« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 30, 2005

デイリー予約ランキング

l_p1001857145
今日のHMVのアジアのデイリー予約ランキングをご覧になりまして奥様?1位から4位まで見事にF4です。それもDVDがつく初回限定バージョン。で、ベスト10のうち6枚までがF4です。おお〜。

私、先日amazonでJayの日本版の初回限定を予約したんですが、発売日を過ぎても届かず、既に他のネットショップでは売り切れていて(←私の町ではお店には並んでいなかった)焦りまくりました。で、学んだのです、今回はamazonで自分の運試しなんかしている場合じゃないと。どうしても欲しいのです、きれいな画面でMVが見たいのです。即HMVで予約しました。うん、ヴァネとKenちゃんのを。それでもビンボーな私としてはとても頑張ったのです。ごめんよ仔仔、ジェリー君。

今回みたいに一度に4枚同時リリースなんかされちゃうと、足下にぽんと踏絵を置かれた気分です。さあ踏んでみろ、さあさあ。誰のを買うのか、既に持ってても買うのか、何枚まで買えるか、経済力と愛を試されている気分です。

それにしても神様、Kenちゃんだけ付属のMVが4曲だし、デイリー予約ランキングも4位。あのう、やっぱりKenちゃんって人気な……いえ、なんでもないんです。私の男前ランキングは1位です。いいんです、いいんです、別に。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 28, 2005

考えたこと

ごぶさたしてます。気がつけば一週間……。更新しない間も遊びに来て下さった方、ありがとうございました、そして申し訳ありませんでした。お休みしている間、いろんなことを考えてもやもやしてました。

ある日突然F4に落ちた私は、いろんな人に自分のF4への思いを聞いてもらいたいと、それまで持ってた普通のblogをF4オンリーにしました。が、気付いたのです、ネットにはたくさんのF4blogがあることに。F4の店だけでなくJayさんのも香港スターさんのも。それも見に行くたびに増えている。面白いところも、ブロガーさんの人柄が感じられる優しい雰囲気のところも。

う、うちのはちゃちい……。悩みましたが、ネットに人はたくさんいるし、中にはこういうblogを好きな人もいるだろうと私は開き直って続けることに。でもときどき自分はなんでこうなんだろうなと思って悩むわけです。いろんなblogを読みに行ったりもしてみた。写真の美しいのも、文が面白いのもある、情報がすごいところも、で、自分のblogにますます悩むようになりました。

そんなとき、ヴァネが騒動に巻き込まれたことを知りました。空港でもみくちゃにされたと。うう。ヴァネを見て盛り上がる気持ちはわかるけど、危険だし迷惑だし失礼だ、あっちゃならないことだ。でも後ろから押されたりして、心ならずも巻き込まれる人もいるだろうし、私がその場にいても巻き込まれたかもしれない。

ヴァネに触ったというブロガーさんが閉鎖。嫌がらせにあったんじゃないかという意見も読みましたが、ブロガーさんは何もおっしゃらずに消えてしまいました。

で、思ったのです。誰でも読めるネットに何か書くということは、読んだ人に小さいかもしれないけど影響を及ぼす怖いことだなあと。軽い気持ちで書いたことでも、読んだ人はいろんな解釈をするし、悪くとられることもその反対もある。書く方は自覚を持って書かなきゃならないなあと。

でも私もいっぱい失敗をしています。間違ったことも書いたし、ぱっと思いついたことを書いて、後でそういう受け止め方もあったんだなあと教えてもらってはっとしたりもした。だからそんなことを言える立場ではないのですが。

そして肖像権とかどこまでいじっていいのかの問題も。気がつけば古くからあったファンサイトやblogもだんだんなくなっている。そういえばF4が注目され始めたのは最近で、だからブロガーさんの間にもどんな写真を使っていいかとか、どこまで手を加えていいかとかいろんな考え方がある。細かい取り決めがあるわけでもないし、みんなが手探りしているような状態で。

