« チャット | Main | 「我愛香港」 »

December 19, 2005

地下鐵(1)

l_p1003111281
あすかちゃんに借りた「地下鐵」はトニー・レオンとミリアム・ヨンの恋愛映画。中文と英文の字幕&日本未発表作なのでネットで英和辞書を引きながらの鑑賞です。昨日、半分見ました。あらすじは、うーん、私の解釈で正しいのかどうかわかりませんのでご注意を。

盲目の女性、海約(ミリアム)は父親と二人暮らし。見えないながらも工夫して家事をこなし、いきいきと生活している。ある日、地下鉄で「その杖を貸してくれ」と若い男に声をかけられた彼女。杖を貸すと男は狭い隙間に落ちていた多量のチラシを杖でかき出し、お礼に彼女に一枚渡して去ります。そのチラシは旭明(トニー)の経営する結婚相談所のもの。そんなこんなでミリアムとトニーが出会うのでした。

私がこの映画を見て思ったのは「ミリアムって性格いいな〜」でした。地下鉄で彼女に声をかける男を見たときは「絶対ナンパだ」と思ったし、「杖を貸して」を聞いたときは「タチの悪い嫌がらせだな」と腹を立ててました。盲目の人にとって杖はとても大事なもの。見知らぬ人に突然貸してくれと言われても私だったら絶対に渡しません。私が主人公だったらこの映画は成り立たんし、恋も生まれないな〜。

そしてトニーとの関わり方にもやっぱりミリアムの優しさが。食事をしながら「子供の頃、家にオレンジの木があったから、僕はオレンジをお手玉にして遊ぶのが得意なんだ」と言うトニー。で、ウエイターに持って来させたオレンジでお手玉をしてみせるのです。

彼女が「今、何個でお手玉してるの?」と訊くとトニーは「五個だよ」と答えます。でも、彼女は「音」で彼が二個(←三個だったかも?)でしかお手玉をしてないことがわかるんですよね。が、ただただ彼女を喜ばせようとしているトニーの善意を、嘘と知りながらも温かい気持ちで受け入れるのです。このトニーの嘘も、私だったら「嘘つき」とか「見えない私を騙してる!」で怒りまくるかもしれない。ミリアムは、見えなくても心を閉ざさず、あたたかいものや美しいものが見えるし、感じられる、そういう素敵な女性なのです。くー、このお姉さんには幸せになってもらいたい〜。

まだ前半なんだけど、口が上手くていいかげんな優男のトニーが魅力的で、チャン・チェンの誠実で朴訥な青年役もかわいい。この余韻が去らないうちに後半を見なければ…。

|

« チャット | Main | 「我愛香港」 »

Comments

片思いの彼女にクリスマスカードを書くチャン・チェン、彼女のことを思い出してふっと笑う表情、良いでしょ~~??
トニーくんもあーんな表情こーんな表情素敵でしょ~(*^o^*)
もう見てるだけでほんわか気分になれるのです。

それにしてもミリアム、周りに優しい男の人がいてくれて羨ましいっす。トニーくん、職場の同僚の人、パパも。くーっ、こんな目にあってみてぇ・・・。
トニーくんのお友達3人組もいい人達だよね。

悪い人がいないので安心してみられる好きな映画です。

Posted by: あすか | December 20, 2005 at 21:22

そうそう、ほんわか〜な映画だよね。
トニー君は嘘をよくつくけどなんか憎めん感じだし
チャン君は応援したくなるようないい奴だし。

私がいいなと思ったのは、オレンジのエピソードの後。あったかい気持ちで電車に乗るミリアムが、お花畑の中にいるみたいな気分になってるところ。色が綺麗でほんとに絵本みたい。

ただ、言葉がわからんのでチャン君のカード間違いエピソードがなんのことやらわからないんだよね。相手の女の子がなんでわかったのかとか、スニーカーを記録してるのはなんなのかとか。

Posted by: | December 21, 2005 at 21:28

今日は会社から。外は銀世界です。大阪市内なのに。

上海の女の子はチャンくんの仕事関係の人ではないかと。クリスマスカードと上海の女の子宛の手紙を一緒に持っていたんだけど、天使に入れ替えられてしまったの。だからチャンくんは女の子の名刺を探し出して、(どんな理由でかはわかんなかったけど)会いに行ったんだと思う。
いい奴チャンくんなので、失恋したての女の子を励ましに行ったのか?
スニーカーの統計は・・・うん私もわかんないのだ。

この映画は色もきれいだよね。クリスマスの話なので赤と緑が目に焼き付くの。私の好きなシーンは後半の方に詰まってる。だから言わなかったんだけど、あのシーン、このシーン、ああ早く言いたい。緑ちゃん後半早く見るのよっ!

Posted by: あすか | December 22, 2005 at 12:34

雪の具合どうですか?こちらはもうすっかり溶けたよ。行きも帰りも電車が遅れて大変だったわ〜。

上海エピソードの子は同じ会社の女の子だったのね。なんか名刺(?)をめくってたんでどういうことかなあと思ってたの。クリスマスカードを送りたかった女性には激怒されてたけど、天使(天使だったのね…)はいったいどういうつもりだったんだろ?恋を結びつけてあげたかったのか、単なる気まぐれか。

後半がいいのね?あーんクリスマスまでには見れそうにないわ。

Posted by: | December 22, 2005 at 21:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/7685870

Listed below are links to weblogs that reference 地下鐵(1):

« チャット | Main | 「我愛香港」 »