« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 30, 2006

「スター・ランナー」

p1002995178あらすじに触れてますのでご注意を。「スター・ランナー」を見ました。この頃孝天に大きく傾いていた私ですが、やっぱりいい、ヴァネはいい。出て来た瞬間から愛らしいのです。トレーニングするヴァネが映ったとき、私小さく叫んでおりました。「きゃっ★」。冷めたかなと思った愛が一瞬で復活。鍛え上げた、でもいかつくない美しい体が画面で躍ってます。なんてきれいなんだこの人は。白くてなめらかな肌とぷっくりしたかわいい唇。なんていうのか、あれですね、幼稚園くらいの子供の美しさに似ている。すこやかであどけない美しさ。

そのあどけないヴァネが体張ってます。殴られ、蹴られ、ぶっ叩かれ、鼻血を出し、雨に打たれ。ヴァネがひどい目に合う度に、うううと拳を握りしめてしまいます。ヴァネが雨に打たれるところなんかね、もうお母さん心配で心配で。タオル持って走って行きたくてたまらなくなったわ〜。20代半ばなのになんてあどけないんだヴァネ。いつの間にか私を母の気持ちにさせる男ヴァネ。

で、私がこの映画で泣いちゃったのは(←泣いたのかよ!)ケンカしたみたいに別れたボンドのジムの仲間達が、コーチと二人で練習してる浜辺に現れるところ。コーチは体を壊しててぼろぼろなので、彼らがボンドの相手役を買って出てくれるんですね。たとえ行き違いがあったとしても友達はずっと友達だし、自分の限界に挑戦する人には誰もが優しい。

そう、この映画って「人間っていいな、あたたかいもんだな」と肯定的に描かれてる気がします。みんないい奴なのよ。恋のライバル(?)だった教授さえ、闘うボンドに声援を送る。そして格闘する相手も。闘いながらもお互いがお互いを「すごい奴だ」と敬愛し合ってる。清々しいです。

ただひとつすっきりしなかったのは、あれですね、最終戦。リングに倒れたボンドに駆け寄った先生が、カウントを始めたレフェリーを遮って言う「彼にもう一度チャンスを与えてあげて」。あんなことをしなくてもボンドは立ち上がるし、もしも立ち上がれないならそれもいいんです。勝負はそういうものだし、そんな厳しい世界にいるからこそ闘う男達は美しい。試合の後の、留学だの不倫彼と別れただのも要らない気がします。

あ、かわいくてきれいなだけじゃなくて格闘シーンもすばらしいの。筋肉モリモリのアクション俳優さん達に混じっても決してひけをとらないヴァネの体と動き。普段はダンスや歌や演技をしている人が、これほどやってくれるなんて。語らない、見せない努力をどれほど重ねてきたんだろう。静かにやり通して鮮やかに結果を見せてくれるヴァネ、やっぱりあなたはすごい。またヴァネに惚れ直してしまった映画なのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 29, 2006

三枚の写真から

060115zxt2U1358P28T3D951239F329DT20060106095402U1512P28T3D937445F326DT20051222101321

お料理本の発売とそれに伴うイベントで露出の増えた孝天。が、がですね、なーんか気になるのがそのお洋服。

グレー、紺、茶と色は地味ですが、なんかなんか妙に主張があるっていうか…。リュックの肩紐を思わせる赤いラインが入ってたり、髭面の男が着るにはかわいらしすぎる犬のワンポイントがどーんだったり、前身頃と後ろ身頃と袖の色を変えて冒険してみたり。

……孝天、恋人できたの?その彼女、もしかしてものすごく若い子か、若く見える子?二人並んだときに釣り合いがとれるような洋服着たらこうなっちゃった?

女性はつきあう相手によってがらりと雰囲気が変わっちゃったりしますが、男性の場合はどうなんだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 28, 2006

パスポート更新

さて、旅行準備。っていっても香港に何度も行ってるあすかちゃんにおんぶにだっこ、今のところ私がしたのはパスポートの更新くらい。

飛行機を予約するときにあすかちゃんに私の姓の綴りを訊かれたので、パスポートを見たら、うっ。期限切れはわかってましたが、まだ旧姓のままでした。そしてそして写真がひどい。坊ちゃん刈りのような奇妙な髪型とぬぼーっとした顔、まるで「のび太くん」のような女がそこにいました。くらくらっとしました。ま、しかし、どうせ更新するんだからいいのよ、いいのよと自分をなだめる。

で、夫に姓の綴りを確認(←結婚して変わった今の姓はローマ字表記だと何種類か書き方があるので)。あすかちゃんにメールで返事をして、私はパスポートの更新に行ってきました。

カメラ屋さんで写真を撮ってもらったら、わあああ。孝天のことをクマと言ってる間に私は「ドラえもん」になっていました。貫禄がついて、しかも老けてます。こ、これが私?この写真でパスポートを?こんな老けたドラえもんで?