なんかいろいろ考えてたら、もう自分が何をしたいのか、どういうblogを作ればいいのかわからなくなりました。

というわけで休んでました。でも、やっぱり私はいい映画とかすごい本とか読むと、聞いて聞いて〜と誰かに語りたくてしかたがありません。またぼちぼちですが、ここに書かせてもらおうと思ってます。長文を読んで頂いてありがとうございました。長くお休みしてる間に心配して下さった方、申し訳ありませんでした。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 20, 2005

恥の基準

l_p1004011597
昨日の朝のこと。「おーい、今テレビで『台湾』って言うたぞ〜」の夫の声に振り返ると、チェン・ボーリンの映画「アバウト・ラブ」の紹介でした。きゃ、朝からいいもん見たわ。

私が日頃から「F4」「台湾」「華流」などの単語を連発するため、夫もそういうものに敏感になったらしい。そういえばこの間もですね、本屋にいる旦那から電話がかかって来たのです。

「おい、花の本が出とるけど買ったんか?」

へ?なんで花の本?話を聞くと「表紙に『華流』と書いてある雑誌があったけど買って帰ろうか?」とのことのよう。「華流」と口に出すのが恥ずかしかったらしいのです。でも、前に私が頼んだ「金玉満堂」のDVDは堂々と借りて来てたくせに。「華流」と「金玉満堂」だったら「金玉満堂」の方が恥ずかしくないか?私には彼の恥の基準がわかりません。

あ、でもでも私にもこんなことがあったな。レンタル店に行った旦那から「何か借りて帰ろうか?」と電話があったのです、ちょうどそのとき私は旦那の実家にいました、義母と話してました。

「あのな、『金枝玉葉2』があったら借りて来てや」
「おう、『金枝玉葉/君さえいれば』ってあるけど、これ?」
「……いや、それじゃない」
「副題は?」
……ボクらはいつも恋してる

書くのも読むのもなんでもないんだけど、口に出すと非常にこっぱずかしい「ボクらはいつも恋してる 」。義母の前で言うのはまた格別。もんのすごい恥ずかしかったですよ〜。で、結局その店にはなかったのよ〜。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 19, 2005

アランとKenちゃん

U102P28T3D843825F326DT20050918132519
アラン・コーのコンサートにゲスト出演したKenちゃんの写真が出ました。わー、数日前の友達の披露宴に出たときからあんまり変わってないです。髭でふっくら。あいかわらず袖はきっちり折り返してます。この、肘が見えるか見えんかの丈が彼のこだわりなのでしょうか。最初から半袖を着ればいいのに、と思う私は心が狭いのか。襟のボタンをはずしてるのは、あ、もしかして首がきついのかも。わー、貶してるんじゃないんです。一枚の写真にどうしてこんなにツッコミ入れたくなるのかしら。これも愛。

でも、体のそり具合がすばらしいわ。「どうだ」みたいな不敵な笑み。への字の口元。香港コンサでもタキシードのときにこんな表情してますよね。きっとこの後、拳を振り上げたんだろうな、こくこくと首を振ったんだろうな。わー、またツッコんでるよ。

U102P28T3D843823F326DT20050918132455
で、次の写真。私には運動会のワンシーンのように見えてしょうがない。「パパー、ボク、一等賞だったよ」「よし、よくやったぞアラン」。たしかこの二人は幼なじみで、年齢はそんなに変わらないはずで……。Kenちゃんの包容力の感じられる一枚なのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

彼の名は

わ〜。一昨日NHKの「中国語会話」のことを書いたんですが、そこに出て来るカッコいい彼の名、めひじゃさんの「キネイ君と言うのですか?私はキネン君orシニン君だと思ってました。」というコメントを拝見して、わわわ。

NHKのサイトによると彼の名は「熙寧」。エキサイトの辞書で見ると「熙」は「xi」、「寧」は「ning」です。私、ピンインがわからないんですが(←勉強しろよ!)、「西門」の「西」の字も「xi」で、彼は「シーメン」と呼ばれてるので、「シ」と読むのだろうと思います。番組中でマダムは「シーニィン」って呼んでるように聞こえます。

