« お誕生日 | Main | どこから迷か »

September 13, 2005

「ボクらはいつも恋してる!/金枝玉葉 2」

p1003167381

「ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉 2」を見ました。ようやく思いが通じ合い、一緒に暮らし始めた二人。しかし、芸術家肌のサムとおおらかなウィン、性格の違い、生活習慣の違いから幸せなはずの生活に翳りが。そんなとき、同じマンションにウィンの憧れの歌手であるフォンが住み始めて……。以下ネタバレしてますのでご注意下さい。

女と、男装した女。女が好きな女と、女装した男。愛さえあればなんでもアリな世界が描かれ、まさかまさかな展開に私は口がぽかーん。

でもでも最後の、空港に向けて走り出すサムの姿と、かぶさるように流れる曲「追」の一節の「ずっと君を追いかける こんな僕はぶざまかもしれない」を聴いたら、また涙がぽろっと。

前作では追いかけられる側だったのが今度は追いかけている、前作ではゲイが大嫌いだったのにこの映画ではゲイカップルを励ましている、男装したウィンと抱き合ってるのを見とがめられると「悪いか?」と開き直る、ずいぶん強くなったサム。ステキです。

停電したエレベーターの中のレスリー様とアニタ・ムイが好き。蛍光棒の光の中で楽しそうに踊る二人。その後、どちらも若くして亡くなる運命だなんて、そんな不幸の影も何も見えないほのぼのしたシーン。もうこの世にいない人達だからか、緑色の光が照らす二人は幻想的で美しく、何度も巻き戻して見てしまいます。素敵なシーンを見ると混ざりたいとかこの人と代わりたいとか、そんなことを思う多い私ですが、この二人はただもうずっと見ていたい。

映画でもドラマでも本でも、見た後や読んだ後に、背中を押してくれるようなのが好きです。明日を信じられるような、世の中捨てたもんじゃないなと思わせてくれるようなものが好き。この映画もそう。「また別れることになるかもしれない」と言うウィンに、サムが一瞬言葉に詰まりながら答える「今から未来を恐れたら、何も始まりはしない」。この二人はきっとまた揉めるだろうけど、こういう気持ちで向き合ってたら何度でもやり直すだろうな、大丈夫だなと思わせてくれる説得力があります。迷ったり悩んだりの私は、このひとことにすごく励まされるし、救われる。スターは亡くなってからもこうして映画の中で、きらきらしながら生きている人を励まし続けてくれるのだなと思います。

|

« お誕生日 | Main | どこから迷か »

Comments

自分の好きな人を「大好きになった」と言ってもらえるのは
なんと嬉しいことでしょう。
私も一年に満たない期間に、図書館で資料を引っ張り出し
はたと気がついてサイトを訪問し、少しづつ知っていく中で
張國榮という人が好きになっていきました。

レスリーとアニタがデュエットするシーンが、アニタのライブ
DVDに収められています。「芳華絶代」。レスリーは既に
具合が悪く声が充分に出ていませんが、さすが俳優でも
ある2人、息はぴったり、実に恰好いいステージングです。
機会があれば、是非ご覧になって下さいね。

Posted by: newt | September 13, 2005 at 23:22

うん、大好きになりましたよ〜。レスリー様迷はみんなオススメ上手な方ばっかりでした。私はでも、迷というにはまだ何も知らないし、これから徐々に本を読んだり、サイトを訪問したりしていこうと思ってます。ちょっと検索しただけでもレスリー様映画の感想等書いたblogがたくさんあるんですね。
図書館ではレスリー様の名前がなくても香港映画や明星に関するものもあって、課題図書には事欠かない感じでした。わくわく〜。

「芳華絶代」。あかりちゃーん、持ってないよね?あれば私んちに貸してくれてるはずだもんな。

Posted by: | September 14, 2005 at 21:44

newtさん、オススメの「芳華絶代」MV。
張國榮監督作で、彼の美意識・カットのこだわりがとてもよく出ていて美しく撮れています。是非見てみて下さいませ。
大陸迷サイトさんだったら…見られると思いますよ。

Posted by: 東雲 | September 14, 2005 at 22:39

うふふ。緑ちゃん。
レスリー様を好きになってくれてうれしいです。私の初布教は成功ですね~。緑ちゃんにレスリー映画をすすめてくれた皆様にも感謝。
でもって、こんなにレスリーって愛されてるんだなぁ~と。しみじみ・・・しています。
こまめにコメント書き込めませんけど、緑ちゃんのブログでこんな風にレスリーの話題がでるようになって本当にうれしいです。

ついでに韓国にも目を向けてくれると、なおうれし(笑)。ヨンハ君も好きだけど今はカン・ドンウォンにも注目してます。

あとですね・・・若レスの青春映画はまだ購入できてません。観たいんですけど今は無理だわ・・・。ってことで「芳華絶代」も持ってないです。ホント欲しいもの多すぎて(レスリーにかぎらず)少しずつ・・・なの。

でも本当時に映画1本ずつみていって知っていく喜びはとってもとっても幸せですよね~~~。片思いの相手を少しずつ知っていく感じで(笑)。ドキドキするし、かっこいい写真なんかみちゃうと、くぅ~~~ってひとりで照れてます。

Posted by: あかり | September 14, 2005 at 23:10

あ、あかりさん、「ボヘミアーン」の頁で「慶」についての
コメントを少し書かせてもらいました(ごめんなさい^^;緑
さん)よろしければご参考に・・・。

そうそう東雲さん。ライブ映像もMTVも両方いいんですよね。
わたしはあのMTV見て、ああやっぱり才気を感じる、オリジ
ナル長編観たかったなあ・・・とつくづく思うんです。

