« ね、眠い〜。 | Main | CD出るんですね »

September 03, 2005

「君さえいれば/金枝玉葉」

p1002796125

「君さえいれば/金枝玉葉」を見ました。レスリー・チャン、アニタ・ユンのラブコメ。ネタバレしてます、未見の方は、ええ、もうレンタル店に行って借りちゃって下さい。なんかもう私、誰かと喋り倒したい気分でいっぱいです。

音楽プロデューサーのサム(レスリー)とスター歌手のローズは人もうらやむカップル。でも二人の愛はもう冷めかかっている。ローズの大ファンであるウィン(アニタ)は二人の事務所のオーディションにもぐりこみ、何を間違ったのか男性歌手として合格。性別を偽って男装したウィンと、サムの同居生活が始まる。お互い惹かれ合いながらも、大好きなローズとの板挟みで真実を打ち明けられないウィンと、ウィンを好きになってしまった自分はゲイかもしれないと悩むサム。

「俺は偏見がない」と言いながらもウィンのゲイが判明(?)したとたんに彼女への態度が及び腰になっちゃうレスリー様。普通の男性、それも悩んだり苛ついたりの等身大の男性で、「ブエノスアイレス」の妖しいゲイや「覇王別姫」の上品なあの人とは全然違う顔。でも普通の男を演じても彼はとても魅力的なのでした。

レスリー様がアニタと並んでピアノを弾いて「追」を歌うシーンは涙がだだーっと。「君より大切な人はいない 成功も失敗も問題じゃない」って、それほど特別なことを歌ってるわけじゃないのに泣けるの、これは何?声の力?なんかすごく大きなあったかいものに包み込まれるような気持ちになるのです。

ものすごーく笑って、で、その後で涙がだだーっと。泣きながら私は自分が何に泣いてるのかわからなくなりました。えっと人類愛?性別を超えて、もうキミが男でも女でもいい、好きだ、愛してるというサムに感動したのか、私?いや、もう、理屈じゃなくて「追」が聴こえた途端にただただ涙が。泣きすぎて、犬に顔を舐めまくられてしまいました。犬も飼い主の異常を察知したようです。すごいなあ。こんなに笑えるのにこんなに泣ける映画。

|

« ね、眠い〜。 | Main | CD出るんですね »

Comments

わんこにも慰められちゃったんですね~wかわいいな。
ピアノで悶絶するレスリーいい!!ローズのようないい女になりたいです(もう遅いけど・・・)。暗闇を怖がるレスリーも可愛かったですね。アニタ・ユン、超可愛かったし。
学生のころ短期でアルバイトしたホテルのレストランに香港からの旅行者(女の子3人組み)が来まして、思わず声をかけてしまいました。丁度この映画をみたばっかだったので、漢字で「金枝玉葉」とかいて盛り上がりました。後からマネージャーに呼び出しされましたが・・・。

Posted by: めひじゃ | September 03, 2005 at 20:50

何だか、嬉しくて笑いが止まらないのですが^^私。

サムとローズは、有名なカーウァイの「欲望の翼」と同じ顔合せ
なんですが、もう180度違います。私は断然こちらが好き。 
感受性豊かなんですね、緑さん。
「君が男でも女でも、愛してる」素直で温かな、でも勇気の要る
この言葉。可愛い名セリフですね。

役者さんがカメラの前でやる事はプロの仕事なので、混同はいけないのですが、レスリーは個人としても正直で腹の据わった人だった
のだなーと最近思うようになりました。
今月末に「The One and Only」という追悼写真・文集が発売されます。お友達はきっと購入されることと思います^^;ので、一緒にご覧になって下さいね!

Posted by: Newt | September 03, 2005 at 22:52

あり、Nになっちゃいました* 上の文はnewtです。

Posted by: newt | September 03, 2005 at 23:31

>めひじゃさん
ピアノで悶絶、私も好き〜。アニタと情熱的にキスしてたのに、上と下が逆になると途端に我に返って、わわっと慌てるシーンは、ノーマルとゲイとの間で揺れてる人ってきっとこうなんだろうなって思いました。
バイト先でそんなことが?きっとそのお姉さん達も自分の国の映画を好きな人と話せていい思い出になったはず。そうだよね、漢字の国だから書けば通じるんだわ、私も機会があったらやってみたいな。

>newtさん
えっとですね、レスリー様の扉の内側に入って、今、ソファに腰掛けてお茶を出されたところです、きっと。だってねえ、キラキラ☆コンサ見ても眩しくない〜。目が慣れたのか、私の迷度が上がったのか(笑)。
「欲望の翼」コンビなのですね、これも見ようっと。
感受性、うー、映画見ても本読んでもしょっちゅう泣くんで、私の涙は安いんですよ。
お友達は…うーん、買うかなあ?類は友を呼んで、ビンボーな私の友達もたぶん似たような経済状況と思われます。図書館で調べるとレスリー様を書いた本があるようなので映画が一段落ついたらこっちいってみようと思ってます。

Posted by: | September 03, 2005 at 23:45

いや~~~ん、みてくれたのですね。
ね、ね、良かったでしょ。
自分がゲイかと思って苦悩するサム、女であることを言い出せないウィン、恋の終わりを予感しているローズ・・・。もう~めちゃくちゃ大好きっ。
この映画でレスリー様のファンになりましたの、私。

でもって、「追」がね、ふたりの気持ちを代弁しているようで・・・。
あのピアノの弾き語りはシーンは何度みてもジーン・・・。あんなふうに歌われたら間違いなく勘違いします・・・私。

あと、人形にキスさせるところも、なんだかじれったくって。

あぁ、もうこんな時間・・・。かなりの思い入れがこの映画にはありますが、明日も仕事なので・・・残念。

ねぇ、緑ちゃん、レスリー様の扉をあけて後悔しなかったでしょ?