金子君は「キネイ」君と言ってるみたいに聞こえるので日本語読みしてるのかな。「熙」ってなんて読むのだろう。yahoo辞書に「かく‐き〔クワク‐〕【郭熙】」という人名が載ってました。「き」みたいですね。「寧」は「丁寧」の「ねい」だろうから、たぶん金子君は日本語で、マダムは中国語で彼の名を呼んでるんだと思います。

めひじゃさん、ありがとう (^-^)/。お勉強になったです。こうやって、中国語の階段をひとつひとつ……ぜーぜー……階段の上に男前が待ってると思うとちょっと頑張れます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 17, 2005

金子君の背中を見ながら

p1002843904
ひさしぶりにNHKの「中国語会話」。毎週録画はしているものの、他の用事をしながらのチラ見なのでちっとも頭に入ってません。で、見るたびに金子君の上達ぶりに驚く。今年の春に中国語を始めたばかりの金子君、気がついたらずいぶん遠くに行っちゃってます。わーん、置いてかないで〜。

え、「このお店を閉めちゃう」と言ってます。「今日でお勉強も最後」って言ってます。キネイ君、来週からキミはいなくなっちゃうの?

おお林小姐も日本に帰国するのですね、あら中国人青年(←半年見てるのに名前も覚えてないよ、私ったら)とは写真を撮っただけでお別れなのね、うー、このドラマがもっと心ときめく展開だったらば、私のお勉強にももっと熱が入ったのに(←言い訳)。

ピンインハスラーのコーナーは、母音の聞き分け?もう高度過ぎて私にはなにがなんだか。

あ、最後にマダムがやって来てお金を店に置いて行ったので、どうやらキネイ君はお店を閉めずにすんだようです。よ、よかった。この番組の唯一の楽しみが無くならずにすんで。

こちらでこの番組のaminのオープニング曲「如果」の試聴ができます。たった45秒なので盛り上がる前に終わりますが、ビンボーな私は当分ここで聴くだけになりそう。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

September 16, 2005

月夜のダンス

p1002916452

あすかちゃんのメールのおかげで(←謝謝!)、無事「ラブストーム」三話を録画できました。さっき見たんですが、ん?Kenちゃんとビビアン、月夜の中庭で二人が手を取り合ってダンスを踊るシーン、なーんか違和感が。

「踊っていただけますか?」とKenちゃんが手を差し伸べる、ビビが「待って、靴履いてない」と言いながら立ち上がって二人がホールドを組む、それをベランダからメイドのお姉さんが優しく見守って、さあ踊り始めました……あら?ビビの服が変わってる。いつのまにかピンクのカーディガンを脱いでるのですよ。

数秒前には着てたのに、靴は履かずにそのままなのに、カーディガンだけ脱いでいる。なぜ?そこにどんなこだわりが?で、消えたカーディガンは、よーく見たら芝生の上に脱ぎ捨ててある。女性なら自分が脱いだ洋服を畳むくらいはするハズ、ということはKenちゃんあなたが脱がせたのね?あの数秒の間に。や〜ん。

んで、ダンスシーン自体にも違和感が。ビビのドレスは背中がぽーんと出ているので、ホールドしたKenちゃんの手は彼女の肌に直接触れることになる、で、遠慮しちゃったんでしょうか、Kenちゃんの手がビビをちゃんと支えてないのです、添えてるだけ。当然リードもできてない、というかビビがリードしてくれてます、下がるときなんかKenちゃんが押し出す前にビビが自分から後退してるもんね……Kenちゃーん(泣)。

ほんの数分のシーンなのに、Kenちゃんって体動かすのがほんとに苦手っていうのがわかって微笑ましい。あんなにフェロモン噴出してるのにワルツが踊れないKenちゃん。ビビアンにリードされて、ものすごい笑顔で、でもぎこちなく踊るKenちゃん。か、かわいいっ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 15, 2005

どこから迷か

p1004025119
友人あかりちゃんの布教活動によって、着々とレスリー様への愛を深めつつある私ですが、でもねでもね、まだ迷というにはほど遠い場所にいる気がするのですよ。愛はある、確かにある、でもまだなんか違うの。

