« 月夜のダンス | Main | 彼の名は »

September 17, 2005

金子君の背中を見ながら

p1002843904
ひさしぶりにNHKの「中国語会話」。毎週録画はしているものの、他の用事をしながらのチラ見なのでちっとも頭に入ってません。で、見るたびに金子君の上達ぶりに驚く。今年の春に中国語を始めたばかりの金子君、気がついたらずいぶん遠くに行っちゃってます。わーん、置いてかないで〜。

え、「このお店を閉めちゃう」と言ってます。「今日でお勉強も最後」って言ってます。キネイ君、来週からキミはいなくなっちゃうの?

おお林小姐も日本に帰国するのですね、あら中国人青年(←半年見てるのに名前も覚えてないよ、私ったら)とは写真を撮っただけでお別れなのね、うー、このドラマがもっと心ときめく展開だったらば、私のお勉強にももっと熱が入ったのに(←言い訳)。

ピンインハスラーのコーナーは、母音の聞き分け?もう高度過ぎて私にはなにがなんだか。

あ、最後にマダムがやって来てお金を店に置いて行ったので、どうやらキネイ君はお店を閉めずにすんだようです。よ、よかった。この番組の唯一の楽しみが無くならずにすんで。

こちらでこの番組のaminのオープニング曲「如果」の試聴ができます。たった45秒なので盛り上がる前に終わりますが、ビンボーな私は当分ここで聴くだけになりそう。

|

« 月夜のダンス | Main | 彼の名は »

Comments

最初2ヶ月で挫折し、置いていかれてました…。
ついていけませぬ。でも誰か来日する時は見ます☆
現金なわたし。
来月はジェイのインタビュー入るそうですね。

Posted by: 東雲 | September 18, 2005 at 14:01

リニューアルですね!透けたお花(?)が風流です。
金子君すごいですよね。キネイ君と言うのですか?私はキネン君orシニン君だと思ってました。個人的には白いスーツの彼が好きです。
いい男は白いスーツがよく似合う!ヴァネ、リーホン、ピーターなどなど・・・・おお、みんなアメリカ人だったりする。

>東雲さんこんにちはw
来月ジェイのインタビュー?マジですか?私は一応毎週欠かさず見てますが、知りませんでした。

Posted by: めひじゃ | September 18, 2005 at 17:22

金子君凄いのかぁ 以前見たときも十分凄かったのに頑張り屋さんだね
この前の金曜日に「ぷいぷい」でジェイのインタがありました、初めてお歌を拝見したんですが、ステキでした伸びやかなきれいな声ちゃんと聴かなあかんわと思いました。
このお花あれ?さっき見た気が さっきお通夜に行きまして、提灯とか風呂敷とかこの様なガラでした あっ変な意味に取らないで下さい どうかそのままで、、

Posted by: 0325 | September 19, 2005 at 00:05

何度もゴメンナサイ 通夜は旦那の会社の上司のお母様で、とてもとても遠いお知り合いです。悲しみにふけるものではないので、、

Posted by: 0325 | September 19, 2005 at 00:11

>東雲さん
二ヶ月挫折?でもでもすごい。「月亮代表我的心」訳されてましたね、かわいらしい詩で読みながらにこにこしましたわ。
Jayさん、NHKのサイト見たら金子君がインタビューするようです。金子君、もうそこまでできちゃうのね。ああ背中どころかもう彼の影さえ見えない……。

>めひじゃさん
彼、だんだんステキになって来てますよね。大阪の大学に通ってるからか、日本語喋るときのイントネーションが関西っぽくてそこも私好きなんです。
いい男は白スーツが似合う、うん、そうかも。で、白スーツって明るい性格っぽい人でないと似合わん気がします。ABCの人ってなんか明るいよね。

>0325さん
お葬式はお手伝いに行かれたんでしょうか。お疲れ様でした。
連休中なので今日はゆっくりお休みされてるかなあ。
テンプレート、気分転換に変えてみました。うん、見れば見るほどしめやかだわ。色も落ち着いてるし。
Jayさん、いい声だったですか。ソニーのサイトで試聴できますよ〜。

Posted by: | September 19, 2005 at 12:15

訳詩はあげときながら、恥ずかしい(>_<)です。
沢山記事あげて、隠さなきゃ(笑)
いま広東語の本読んでるんですよ。「旅の指差し会話帳」
といいまして、絵が可愛いです。

めひじゃさん、ジェイ☆ですよ。
0325さん、ジェイおすすめです。聴いてみてください!
緑さん、映画見たのでジェイにハマってます。
なんだかジェイ連発してますね…あら。