緑さん、レスリは映像プロデュースの腕前もなかなかのもの
なのです。晩年のMTVは自作が多いですが、人に任せたも
のより断然いいですよ。 
本なら皆さん何を薦められるんでしょう?
私は「香港映画の貴公子達2」トニさんと2人立てのムックを
お薦めしたいかな。とてもわかりやすいので・・・。

Posted by: newt | September 15, 2005 at 12:47

あかりさーん(思わず呼びかけてしまいました)!
若いときのものは私も最近…です。しかもレンタル(笑)
レスリーはもうもう沢山あってホント少しづつです。
(これは自分にも言い聞かせ中)
ふと気がついて部屋で眼があうと「アウト」です。

newtさん、私が最初になんだかすごいよレスリー…と思ったのは迷になる前の“大熱”のMV&ツアー画像だったのです。「レスリーだから出来るのさ!」の後期のMVはうっとりしますよね。

私がおすすめできる本は…「香港映画の街角」です。冒頭から泣いてしまいました。図書館で探すのなら「香港電影城」も読んでいて楽しく、香港映画サイコーと思います。

Posted by: 東雲 | September 15, 2005 at 22:39

>東雲さん
あ、F4に海外ファンサイトの掲示板があるみたいに、レスリー様にもお宝倉庫があるんですね。盲点でした。もうちょっとお勉強してから探してみようと思います。レスリー様はMVを自分で撮ってるんですか、すごいな。
本のタイトルありがとうございます。図書館で「香港電影城」は見たような気がします。よし、次の課題図書はこれだわ!

>あかりちゃん
ヨンハとそしてカン・ドンウォン?ま、また新たな刺客……。
カン・ドンウォンって顔がわからないな。で、画像検索したら、「オオカミの誘惑」の人!私、これ見たいのよ〜。そうか、あかりちゃんハマってるのか。
一枚一枚丁寧に見て、ゆっくりその人を知って行く喜びもあるよね。レスリー様映画を立て続けに見たのでちょっとお休みしてみようかな。

>newtさん
今、PCでレスリー様を聴きながら書いてます。「Red」がかかるとあのライブDVDの色っぽーいダンスを思い出すし、「Love By Stealth」ではコートがふわり、うっわー☆☆が頭から離れません(笑)。ライブの映像プロデュースもレスリー様がされてるのかどうかはわかりませんが、徹底してる、スゴいと思いながら見ました。
トニさんとはトニー・レオンさんのことなのでしょうか。ちょうど今、借りて来た「君を見つけた25時」があります。まだ彼の出てるのは「ブエノスアイレス」しか見たことないんですが、明日は見れるかなあ。


Posted by: | September 15, 2005 at 22:55

はーい。 ←元気にお返事してみました(笑)

newtさん
コメント拝見しました。
メイク中のショットではレスリーがかなりはっきり・・・なのですね。やっぱりみたいかも!
でもって志摩氏のメッセージが読んでみたい!志摩さんと言えば「レスリー時間(とき)」の方ですよね。私、この本もレスリーの人柄がしのばれて大好きなんです。う~~ん、初版よりいいかも~~。

東雲さん
実は会社の子に韓国&台湾のコーナーが充実しているレンタルショップを教えてもらったとこなのです。ひょっとしたら香港映画も・・・と、少し期待しちゃいました。近場のショップのレスリービデオは見尽くしちゃったし、入荷もなし。明日いくつもりなので、今から楽しみです。チェックしてきます。

おすすめできる本・・・ですが。
私に役立ってくれた本では「永遠にあなたを忘れない」です。写真もいいんですけど、ディスコグラフィ&フィルモグラフィがのってて今もすごく役立ってます。まだまだあたしも扉をあけなくっちゃって気分になります(笑)。

Posted by: あかり | September 16, 2005 at 00:31

あかりちゃん、図書館のリストを検索したら「レスリーの時間」があったわ。くー、今借りちゃってる本を全部読んでからチャレンジだ〜。

あかりちゃんは扉を開けてずーっと向こうを歩いている気がするのですが、扉の向こうにもまた扉があるのね。香港映画やレスリー様の迷って、体力要りそうだなあ。

Posted by: | September 16, 2005 at 23:46

緑さん、お宝倉庫は大量なので私も全部観れないです。
ゆっくり行きましょう~。(私もか…)

キャー、課題図書!「永遠にあなたを忘れない」
これは写真に文章にすっごく充実してますよ。
私も資料として見直すこと多いです♪結局、見惚れますが。
そんで、りーほんとの出会い(笑)

私はツ○ヤ利用なのですが、ドラマが入荷していて、
観ようか非常に迷ってます。

Posted by: 東雲 | September 17, 2005 at 01:28

東雲さん、やっぱりレスリー様はお宝倉庫も広大なんですね(汗)。
はいー、私もゆっくり行きます。スーも見たいし、他の中華系の人達もだんだん興味を持って来たところだし。

「永遠にあなたを忘れない」、ありました!ありましたよ〜!予約しました。
あかりちゃんが、レスリー様追悼本にリーホンさんが書いてると言ってたけど、これがその本みたいですね。充実してるんですか。わーい、見るの楽しみ〜。

Posted by: | September 17, 2005 at 19:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/5923494

Listed below are links to weblogs that reference 「ボクらはいつも恋してる!/金枝玉葉 2」:

« お誕生日 | Main | どこから迷か »