……申請しましたよ、うん。撮り直すお金ももったいなかったもん。この騒ぎが終わったら、きちんとした生活をしよう、ちゃんと寝て頑張って痩せようと強く思いました。

で、パスポートセンターに行ったらまたショックな出来事が。実は姓の綴り、私が思ってたものじゃなかったのです。例えば「伊藤」さんなら「Itoh」と書いても普通は問題ないと思うんですが、パスポートの表記だと「Ito」となるんだそうで。私の姓も書き直していいかと確認されました。

ど、どうすんだよーーー。

飛行機をこの名前で取ってもらってるのです、これを変更するとキャンセル扱いになるのでは?キャンセル料金が発生?またビンボーに?っていうかもう一回飛行機を取り直してもらって席がなかったらどうするのよー。

すごく困ってたら係の人が書類を出してくれました。たぶん「パスポートセンターは書き直しを勧めたけどこの人はこの表記でいいと言いました、後で問題があってもセンターは責任持ちませーん」っていうことだと思う。その書類にサインして私が申請したそのままの表記にしてもらうことにしました。でも、これはこれで夫(←正式な表記で申請している)と姓が違うことになり、彼と一緒に旅行するときにややこしくなるらしい。ま、それはそのとき考えましょう。

というわけで、パスポートを更新するだけで、ドラえもんな自分の写真に怯え、表記のごたごたで顔から血の気が引き、疲れました、自分の気の小ささを実感しました。こんな私に、香港はとっても遠いです……。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 27, 2006

ごぶさたしてます

ごぶさたしてます。何かあるごとに休み、そしてまた戻ってくる私ですが、今回のお休みの理由は、えーと、香港コンサでした。

F4を好きになった頃から「いつかは香港でコンサートを」と思ってましたが、いざそうなってみると、うーん。嬉しい気持ちよりも不安の方が強くなったのです。

職場の休みがはっきりしない、お金もない、いやそれよりなによりチケットは取れるのか、何を準備して何をやっておかなければならないのか、今できる最善のことは何なのか、考えすぎてパニックに。何をやってても頭の片隅に香港コンサがありました。夜中に何度も目が覚めました。おお小心者。

あ、でもでも、あっち行ったらCDを物色しようとか、冷たいのとあったかいのと両方並べて牛乳プリン食べ比べたいわとか、本屋行って絵本買うぞとか、スーパー行って面白いもの探すぞ、ああ楽しみ〜と思う図太い自分も確かにいたのです。人間って複雑だわ。

ある日は暗ーく落ち込み、そして次の日は反動で気がばーんと大きくなっちゃったりして、心が揺れておりました。舞い上がって落ち込んで、ちょっと自分は普通の状態じゃないなと思いました(←今もそうです)。

後ろ向きな気持ちになってるとblogでも悩む。ちょっと前に「地下鐵」っていう映画を見たんですが、この感想を書いたりコメントにお返事書いたりするとき、すごく楽しくて。思ったことを全部書けたし、頂いたコメントを読んだり、読んでお返事を考えたりしてるときに、すごい充実感が。

で、考えてしまったのです、私はblogで何がしたいんだろう、共感してほしいのか、笑ってほしいのか、お友達を作りたいのか、見た映画や何かをびっちり記録していきたいのか。強制されたわけではなくて自分が楽しくてやってるblogでそんなこと悩むなよと思いますが、気になり始めると止まりません。休んでみて、また書きたくなったからこれでいいんだろうな〜と思って書いてますが。

最後になりましたが、休んでる間も遊びにきて下さった方、メールで近況を尋ねて下さった方、ありがとうございました。自分のことを気にかけてくれる人がいるんだなと思うと、落ち込んでるときも心がぽっとなりました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

January 16, 2006

生日快楽

060115zxt2
お誕生日おめでとう。あなたが大好きです。何かで落ち込んで自分が小さく思えるとき、私はあなたの笑顔を思い浮かべます。「情人」であなたが見せた笑顔を。包み込むような、何もかも許してくれそうなあの表情を。そうするとなんだか少し楽になる。こんなふうに笑える人に私もなりたいと思うのです。

遊びに来て下さってありがとう。しばらくお休み致します。たぶんすぐに帰って来るとは思いますが、みなさまお元気で。おやすみなさい。

| | Comments (0)

January 12, 2006

きょうのできごと

☆郵便局で孝天料理本の振込。「F4ever」、見る人が見れば「F4のファンクラブ」ってわかるだろうなあ。で、F4をたぶん知らんであろう窓口の年配の女性に「お願いします」って持って行ったら、隣の若いお姉さんに伝票を回されてしまいました。わわわ。

☆夫が「頭文字D」のアニメを借りて来ました。走り屋のお話です。「峠を攻める」「ハチロク」「ドリフト」……私のボキャブラリーにない用語が飛び交ってます。あ、一つだけ私も使う単語がありました。「下り最速」。「で、どこのプロバイダ?」って思ってしまいますが。

☆yesasiaに頼んだリーホン新譜がまだ届きません。出荷したよっていうメールは去年届いてるのに。リーホン、もしかして道に迷ってるの?それとも一緒に頼んだJayとどこかで道草を食っているのでしょうか。

☆孝天の台北サイン会に行けないもんだから、せめて本でも読んで旅行気分に浸ろうと思ったら、中の小さな小さなイラスト(←1センチ×2センチくらいの、それもラフにさらさらっと描いてある)「牡蠣入りオムレツ」におなかが鳴り、ものすごーく切なくなってしまいました。バカ〜。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 11, 2006

もしも

孝天先生、お料理本のPRのため、最近お出ましが多いです。で、でもね、このお写真ってあれに見えません?


U1039P28T3D956011F329DT20060111102030

「駅弁いかがっすか〜」


こんな売り子さんがいたら、いたらね、私、恥ずかしくてお弁当買えません。

「あ、すみません、お弁当ひと…」


U1039P28T3D956011F328DT20060111102030

「にこっ」


……ぽっ。

「……お、お茶ひとつ」



U1039P28T3D956011F326DT20060111102030

「謝謝〜(きらっ☆)」


あ……。

は、鼻血が……。

「ごめんなさい、また来ますっ!」

……というわけで、孝天のお弁当屋さんはお客が多い割に売り上げは芳しくないのでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 10, 2006

メールバトン

yossyさん&yaoyaoさんからメールバトンを頂きました。携帯メールはほとんどしないので、パソコンのメールとして答えてます。

1.一日のメールの回数は?

朝読んで、夜にお返事することが多いです。二回。

2.一日何人とメールする?

しない日もあるし、多い時でも三人くらい。友達少ないのさ〜。

3.主にメールする相手は?

あすかちゃんと職場の先輩Iさん。

4.短文派?長文派?

いいドラマ見たり、面白い本読んだりして、語りたいことがあるときはめちゃくちゃ長いです。

5.主にメールする時間は?

夜です。それと休みの日。

6.顔文字は乱用する方?

しません。あまり知らないので。

7.好きな人からのメールは読み返してしまうほう?

何度も。

8.相手からメールが返って来ない場合、再度自分から送る方?

送りません。

9.このバトンを5人に

ははは〜。誰か友達になって下さい。私が受けてあげようという優しい方がおられましたら、ぜひご連絡を。…っていうわけで、バトンここで止まっちゃいそうです。ごめんなさい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 09, 2006

地下鐵(2)

l_p1003070964
「地下鐵」の後半を見ました。前半の感想はこちらに。あらすじに触れてますので、これからご覧になる方はご注意を。

突然目が見えなくなってしまった旭明(トニー・レオン)は心を閉ざすが、海約(ミリアム・ヨン)は彼を外に連れ出す。見えない二人は音楽を聴いたり、街の音に耳をすましたりのデートを繰り返し、次第に心を通わせて行く。

そっと手をつないだり、優しく肩にもたれかかったり、お互いの唇をさぐりあててキスしたり。そんなことがものすごく幸せそうに描かれてます。見えないからこそ共有できる、静かで豊かな世界。なんかねえ、もうねえ、この二人が作る時間がたまらなくかわいらしいの。くーーーって感じなの。

が、いたずらな天使は旭明に再び視力を与えます。旭明は自分に視力が戻ったことを海約に言い出せない。でも海約は彼の変化に気付いてしまう。気まずくなる二人。見えない間に育まれた愛は消えてしまうのか…。

仲直りするために彼が選んだ方法は、広場で目を閉じて彼女を探し出すこと。でも、その場所は新年のカウントダウンのために混み合っていて、彼は人にぶつかったり、遮られたりしてなかなか彼女に辿り着けません。そんなとき彼女が彼にだけわかる合図を送ります。かち、かち、と。彼女がしている盲人用の腕時計のガラスの蓋を開け閉めするかすかな音。そう、彼女は心の中ではとっくに彼を許しているんです。もうこれだけでじーんとしてうるっとしますが、ここからがすごい。