じゃあ迷って何? 迷ってどこから始まるの?ええ、お答えしましょう(←誰?)、迷はね、迷とは心のあり方じゃないでしょうか……たぶん。

たとえば夜、寝る前に本を読む。マンガでも小説でも、ちょっと心に残るフレーズとかシチュエーションがあると読んでるうちに頭が勝手に変換してしまうのですよ、自分と彼との物語に。気がつくと手が止まっている、頭の中で映像が再生され、そしてそして元の素材になかったエピソードやセリフまで追加されている。毎夜妄想ストーリーをつむぎながら、気がついたら寝ちゃってるんです。わー、ヤバいよ私。

そんな気ないのにそうなってしまう、心がそっち行っちゃう、そこまで到達したらもう迷だと思うのですが、レスリー様はまだ遠くにいらっしゃいます。私の健康と睡眠時間確保のためにもしばらく遠くからお姿だけ拝見しようと思います。

さて、ヴァネ来日が間近に迫り(←首都圏に住んでたら絶対行くのに〜)、最近私の頭の中で「来日物語」が再生されるようになりました。見えます見えます、ホテルで朝食をとるヴァネの姿が見えます。「いただきます」と手を合わせる姿、箸の使い方、食べ方もきれいなはず、あーん、にっこにこしてご飯食べてる〜。「ごちそさま」。ああ、訛ってるよ〜。実際に起こってないことが見える、自分の見たいものが見れる、魔法の能力を手にした私。いや、手にしたっていうか、ますます壊れてきてるっていうか。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 13, 2005

「ボクらはいつも恋してる!/金枝玉葉 2」

p1003167381

「ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉 2」を見ました。ようやく思いが通じ合い、一緒に暮らし始めた二人。しかし、芸術家肌のサムとおおらかなウィン、性格の違い、生活習慣の違いから幸せなはずの生活に翳りが。そんなとき、同じマンションにウィンの憧れの歌手であるフォンが住み始めて……。以下ネタバレしてますのでご注意下さい。

女と、男装した女。女が好きな女と、女装した男。愛さえあればなんでもアリな世界が描かれ、まさかまさかな展開に私は口がぽかーん。

でもでも最後の、空港に向けて走り出すサムの姿と、かぶさるように流れる曲「追」の一節の「ずっと君を追いかける こんな僕はぶざまかもしれない」を聴いたら、また涙がぽろっと。

前作では追いかけられる側だったのが今度は追いかけている、前作ではゲイが大嫌いだったのにこの映画ではゲイカップルを励ましている、男装したウィンと抱き合ってるのを見とがめられると「悪いか?」と開き直る、ずいぶん強くなったサム。ステキです。

停電したエレベーターの中のレスリー様とアニタ・ムイが好き。蛍光棒の光の中で楽しそうに踊る二人。その後、どちらも若くして亡くなる運命だなんて、そんな不幸の影も何も見えないほのぼのしたシーン。もうこの世にいない人達だからか、緑色の光が照らす二人は幻想的で美しく、何度も巻き戻して見てしまいます。素敵なシーンを見ると混ざりたいとかこの人と代わりたいとか、そんなことを思う多い私ですが、この二人はただもうずっと見ていたい。

映画でもドラマでも本でも、見た後や読んだ後に、背中を押してくれるようなのが好きです。明日を信じられるような、世の中捨てたもんじゃないなと思わせてくれるようなものが好き。この映画もそう。「また別れることになるかもしれない」と言うウィンに、サムが一瞬言葉に詰まりながら答える「今から未来を恐れたら、何も始まりはしない」。この二人はきっとまた揉めるだろうけど、こういう気持ちで向き合ってたら何度でもやり直すだろうな、大丈夫だなと思わせてくれる説得力があります。迷ったり悩んだりの私は、このひとことにすごく励まされるし、救われる。スターは亡くなってからもこうして映画の中で、きらきらしながら生きている人を励まし続けてくれるのだなと思います。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