Posted by: 東雲 | September 20, 2005 at 20:30

あの訳詩はすごいかわいいと思いますよ。女の子って感じがして。
私が訳したらおっそろしい詩になりそうです。
「あんた私のことどのくらい好きなん?」みたいな。
広東語!香港映画を好きになったらやっぱり広東語がわかると面白いんでしょうね。「旅の指差し会話帳」ですね、メモメモ。

さっき東雲さん家にお邪魔しました。「頭文字D」、ご覧になったんですね!わー、いいなー。私、最近出たJayさんのベストを買ったんですが、それについてる映画の予告がすっごいかっこよかったんですよ。
あんまりたくさん写ってないけどエジソン・チャンが、なに、この美形って感じでものすごいクールで美しかったです。

Posted by: | September 20, 2005 at 21:02

かわいい…ポッ(*^_^*)

私は広東語の独特の響きで、元気がでるんです。
両方出来ちゃう香港明星はすごいですね。
本を交互に見比べていて混乱しました。

えぢは、(インファナルアフェアの彼しか知りませんが)
すごく違って見えました。「あれ、こんなにカッコよかった?」
でも親父らぶです(笑)

Posted by: 東雲 | September 21, 2005 at 18:57

広東語の曲、北京語に比べるとホイとかネイとかの響きが力強いですもんね。レスリー様の曲も、こないだ貸してもらった中に同じ曲を広東、北京で歌い分けてるのがあるんですが、なんか違う曲みたいに聴こえます。
うん、ほんと、香港明星ってなんでもできなきゃだめなんですね、演技、踊り、歌、言葉…。レスリー様、広東、北京に英語もできるなんてすごいなあと思いました。私なんか日本語すらあやしい>今、タモリの日本語の番組見てます。(私、言葉の使い方をすごく間違ってました。「御愁傷様でした」は×なんですって。「御愁傷様です」が○。)

親父>アンソニーさん、来日時のリボンタイにびっくりしました、ラブリ〜。

Posted by: | September 21, 2005 at 19:50

東雲さん

私も持ってます♪「旅の指差し会話帳」
広東語を少しでも知りたくて、わかりやすくて楽しい本をと思って買いました。
やっぱり香港映画好きな人は広東語を知りたくなりますよね。あの広東語の音の響き・・・私も好きです。レスリー様のCDばっかり聞いていたら、意味わからないけど耳になじんじゃいました。ただし、勉強は挫折中です(苦笑)。

Posted by: あかり | September 21, 2005 at 21:36

ヴァネ祭りなのに、うちではなぜかレスリー様祭りをやってます。夫が「男達の挽歌」と「狼達の絆」を借りて来たんです。
で、昨夜は「挽歌」を見てました。レスリー様、わっかーい。んで、前半はにこにこ無邪気な役柄なんだけど、昔の日本のアイドルみたいにlかわいかったです。広東語はさっぱりわかりませんでした。
あかりちゃん、今度会ったら何か単語教えて下さい。

あ、本もぼちぼち読んでます。リーホンさんの追悼文、すごいよかった。書いてある内容も深いし、レスリー様の人柄はもちろん、これを書いたリーホンさんの性格の良さもわかりました。きっとこういう人だからレスリー様がかわいがったんだと思う。

Posted by: | September 22, 2005 at 21:04

今月は祭り、多すぎますわ~(私の週末は宏祭り☆)
「挽歌」はぜひ2も観てくださいね。どちらもすねたお顔が大好きです。

リーホンも「周りに愛され系明星」だと(迷の欲目?)。
感動文というか、この人もすごくレスリーのことを思ってくれているのだとわかることを日記でも書いてます(レスリーのファンサイト様LCFさんで見れます)

Posted by: 東雲 | September 22, 2005 at 22:28

あかりさん、やっぱり持ってましたか♪
眺めるだけでなんだか満足してます(笑)広東語はなじみますよね。
最近はもっぱら普通語比率が自分の中で上昇中ですが、
響きを聴くと「こっちも~」悩んでしまいます。

Posted by: 東雲 | September 22, 2005 at 22:57

あー、やっぱり夜更かしが続くとしんどい。なんか頭がうまく働きません(←いつもじゃん!)。レスリー様の「狼達の絆」も見ました。これは「男達の挽歌」みたいな任侠モノかと思ったら泥棒さんの話でした。面白かった&カッコよかったです。タンゴがねえ、ほんとに……。「挽歌2」も見てみます。

東雲さんはリーホン祭りですか。「心の陽」出ましたね。日本語訳付き歌詞カードとDVDだけ別売りしてくれたら絶対買うのになあ。
いろんなblogでヴァネの様子(東雲さんちのも拝見しました。謝謝)を読んで、同じような優しくてファンに対する気配りする雰囲気をリーホンさんにも感じました。

Posted by: | September 23, 2005 at 20:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/5990917

Listed below are links to weblogs that reference 金子君の背中を見ながら:

« 月夜のダンス | Main | 彼の名は »