« 可是我 | Main | イメージバトン »

November 25, 2005

「美少年の恋」

pdcm0075
コメントで教えて頂いた「美少年の恋」を見ました。借りにくいタイトルの映画だと思いましたが、お休みの日に夫と出かけ、何本か借りるビデオの中にそっと忍ばせ「これも一緒に借りてきてや」と押し付けることでそれは解決しました。いいぞいいぞ夫。

帰宅すると夫は「寝る」とiPodを聴きながら眠ってしまったので、よし、とビデオをセット。わ、男娼の話でしたわ。スティーブン・フォンは甘い顔立ち。ほどよく鍛えた上半身と細い腰、ぴたっとした黒いTシャツとパンツが似合う花のような美青年でした。で、男性同士のラブシーンもあるんですが、きゃ〜っと見てたら寝てたはずの夫がぽつり。

「男色の話やったんか…」

わ、起きとったんかい!!以下ストーリーに触れておりますのでご注意を。

男娼のジェット(スティーブン・フォン)は、街で見かけた青年サム(ダニエル・ウー)に心惹かれる。やがて再会した二人は仲良くなり、ジェットはサムの家にたびたび遊びに行くような間柄に。サムは「勉強して社会に役立つ人間になれ」と言う父親を尊敬しているが、彼の母親はいい子であり過ぎる息子を秘かに心配していた。サムに恋しながらも自分がゲイであることを打ち明けられないジェットと、心に何か底知れないものを秘めたサム。友情というには熱く、恋というにはもどかしい物語。

わ、とにかく青年達が美しいです。甘い系のスティーブン・ウォン、ギリシア彫刻のような美貌のダニエル・ウー。二人が並んで夕日を見るシーンはやわらかい光とほのぼのした雰囲気。ゲイの映画ではありますが、それほど生々しいものではありません。スティーブン・フォンは、もちろん今もステキなんだけれども、この映画のこのときは青年が大人になってしまう前の一瞬のきらめきみたいなものに包まれていてすばらしいです。このときでしか成立しなかった物語だと思います。

ゲイであることで両親の信頼を裏切っていること、自分を好きになってくれた相手を利用したこと、本気で愛した恋人と別れたこと、たくさんの悲しみを抱えたサム。本当の恋を知らないゆえに無邪気に自分の若さと美しさを謳歌するジェットは、サムと出会って変化していきます。サムが実はジェットをずっと愛していて、彼を失うことを怖れながら彼とつきあっていたことを知り、自分は本当に愛されていたのだと知ってようやく安らかに眠るジェット。同性を愛することは、相手の愛の対象に自分も含まれるのかを確かめることさえ難しい。だからこそ静かに深く燃え上がるのでしょう。

|

« 可是我 | Main | イメージバトン »

Comments

良かったですよね?ねー!!緑さんには絶対通じると思っていました、私の想いが。
あの、ダニエルがスティーブンの胸倉をグイっと引き寄せて「ぶっちゅー」とするのがいい!!・・・は!?も、もしかしてそのシーンを旦那様に?心中お察しします。フェロモンすごくないですか?すちーぶん。

Posted by: めひじゃ | November 26, 2005 at 00:15

この頃同性愛の作品を見る機会が多くて、「美少年の恋」の感想もすんなり受け止めれる自分は成長?したのかな? 
スティーブン・ウォンは「マジックキッチン」にも出てたんですが、「何?この子」って感じの出演(多分友情出演だね)だったのでしっかりした役の彼も見てみたい わぁ  
借りるのチョット勇気がいりそうね、めひじゃさんフェロモンも濃いいんですか あわわわ
 

Posted by: 0325 | November 26, 2005 at 00:34

お早うございます@仕事前…。

最後の3行に「もう一押し」を感じます。
だから緑さんの文章はただ面白いだけ、じゃないんですね^^。
この映画のどこかにレスリの名前が出てくると聞いたけど、一瞬で
わからないんだろうなあ。そんな事まで気になるというのがファン
(苦笑)。

Posted by: newt | November 26, 2005 at 07:28

>めひじゃさん
ええ、めひじゃさんの想い、どーんと受け止めましたわ。なんですか、あのスティーブンのフェロモンは?老若男女、ぜーんぶ転がせそうな強烈なフェロモンでしたね。Kenちゃんは太ろうがヒゲはやそうがフェロモン出てますけど、ステさん(←略し過ぎ)のフェロモンは一過性の、あのときのあの容姿だからこそ放出される類のもののような感じで、それもまたよかったです。
夫が見たのはステさんがホテルでおじさんとむむむ…の部分なので、そんな美しいラブシーンではなかったのです(笑)。

>0325さん
ゲイ・ムービーに免疫ができたのですね。よかった(…のかな?)。私はまだこれと「ブエノ」くらいしか見たことがないので、なにかオススメがあったら教えて下さい。でも、なるだけ借りやすいタイトルでお願いしますわ。
「マジックキッチン」よりもかなり前だと思います、この映画。ステさんがほんと若者特有の一過性のフェロモンを全方位に惜しみなく放出してました。街の木々さえなびきそうな強烈フェロモン。綺麗でしたよ。でもほんと旦那さんと一緒に見ると照れるかも。

>newtさん
出かける前にコメント残して下さるなんて嬉しい。そしていつもとても褒めて下さってるのが恥ずかしいけど、でも嬉しいです。特に最後の三行は、あらかじめ書いてたのに付け加えたものだったんで、あらわかってくださったんだな〜と思うとなお嬉しかったです。
レスリー様のお名前は、スター志望の青年が「スターがよく来る。レスリー・チャンにも会ったよ」みたいにお店を紹介してるのと、同じ青年が「レスリーのエージェントと契約した、やった〜」みたいな感じでお名前が出てきてましたよ。

Posted by: | November 26, 2005 at 21:00

ちゃんと気付かれてたんですね^^
教えてくださってありがとう。
「猛龍」という映画を観ようかと思うのですが
この主演俳優さんがヴァネさんかな?

Posted by: newt | November 27, 2005 at 21:48

何気なレスリーつながりなんですが。
『Be My Boy』という小春ちん(ジョーダン・チャン)が出てるHKの同志電影がありまして。(オヤジと年下青年の恋愛悲喜こもごもの決して美しくはないけど可愛い作品)その中でレスリーの話が出ます。CDショップで「レスリーのCDはこっちよ!」みたいな感じだったと思います。

Posted by: めひじゃ | November 28, 2005 at 18:49

>newtさん
「猛龍」は群像劇らしいとどこかのblogで読みました。だからヴァネは主役というか主要人物の一人ではないでしょうか。ご覧になったら感想を教えて下さいね。私の町には来ないかもしれません(泣)。

>めひじゃさん
小春さんはゲイの映画にも出てるんですね。「金枝玉葉」の彼のゴツい女装を思い出しました。で、そこにもレスリー様のお名前が?「美少年の恋」でもそうだったし、ゲイの人はレスリー様がお好きなのかな。

Posted by: | November 29, 2005 at 00:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/7286232

Listed below are links to weblogs that reference 「美少年の恋」:

« 可是我 | Main | イメージバトン »