September 12, 2005

お誕生日

p1002792267
今日はレスリー様のお誕生日なのだそうです。どうしても今日見たくて「金枝玉葉2」を借りました。びっくりしました。えーっと思いました。なんだか感想がまとまらないけれど、いい映画でした。小さなことで悩むのがバカバカしくなりました。

この映画にはアニタ・ムイも出ていて、レスリー様も彼女ももう亡くなっていて、なのに映画の中では数年後に亡くなるなんて信じられないくらい生き生きと二人とも笑ったり踊ったりしています。ああこの綺麗な人達が、もうこの世のどこにもいないんだな。

いろんな方に薦められて映画を見ているうちに私はレスリー様が大好きになりました。なんかねえ、絶対もう無理なんだけど、あの目で一度でも見つめられてみたかったなあと思うのですよ。ああ、まとまらん。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 11, 2005

Kenちゃんの最新映像

blog巡りをしていて、Kenちゃんの最新映像を見ました。友達の結婚披露宴に出席したKenちゃん。アゴにもやのような髭、顔の輪郭がゆるやか。ちょ、ちょっと見ない間にずいぶん貫禄が。貫禄っていうか、恰幅っていうか。

そしてそして、素材は何なの?ガーゼ?白地に薄いグラデーションの横線の入った、まるでおじいちゃんの夏のパジャマのような開衿シャツをお召しになり、ぼーっとお立ち遊ばす様子が一瞬あの映画評論家の水野晴朗のようにも見え、ワタクシ、ワタクシ、自分の頭をぽかぽか叩きました。バカ!私のバカ!

「ラブストーム」のKenちゃんは透き通るような美青年でしたが、私が今日見た彼は脂したたる美中年って感じ(←ごめんなさい)。いや、でも、その緊張感のない体つき(←すみません)がまたフェロモーンな雰囲気を倍増させていて、なんていうか、食べ損ねて黒くなりかかったバナナみたいな、危うくて甘い香りを漂わせているように見えて、私はショウジョウバエのように彼に引き寄せられてしまいました。

くーーー、なんでこの人、太ってもカッコいいの?っていうか、私は虫か!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 09, 2005

p1002899772
録画した「ラブストーム」を見よう(←翌日の昼の再放送を録画してるので)とそれだけを楽しみに帰って来たら、あああ、録画されてないっ。Kenちゃんが写ってるはずの画面には黒い闇が。

あ゛ーーー。

無駄だとはわかってましたが、一応黒い画面を早送りしてみました。……ずーっと黒でした。

最近、うちのビデオが復旧したので、夫がテープに録画してたものをDVDに焼き直しているのです。で、予約録画の設定が狂ったらしい。

くーーー。

確か第二話は、仔仔の居場所をつきとめるために奔走するシスターズや、自分の気持ちを押し隠して仔仔とビビアンを会わせる段取りをつけるKenちゃんが見られるんでしたよね。見たかった、見たかったよ、切ないKenちゃん……。

ええ、ほんとは放送日の夜に、正座して見ながら録画すればいいのです。でもねでもね、その時間はね、うちの場合、夫が深田恭子のドラマを楽しみにしてるから見れないの。うちのテレビは地上波見ながらBS録画は無理なのよ。

ああ、私の(妄想の)恋を阻む夫。自分は深田恭子を見たくせに、夜中にDVDを焼いたりなんかして私の(妄想の)恋を邪魔する夫。恋に試練はつきものなのね(←何か勘違い)。

っていうことで夫よ、いつか「ラブストーム」の日本語版DVDが出たら買っていいですよね?ね?……ダメって言っても買いますけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 08, 2005

「花より男子」ドラマ化

p1003964978
「花より男子」がドラマになるんだそうです。TBSの公式サイトではプロデューサーが「なぜ『花より男子』が支持されるのか」述べておられました。え、「つくしに誰もが共感するから」「つくしと出会って成長して行くF4に魅了されるから」?

……そ、そう?

「花より男子」がウケたのは「誰もがうらやむカッコいい男の子が、ごく平凡な女の子に『おまえが好きだ』と情熱的に迫るシンデレラなシチュエーションにみんなが萌えたから」だと思います。たとえ道明寺がお気に召さなくても、「クールな大人」「つかみどころがなく神秘的」「紳士で親切」、三人いればお気に入りが一人はいるはずで、そんなタイプの違う男前が四人揃ったところがウケたんだと思うんです。少なくとも私はつくしに共感する部分って全くありません。

ああ私のツボ部分、プロデューサーとかなり違うみたい。こういうドラマを作った人なのですね。「GOOD LUCK !!」「砂の器」「Mの悲劇」「ホームドラマ」「真夜中の雨」。うー、どれも初回は見ました、見てそして脱落して行ったような……。

台湾版F4に思い入れがあるから、きっと日本版の何を見ても「ちがうううう」と叫んでしまうだろうけど、花沢類を演じる小栗旬のメッセージを読むと、そうかそうか頑張れと思う。「自分の本来の姿からはかけはなれているけど頑張る」みたいなことを言ってるんですよ。マンガも台湾版ドラマもそれぞれ根強いファンのいる人気作品で、おまけに自分とは全然イメージの違うキャラクター。なんかなんか、すごーくデキる先輩の仕事を突然引き継ぐことになった新入社員みたいな感じがするのです。小栗旬、加油〜。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

September 07, 2005

Initial J

l_p1004033633
「Initial J - Jay Chou Greatest Hits + Theme Songs from「INITIAL D THE MOVIE」が届きました。ええ、やっと。amazonで予約してたんだけど届かず、メールも来ず、諦めてお店で探したのですがここにもなくて。縁がないんだなーと思って帰ったらamazonから「送ったよ」のメールが。危なかった、お店に並んでたら買ってたと思います。

amazonは割引とかあって他よりお安いのでビンボーな私は大好きなのですが、ときどきヒヤヒヤさせてくれます。でもきっと次もここで買うでしょう。「遅くてもいい、100円でも安く、そしてときには自分の運も試してみたい」と思う方はamazonでどうぞ。「買えればラッキー☆」くらいのつもりで。

で、聴いた、見た。和訳した歌詞を読んで、あら。すごくすっきりしているのですよ。洗練されてるっていうか、でもそのせいで普通の歌詞になっちゃってるというか。ネットで読ませてもらったときに、うわ、なにこれすごい、泣きそう…と思ったファンの方による和訳の方が、胸にぐっと迫る感じがして私は好きだった。

MVはとても凝ってます、映画みたいです。でも私が一番好きなのは「七里香」のなんでもない風景の中の恋人達。公園のブランコとか野原とか道路とかのありふれた場所で戯れる二人がなーんかいい感じ。私はいちゃつくカップルは嫌いなのですが、この二人には優しい目になってしまいます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 04, 2005

ボヘミアーン

ボヘミアーン!

私は今、葛城ユキになって心の中であなたに破れかけのタロットを投げてます。

いえ、わかってます、F4メルマガ担当のボヘミアンさんが悪いわけじゃないの、あなたは放送の前にできるだけ多くの迷に教えて下さろうとしたのよね?よかれと思っての行動だったのよね?責めません、責めませんよ私は。きっとテレビ局の都合で予定が変更になったのね?

で、「EZテレビ」様、あなたの番組が撮影したF4映像、迷はみんな待ってます、放送しないともったいないです。秋にはなくなっちゃうんでしょ、この番組。あと一回なんでしょ?来週は選挙があるからもうあと再来週だけなんでしょ?まさかまさか最終回も放送しないってことはないわよね?

ああ私には聴こえる、テレビ局に鳴り続ける迷の怒りの電話の音が。「今日じゃなかったんですか?」「騙されて最後まで見ちゃいました」「コメント減らせば2分くらいはなんとかなったんじゃないの?」。いや、かけてませんよ、かけてないわ私は。でも、きっとそうしたくなった人はたくさんいると思う。

とほほ、私メールしちゃいましたよ、「メルマガに載ってたんで確実!ちょっとかもしれないけど必ず出るから!」って。ごめんよ〜。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

CD出るんですね

書いてる人が雑でガサツなので、私のblogに情報が載ることはほとんどないのですが、たまには書いてみたい。出るんですね、「華流弐」。おおっ「流星花園」のハーレム・ユーが入ってる〜。ああ「Mars」の「零」が「我可以」が〜。「求婚事務所」の曲も。これ、結構お得かもしれん。

でもね、でもね、惜しいっ。紹介文が『神戦Mars』になってるの。それって「封神演義」みたいじゃないですか。でも仔仔の太公望は似合うかも(笑)。

そして『Love Storm〜狂愛龍捲風〜』のサントラも出るのですね。あのビビアン(←ヴィヴィアンと書いてましたが、ビビにした)のオープニング曲が好きだし、それにやっぱりなんといっても「Inside Of My Guitar」。ドラマの中でKenちゃんが歌ってる曲なのでしょうか?ビビアンとか仔仔の曲は彼らの名前が書いてあるんだけど、これにはないのが気になる。Kenちゃんが歌ってるのなら欲しい。買って、オルゴールの曲とかだったら泣きます。どなたかご存知ないですか?

そしてそして「Initial J: Jay Chou Greatest Hits+theme Songs From 頭文字d The Movie」。DVDがついた初回限定版を予約したんだけど、amazonさん未だに何も言って来てくれません。あのう、amazonさん、先月末に発売されてるハズなんですが……。手に入らんと思うと無性に欲しくなるなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2005

「君さえいれば/金枝玉葉」

p1002796125

「君さえいれば/金枝玉葉」を見ました。レスリー・チャン、アニタ・ユンのラブコメ。ネタバレしてます、未見の方は、ええ、もうレンタル店に行って借りちゃって下さい。なんかもう私、誰かと喋り倒したい気分でいっぱいです。

音楽プロデューサーのサム(レスリー)とスター歌手のローズは人もうらやむカップル。でも二人の愛はもう冷めかかっている。ローズの大ファンであるウィン(アニタ)は二人の事務所のオーディションにもぐりこみ、何を間違ったのか男性歌手として合格。性別を偽って男装したウィンと、サムの同居生活が始まる。お互い惹かれ合いながらも、大好きなローズとの板挟みで真実を打ち明けられないウィンと、ウィンを好きになってしまった自分はゲイかもしれないと悩むサム。

「俺は偏見がない」と言いながらもウィンのゲイが判明(?)したとたんに彼女への態度が及び腰になっちゃうレスリー様。普通の男性、それも悩んだり苛ついたりの等身大の男性で、「ブエノスアイレス」の妖しいゲイや「覇王別姫」の上品なあの人とは全然違う顔。でも普通の男を演じても彼はとても魅力的なのでした。

レスリー様がアニタと並んでピアノを弾いて「追」を歌うシーンは涙がだだーっと。「君より大切な人はいない 成功も失敗も問題じゃない」って、それほど特別なことを歌ってるわけじゃないのに泣けるの、これは何?声の力?なんかすごく大きなあったかいものに包み込まれるような気持ちになるのです。

ものすごーく笑って、で、その後で涙がだだーっと。泣きながら私は自分が何に泣いてるのかわからなくなりました。えっと人類愛?性別を超えて、もうキミが男でも女でもいい、好きだ、愛してるというサムに感動したのか、私?いや、もう、理屈じゃなくて「追」が聴こえた途端にただただ涙が。泣きすぎて、犬に顔を舐めまくられてしまいました。犬も飼い主の異常を察知したようです。すごいなあ。こんなに笑えるのにこんなに泣ける映画。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

September 01, 2005

ね、眠い〜。

もうすぐラブストーム、もうすぐ美しいKenちゃんが……。でもすみません、なんか私、眠くて眠くてしんどい。早いですが今日はもう寝ちゃうことにします。コメント頂いててものすごく嬉しいのですが、ごめんなさい、またお返事させて頂きます。では晩安。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »