) 又なんちゅうー役どころで・・ 私が道の向こうから(KENちゃんに気付いてもらいたくて)兄に物凄く手を振ってたら、KENちゃんは兄にあの子誰と尋ねます。兄は妹と答えます したらKENちゃんも笑って物凄く手を振り替えしてくれて・・それで終わり。でもコロっと堕ちました  
夢での私は25歳でした。もうずーずーしーねー
jerryは登場済みです。役はひんしゅくかうから内緒ね ヴァネも仔仔もいつか出てきてほしいなー バカ丸出しでゴメンナサイ

Posted by: 0325 | August 18, 2005 at 18:49

>めひじゃさん
何回も見て、その度にツボが違うっていうのはすごいですね。奥深い映画なんだなあと思います。っていうか、もう私、昨日書いたことが、あれっ?ていう感じに思えて来ました(←いい加減なヤツ)。何年かしたらまた見てみようっと。
こちらこそいつもとトーンの違う感想文を読んで下さってありがとうございました。
それにしても性別すら忘れられてる先生、よほど印象の薄い人だったのね。

>0325さん
ひさしぶり〜。布教上手くいった?私はねえ、他の布教を受けちゃったです。
そうそう「覇王別姫」の京劇に関わる人ってみんなすごい自分の芸にプライドを持ってて、だからこそあの死につながるんだろうなとかまた考えたりしました。
Kenちゃんが手を振ってくれる夢!お兄さんの友達の中国人エンジニアなんてすごい具体的。うらやましい!夢を録画できるビデオがあったらいいのにねえ。それがあったら私にも見せてもらえるのに。
私は一度もスーの夢を見たことがないんです。こんなにほぼ毎日熱く語ってるのになー。あ、だからスーも怖がって出て来てくれないのか。

Posted by: | August 18, 2005 at 22:43

Pretty! This was an incredibly wonderful article. Many thanks for providing this information.

Posted by: Explica?ia lor | October 26, 2013 at 13:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/5510275

Listed below are links to weblogs that reference 「さらば、わが愛/覇王別姫」:

« 「ライブ・イン・コンサート」 | Main | 啓蒙 »