« 「スカイ・オブ・ラブ」 | Main | メールバトン »

January 09, 2006

地下鐵(2)

l_p1003070964
「地下鐵」の後半を見ました。前半の感想はこちらに。あらすじに触れてますので、これからご覧になる方はご注意を。

突然目が見えなくなってしまった旭明(トニー・レオン)は心を閉ざすが、海約(ミリアム・ヨン)は彼を外に連れ出す。見えない二人は音楽を聴いたり、街の音に耳をすましたりのデートを繰り返し、次第に心を通わせて行く。

そっと手をつないだり、優しく肩にもたれかかったり、お互いの唇をさぐりあててキスしたり。そんなことがものすごく幸せそうに描かれてます。見えないからこそ共有できる、静かで豊かな世界。なんかねえ、もうねえ、この二人が作る時間がたまらなくかわいらしいの。くーーーって感じなの。

が、いたずらな天使は旭明に再び視力を与えます。旭明は自分に視力が戻ったことを海約に言い出せない。でも海約は彼の変化に気付いてしまう。気まずくなる二人。見えない間に育まれた愛は消えてしまうのか…。

仲直りするために彼が選んだ方法は、広場で目を閉じて彼女を探し出すこと。でも、その場所は新年のカウントダウンのために混み合っていて、彼は人にぶつかったり、遮られたりしてなかなか彼女に辿り着けません。そんなとき彼女が彼にだけわかる合図を送ります。かち、かち、と。彼女がしている盲人用の腕時計のガラスの蓋を開け閉めするかすかな音。そう、彼女は心の中ではとっくに彼を許しているんです。もうこれだけでじーんとしてうるっとしますが、ここからがすごい。

かつて二人が「誰かに間違われないために自分の持ち物に貼っておこうね」と、たくさん用意していた星形のシールを、彼は自分の頬に貼って彼女に触らせるのです。君のだよ、と。わ、なんて素敵なラブシーンなんでしょう。す、す、好きっ。こんなかわいらしいことをさらっとしてのけちゃう人ってすごく好き。見終わった後、ほんのり優しい気持ちになりました。

|

« 「スカイ・オブ・ラブ」 | Main | メールバトン »

Comments

ねー、優しい気持ちになれるでしょ?
ツボがいっぱい。緑ちゃんが好きだと書いた所、私も好きなのよ~。トニーくんが目が見えなくなっている間のふたりの時間とか、広場で時計かちかちとか。
トニーくんはすごいと思ったのは目が見えなくなったシーンと目が見えるようになったシーン。別にセリフもなんもないのに、見えない、見えてる、の違いがわかる。演技派だわー。

自分の持ち物に目印のためのシール、そういう理由もあるんだろうけど、触って区別できるようにってのもあると思う。機械のスイッチの場所とか、シャンプー・リンスの違いとか。でも自分にシールを貼って「君のだよ」の緑ちゃんの想像力、すばらしい~。たまんないわ。
このシーンってずーっとセリフないからいろいろ想像できちゃいますよね。

Posted by: あすか | January 09, 2006 at 22:24

今トニーさんが気になって気になってしょうがない私、恋心ではなくアーティストとして尊敬みたいな気持ち、、
レンタルでもたくさん在り過ぎてお奨めがわからないから、作品紹介ありがたいです謝謝 

(恋心はjerryだよ浮気じゃないよ相手はトニーさんだよホンとありえないっつーの!・・言い訳?弁解?心の叫び?懺悔?  )

三谷さんの本は新聞に連載されてるやつかしら?愛犬トビが可愛いです。

Posted by: 0325 | January 10, 2006 at 01:04

>あすかちゃん
そうなのそうなの、私も見えない時の二人が好き。しっとりしてて、あたたかくて、なんか雰囲気いいんだよね。相手を愛おしくてたまらない感じが伝わってくる。「我愛你」とか全然言ってないのにね。

物に★のシールを貼るのはあすかちゃんの言うように「目印」だと思う。自分の物と他の人の物との区別する意味もあるし、スイッチの場所も、シャンプーとリンスの区別も。で、目印の解釈だとトニーさんが★シールを自分の頰に貼って触らせるのは「ここにいるのは他の人じゃなくて僕だよ」ってことになるよね。あすかちゃんのコメントを読んだとき、この映画のトニーさんならそっちだろうなと思ったわ。「君のだよ」はちょっと表現として強すぎるなと思ったの。でもねでもね見直してみたら、あのシーンでトニーさんは「This star is yours forever」って言ってました。きゃー私が思ったのよりも強いじゃないの〜〜〜。好きっ。

>0325さん
私はアジアな映画の初心者なんだけど、あすかちゃんはトニーさん迷なので詳しいよ。

>恋心ではなくアーティストとして尊敬みたいな気持ち、、

あ、私もそう。トニーさんは我的妄想世界にはまだ登場しておられません。映画を見て素敵だなと思いつつ、次はどんな役なんだろうなとわくわくさせてくれる人です。

>(恋心はjerryだよ浮気じゃないよ相手はトニーさんだよホンとありえないっつーの!・・言い訳?弁解?心の叫び?懺悔?  )

え?そこまで言い訳するとかえってあやしい(笑)。

>相手はトニーさんだよホンとありえないっつーの!

いや、そう言いながらも身近にトニーさんがいたら恋に堕ちてるかもしれないよ?

三谷さんの本は新聞連載のものです。写真をクリックするとその本を紹介しているところに飛びます。「とびはよく人からかわいいと褒められる」みたいな話も載ってたよ。

Posted by: | January 10, 2006 at 22:22

「This star is yours forever」
そんなこと言っておられたですか。もう字幕も目に入らず見てるのだな、私。だって、星シール貼って、ミリアムがその頬を触って・・・のシーンすんごいいいんだもん。
実は今年2回目の夢はなんと!トニーくんが出てきました(初夢は仕事してた(T_T))。私がいる学校(でも風景はお寺)になんか催し物のゲストとしてやってくるのです。んで、私が「すごくファンなんです。サインしてもらっていいですか?」と片言の普通話で聞くと「もちろんいいよ」と言ってくれたの。めっちゃいい人だ~~!!と感動。ああいい夢だった。(*^_^*)

なんてこと言ってたら、ぎゃー!kenちゃん本が今やってきたー!台湾の本屋さん、ブツが来るまで怪しいなんて言ってごめん!お荷物追跡サービスまであって素晴らしかったですわ。
あっ!帯にkenちゃんが「一緒にごはん作ろ!」ですってよ、奥様!!それではこれから中身を見させていただきます~。

Posted by: あすか | January 11, 2006 at 19:14

「This star is yours forever」、見直したんだけど、二回見てもやっぱりうっとりしちゃったよ。ああ恋がした岩(←「恋がしたいわ」と打ったらこう変換したよ、とほほ)。

「サインしてもらっていいですか?」「もちろんいいよ」
トニーさんならほんとにそう言ってくれそうだよね。夢でもかなりうらやましいよ。

で、で、来たの〜?Kenちゃん本来たの?…っていうか台湾の本屋さんから買ってたのね、あいかわらずすごいわ、あすかちゃんってば。
「一緒にごはん作ろ!」ですって?作るわっ。待ってて、今、手を洗って来るっ。
はあはあ…。な、なに作る?なんでも言って!ウニでもカニでも買ってくるわ!
あすかちゃん、中身の感想待ってます。うちなんかね、今日やっと「サイン本のお金を振り込め」メールが来たところよ。

Posted by: | January 11, 2006 at 22:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/8079794

Listed below are links to weblogs that reference 地下鐵(2):

« 「スカイ・オブ・ラブ」 | Main | メールバトン »