PS. newtさん・・・本はですね・・・仕事でバタバタしているうちに、事前注文しそこねました(号泣)。気がついたら最終締め切りすぎてて・・・。わたしとしたことが・・・です(涙)。
ネットで注文できるところ探してみようとは思ってますが、ゆっくりネットする時間がなくて・・・クスンです。

Posted by: あかり | September 04, 2005 at 01:42

緑さんこんにちは
 この映画「ウィンを好きになってしまった自分はゲイかもしれないと悩むサム。」の文章で観てみたいと思いました 泣いて笑って?時間が出来たら見よう。 
緑さんちの犬「ちょっとぉ 緑ちゃん泣きだしたよぉ どうにかしなきゃ」って顔舐め出したのかな可愛いなぁ
 

Posted by: 0325 | September 04, 2005 at 18:05

>あかりちゃん
見た!よかった!あかりちゃんはこの映画でレスリー様のファンになったのね。うんうん、なんていうのかすっごい笑って、ほろっとして、あったかい気持ちになるよね、明日もやるぞ〜みたいな。
「追」をピアノで弾きつつ、アニタを見つめつつ、歌うレスリー様は、包容力たっぷりで何やっても許してくれそうで見てるうちに涙がじわーでした。
扉、開いちゃったねえ(笑)。どうしましょう。

>0325さん
「ゲイかもしれないと悩む」んだけど、その前の「ウィンはゲイなのだろうか?」と疑うシーンがまたおかしくて、ほんとに「笑って泣いて」って感じなのです。時間ができたらぜひ。で、感想もぜひ。
うちの犬は、私が泣いちゃったりすると「自分が何かやってしまったのだろうか?」と思うみたい。サッカーの試合見てて「うぉおお行けええ」と叫んだりしても、駆け寄って来て顔をぺろぺろ舐めて「ごめん、これで機嫌直して〜」みたいな行動をします。わりと気を遣う犬なのよ。

Posted by: | September 04, 2005 at 21:21

うう・・・健気なワンちゃんやなあ;
動物飼育ご法度のマンション住まいなのですが、ほんとは犬か猫と暮らしたいです! 

おお*居間に通されましたか。出てくるお茶はプーアール茶かな
 ^^私もまだ庭を見せてもらったくらいです(笑)。
今日、情報誌にF4さんの大きい記事がありました。映画の上映が近いのですね。梅田でそのスチール展があるようですが、緑さんの地元でもあるのでしょうか?

>あかりさん、レスリーのファンサイトは訪問されていますか?
大サイトでは大抵こういった追悼本が出る時、余分に予約しているようです。抽選になるかもしれませんが、希望者を募る可能性
があると思います。あとキャンセル待ちがないか、出版社に問い合わせてみてもいいかもしれません。
私は「慶」が復刊したときは、もう本当~に嬉しかったです。


Posted by: newt | September 04, 2005 at 22:55

newtさんはレスリー様のお宅のお庭にいるのですね(←いつからお屋敷話に?)。どんなお庭なんだろう。石灯籠とか芥子の花とか似合いそう。
あ、私、居間で出されたプーアール茶を飲んでしまいました。ごっくん。もう戻れません(←どんな話になってるんだ?)。

スチール展はおそらく大阪だけではないでしょうか。映画は全国でやるようです。映画をやるってことはきっと日本語字幕版のDVDが発売されるだろうと私はとっても期待しているのです。

本のこと、詳しく教えて下さってありがとうございました。入手困難本だったのですね。あかりちゃんの幸運を祈ります。

Posted by: | September 05, 2005 at 00:08

>newtさん
情報ありがとうございました。真夜中ににもかかわらず、ネット検索がんばりまして、予約いれてみました。送料がやはり高くはなりますが、レスリー様だし(笑)。
私も「レスリーチャンのすべて」(←緑ちゃんに真昼のファミレスでみせた写真集)が復刊したときは、メチャクチャうれしくて。まだネット開通してなかったので、友達に頼みこんで予約してもらいました。
「慶」の復刊は最近しりました・・・。以前購入はしていたのですが、今回ディレクターズ・エディションだったことを知り、くやしがってます。どう違うんだろう???気になります。

緑ちゃん、居間でくつろいでますか?
茶壺を購入したので美味しいお茶を飲ませてあげたいです。でもって、一休みしたら次の扉もあけようね~。(ヨンハもいること忘れないでね~~~)

Nと中国茶を飲むたびに、チャイナ姿のレスリー様が給仕してくれたらねぇ~と、妄想を語っております・・・。絶対に似合うよね。ねっ。

Posted by: あかり | September 05, 2005 at 03:25

あかりちゃん……遅くまでご苦労様です。
入手困難本、予約できてよかったね。
ヨンハ、そういえばヨンハ君もいたんだったなあ。
私は影のある男前がタイプなのですが、でも楽しみに見せてもらうわ。ふふふ、私の心をつかめるかしら、ヨンハ(←ナニサマだ?)。

二人でお茶に凝ってるってNがメールに書いてましたが、茶壺まで持ってるんだね。機会があったら飲ませて下さい。レスリー様が給仕?あら、煎れてさしあげるんじゃないのね。妄想も人それぞれだなあ。

Posted by: | September 05, 2005 at 22:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/5765853

Listed below are links to weblogs that reference 「君さえいれば/金枝玉葉」:

« ね、眠い〜。 | Main | CD出るんですね »