かつて二人が「誰かに間違われないために自分の持ち物に貼っておこうね」と、たくさん用意していた星形のシールを、彼は自分の頬に貼って彼女に触らせるのです。君のだよ、と。わ、なんて素敵なラブシーンなんでしょう。す、す、好きっ。こんなかわいらしいことをさらっとしてのけちゃう人ってすごく好き。見終わった後、ほんのり優しい気持ちになりました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 08, 2006

「スカイ・オブ・ラブ」

l_p1004089326
わ、たった三年前の映画なのに孝天が少年〜。育ったわね孝天、三年でこんなに…。まるで時間があなたにだけ倍速で流れているみたい。そう、これは若い日の孝天をフィルムに焼き付けた貴重な記録映画でもあるのです(笑)。あらすじに触れておりますのでご注意を。

女子大生のシャオジャー(ジジ・リョン)は成り行きでアマチュア無線を始めることに。ある夜、同じ大学の学生だというジャーフェイ(ケン・チュウ)と交信し、本を貸してもらう約束をするが、待ち合わせ場所に彼は来ない。雨の中でずぶ濡れになりながら待ったというジャーフェイと、雨どころか埃だらけで待ち続けた彼女。なんと二人は過去と未来、20年もの時を隔てて交信し合っていたのだった。

あら、ジジと孝天のラブストーリーではなかったのね。それぞれ恋人のいる二人が無線でお互いの恋や未来について語り合いながら友情を育てて行く話でした。ジャーフェイはあやや似の彼女(←役名忘れた)とケンカして険悪。彼女が煙草を吸うのが気に入らないの。隠れてタバコを吸う彼女を見つけた時の冷たい顔と迫力は、外泊した娘を玄関で待つ父親のようです。おっかないです(←でもそんな彼に怒られたくもあるMな私)。

「君とは打ち解けて話せるのに彼女とはケンカをしてしまう」とシャオジャーに打ち明けるジャーフェイ。かわいいかわいいかわいい。粋で遊び慣れた西門さんや誠実で包容力のあるバオロンとは違う、発展途上な感じがなんともかわいい。彼女に対して怒ってばかり、要求してばかりなの。そうかと思ったら街で彼女といい雰囲気になって、あはは〜と楽しげに走り出しちゃったりもする。子供っぽくて冷たくて、そんな自分を持て余している様子がいかにも10代。茶色のブルゾン着てバッグを斜めがけした孝天はとても若く幼く見えて、まるで豆柴か子鹿。思わず頬ずりしたくなるかわいさです。

そう、とにかくこの映画、かわいいんです。酔った彼女にベッドを譲り自分はソファで寝るシーン(←長い脚を折り曲げて小さくなって寝る様子が激ツボ)とか、赤い布団にくるまって姫だるまになってるところとか。落ち着いてる、しっかりしてると言われる孝天がこの映画では年相応に見える。実生活では実年齢以上に人生経験積んじゃってて、そのせいで大人の魅力を醸し出している孝天が、この映画では普通の青年として違う人生を生きてます。フィルムの中でだけでものんびりと学生生活を過ごしている孝天を見てると、なんだか切なくなっちゃうんですよね。

ただ、ラストが、うーん。いずれそうなることがわかっていたとしても、どうしようもないとしても、じたばたみっともなくあがいてしまうのが人間だと思う。ジジは自分が身を引くことで孝天の生活を守ったとも言えるんだけど、彼女が何もかも諦めてしまうのが納得できず、また最後の後ろ姿もかわいそうで。私なら、あの恋はうまくいかなかったけどその後ジジは乗り越えて別の道を見つけて幸せになっていて、孝天に人生の先輩として胸を張って会えるような終わり方にする。二人は会った瞬間にお互いのことがわかって、走って行って手を取り合うの。夢のように始まった映画は夢のように終わってほしい。そんなふうに思いました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

January 06, 2006

目の正月

U1358P28T3D951239F358DT20060106095402
は、吐きそう。美しすぎて、好きすぎて、吐きそう。写真一枚で秒殺。ほとんど肌も見せてないのにこの色気。エプロンしたクマ、料理するヒゲ、お顔丸い、首もない、なのにこんなに男前なのは何故〜。

うぇっぷ。ああ胃が、胃が気持ち悪い。迷の消化器官の不具合まで誘因するフェロモン。ダメです、体に悪いです、もはや兵器。伏し目がち、前髪ぱらり、筋とヒゲ。神様ありがとう、私の大好物を四つも揃えてくれてありがとう。この本が、この本が、もうすぐ見れるのね。ありがとう。目の正月よ、カーニバルよ、フェスティバルよ、祭りよーーー。

働くわ、私、もっと働く。働いてあなたに貢ぐわ、待ってて孝天(←ええ、今年からKenちゃん改め孝天にさせて頂くわっ)、HMVに行って保留にしてた「康煕来了」もポチってくるわ。あうー、今年もしょっぱなからビンボーよ。でもどうしましょう、私、今すっごく幸せなのよおおお。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

January 04, 2006

「八月のクリスマス」

l_p1003963662
前に見た「イルマーレ」がよかったので、同じ監督の「八月のクリスマス」を見てみました。あらすじに触れてますのでご注意を。

写真屋の店主ジョンウォンは温厚な青年。ある日お客さんとしてやってきた気の強い女性・タリムと知り合う。いつも不機嫌そうなタリムだったが、ジョンウォンの優しさに接するうちにだんだん心を開くように。しかし、彼には彼女に打ち明けられない秘密があった。

間近に迫った自分の死を受け入れつつ、穏やかな笑顔で過ごす青年の短い恋。ラブシーンも愛の告白もなく、静かに淡々と話が進んで行きます。哀しいんだけど温かくて、地味なんだけどきらきら光る美しさがあふれてます。

何もかも悟ったように見えるジョンウォンも心の中では葛藤していて、雨の夜やお酒に酔った日は心細く頼りない気分になってしまうし、いよいよ死が間近に迫ってからは家族の前で苛立ちを見せたりもする。その「揺れ」が人間らしくて胸にぐっと来ます。

タリムと駆けっこして負けてしまう場面では、健康な彼女とそうでないジョンウォンの対比が切ない。彼女にはまだたくさんの時間があって、自分にはそれがない。だから何も打ち明けずに、手紙も出さずに消えることを選んだ彼。「愛はやがて思い出に変わる」と思っていた彼が「君だけは思い出ではありません」と語るモノローグに泣きました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

my song

pvcm4023
日帰りで帰省。お盆に借りたレスリー様セットをあかりちゃんにお返したら、また新たな布教グッズがうちにやって来ました。あ、あんなにお借りしたのに、まだこんなに持ってたのね。マヤ、恐ろしい子…。

わ、きゃっ、レスリー様の歌う「明星」も「月亮代表我的心」も入ってる〜。聴きたかったの、入れたかったのよiPodに。あっチャウ・シンチーとレスリー様が兄弟役で共演する映画もあるわ。あら解説文がステキよ、「おかまっぽい次男ソウ(レスリー・チャン)、そしてラジオの人気DJでプレイボーイの三男のフン(チャウ・シンチー)」だって。スゴいスゴい。濃いわ。最高よ。

でも一番驚いたのは、お借りしたレスリー様の経典の中に「妄想」って曲が入ってたことね。ジャケットを見て笑い崩れたわ。まるで私のためにあるような曲ね。あかりちゃんありがとう、私、歌えるようになるまで練習するわ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 01, 2006

祝你生日快楽〜♪

p1002794651
あけましておめでとうございます。今年はF4の香港コンサやCD発売、それに伴うイベントなどで忙しい年になりそうですね。体を鍛えてお金を貯めて布教して、ああ、することがたくさん…。今年もどうぞよろしくお願いします。

で、今日はジェリー君の誕生日。生日快楽〜。年末、換気扇や冷蔵庫をちょっとだけ掃除したのですが、そのときにすごーく思いました、ああここにジェリー君がいてくれたらなあと。背が高いから踏み台に乗らずとも換気扇の掃除なんか楽勝だし、「母さんは休んでていいよ。俺が掃除するから」って優しい笑顔で言ってくれそうだ。ああ、あなたの母になりたいよ私は。

F4はみんな背が高いけど、Kenちゃんだと汚れた換気扇見て「こんなになるまで放っておくな!」と説教しそうだし、仔仔だと「僕は冷蔵庫の中のお菓子を掃除してあげるよ☆」になりそう。ヴァネはきっとにこにこ笑顔でつきあってくれると思うのですが、綺麗好きの彼にうちの換気扇はものすごーくストレスを与えてしまいそう。うん、やっぱりジェリー君だな。汚れてても「母さんが僕のためにこんなに料理を作ってくれたんだ」と喜んで掃除してくれそうな気がするのよ(←既に母さんの心境)。

あ、BSが見られる環境の方、明日はジェリー君の好きな映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を放送してます(1月2日(月) 12:00〜14:35 BSフジ)。チェックしてみてはいかがでしょうか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »