« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

February 27, 2006

これが聴きたい

p1001808595F4が香港コンサでレスリー様の曲を歌うそうなのです。
ヴァネは「Monica」「Stand Up」「側面」
仔仔は「為妳鍾情」
ジェリー君は「風繼續吹」
Kenちゃんは「左右手」

早速香港コンサ予習プレイリストを作りました。作りましたが、うーん。私の思うF4のイメージとこの選曲はちょっと違います。私なら私なら…。

ヴァネは「I Honestly Love You」。とても優しくきれいに歌ってくれると思う。あ、「紅」でスローに悩ましげに踊るのも見たいなあ。いや、ヴァネの「大熱」も捨てがたい。絶対カッコいいですよ、うん。

仔仔は「没有煙總有花」「紅顏白髮」。しっとりと歌い上げる曲を仔仔の声で聴いてみたい。

ジェリー君はソロアルバムの「記憶[才才才]圖」がとてもかわいらしくて好きなので「ラヴ・ライク・マジック」。これをあの笑顔で歌われたらきゅーんとしちゃうと思います。

Kenちゃんは「Boulevard Of Broken Dreams」。思い切り怠惰にセクシーに。見たい見たい見たい〜。「追」のたたみかけるような歌い方もKenちゃんの声に合いそう。ああ聴きたい聴きたい聴きたい〜。

ついこの間レスリー様の「張國榮熱.情演唱會カラオケ」をyesasiaで注文したところだったので、F4がレスリー様を歌うというニュースに小躍りしてしまいました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 26, 2006

「白夜行」考

p1001839078「白夜行」を見ました。ああ、もう、山田孝之の役がいい!!自分の身を投げ出して好きな女の子を庇い通し、彼女の幸せのためならば自分の手を罪で染めることも厭わない、切なくて苦しくて哀しくて……で、すごく美しいのよね。無精髭でやさぐれていてもそれはそれで男臭く、んで白いシャツを着れば優しさが漂うのです。何着ても似合うわね山田君。

いや着てなくても似合う。銭湯で裸のシーンなんかうひゃ〜と親父な気持ちになってしまいました。あのシーン、わざわざ銭湯で撮る必然性はあったのか?いいんです、TBSよ、ありがとう。

で、で、山田孝之ってときどきKenちゃんに見えませんか?似てますよね、顔かたちは同じ系統。ヘアスタイルも気のせいか似ている。すみません、私の中ではすっかりイコールです。山田君を見ながらKenちゃんを見ている。見えます見えます山田君の後ろにKenちゃんが見えます。透視&妄想のフィルターで自分の思うままにドラマを再生。うう、もうテレビなんか要らんくらいです。で、じーんとしたり、きゅーんとしたり、くーーーと唸ったり。

もしもこのドラマを台湾で作るならば、この役はKenちゃんに。うおお、やっぱりダメだ、Kenちゃんが人を殺してでも守り通そうとする運命の相手なんか見たくないし想像したくもない。くー。というわけで、一人で企画を立てて一人でボツにするというKenちゃんドラマ会議が私の頭の中で日々行われています。ええ、妄想も末期です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 24, 2006

FLIX ASIA

今年のKenちゃんは何かが違う。だってだってまだ二月なのに、今年が始まって二ヶ月たってないのに、こーんなにたくさんの露出が。うっ、嬉しい。お料理本のエプロンでめろめろ、胸はだけで鼻血、そして今度は「FLIX ASIA」の表紙でとろけさせられました。あーん、幸せだ〜。

そう「FLIX ASIA」です。わーん、創刊号でKenちゃんが表紙なんて、なんて勇気ある決断するんだ出版社よ(←おい)。でもその決断は正しい。日本中の孝天迷がこぞって買うに違いありません。ゴキゲンな猫のような、咽を鳴らすゴロゴロいう音が聞こえるような、心許せる人にしか見せないような、Kenちゃんの一瞬のきらめきを表紙にしてくれてありがとう。Kenちゃんのこんな表情ってめったにお目にかかれない気がします。

んで、中身もすっごい。ページを開いたとたんに「きゃあああ」と叫んでしまったです。やーん、7ページの「鬼太郎」!8ページの「カメラは困ります」!10ページの「夜王」!ありがとうありがとうありがとう。

カメラマンは「F4@tokyo」の木村さん。彼に会ったとたんにKenちゃんの顔が輝き、駆け寄って背中をぱんぱん叩いて肩を抱いたそうな。猫好きバイク好きで意気投合した木村さんとまたお仕事ができてよかったね、Kenちゃん。

インタビューもいい。「チャンスがあったらぜひ(日本に)行きたいけど、それも縁だから」。決まってないことを言って期待させるのが申し訳ないけど、できる限りの誠実さで答えてる。その「縁」っていうの、私もよく使う言葉なので、ああ同じなんだなあと嬉しかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 23, 2006

インタビュー

今日の「C-POP」はスゴかった。Kenちゃんの大阪でのロングインタビューがスゴかった。だってだってホテルの部屋に入って来て「おはよございまーす」ってちょっと訛り入った日本語で挨拶して歩きながらおじぎしてソファに座るのよ〜。かわいいかわいいかわいい。リピートリピート10回リピート。

んでね、座り方がまたいいのよ。あぐらかいたみたいに右足は曲げて、左足はその上に乗せてるんだけど、その膝の位置の高いこと高いこと。脚をゆるーく組んだその姿のサマになってることといったらあなた。で、片手はソファの背に回してるの。きゃっ、不良!あっ、空いた片手を鼻に持って来た、顔を斜めに向けてる。クールよクールよセクシーよ!!

すみません、見てない人にはなんだかわからないと思いますが、とにかくかわいく入って来てセクシーに腰かけるの。わーん、まだインタビューに入ってないのにこんな長文になっちゃったよ。

日本でのF4ブームについて尋ねられて「そういうのは一切気にしないよ」って顔をしかめながら答えてます。まるで自分に言い聞かせるみたいに、言いながら「うんうん」って小さく頷いてるの。

「格好いいですね」って言われると、「20数年間この姿を自分で見て来たからもうなんとも思わないよ」って笑いながら答えるんだけど、なんかこのとき身振り手振りが大きくなって落ち着きがなくなったみたいに見える。よそ見もするし。……Kenちゃん、ちょっと照れたのか?

そしてその後「つきあいにくい性格だからモテなかった」と白状し、インタビュアーが「見えないバリアを張ってるみたいな?」と問いかけると目を伏せて「幼い頃から自立してたからね」って下を向いてしまう。

インタビューを見て「自分はそれほどカッコいいわけじゃない」「自分がラッキーな存在であることを忘れちゃいけない」、Kenちゃんはずーっと自分を戒めているみたいな感じを受けました。そんなに窮屈に考えなくてもいいのに…と思ったり、そんなKenちゃんだから好きなんだなあと思ったり。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 19, 2006

わわわ〜

U996P28T3D990279F358DT20060219112032わ、予想大ハズレでした、F4香港コンサ記者会見。ジェリー君は首に何も巻かず、ヴァネは胸も鎖骨も見せず。

で、で、Kenちゃん史上に残る大事件が。はだけてます。はだけまくってます。二月なのに胸元はハワイ。なんですか?何があったんですか?ジムで体が引き締まったから見せたかったんですか?ヴァネと衣装間違えてませんか?

な、なんか眩しすぎて見ていられません。普通にしててもフェロモン漂わせてるのに、わざわざ胸元開けて見せて下さるなんてもったいない。スーパーでわさびのチューブを手に物思いにふけるだけでも色っぽい人なのに、いきなりのセクシーショットなんてスゴすぎます。目がくらむわ。し、しまって、早くしまって。おなか壊すわよ。いいからしまうのよーーー。

先生、腹が出ても胸が出てもそれなりにときめいてしまいます。この先私はどうすればいいんでしょうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

腕まくり

r_g0000001518_0_03今日はF4の香港コンサ記者会見。何言ったのか、どんな服着てたのか、ご機嫌だったのか、気になってたまりません。

えーと、私の予想。ジェリー君は首になんか巻いている、ヴァネは胸元をばーん、Kenちゃんは長袖を折り返してる。

仔仔は予想がつきません、普段はジャージなのに香港の空港到着時には皮ジャン着てた仔仔。去年はピンクのすごい服着て日本の空港で目撃されているのに、うーん、一年の間にいろいろあったのね…。

あ、Kenちゃんの長袖折り返しですが、最近思うようになりました、これってKenちゃん流のおしゃれなのかも。ほらヴァネが胸元開けてるみたいに、自分の体の自信のある部分(←Kenちゃんの場合は美しい腕ですね)を最も美しく見える形で公開しようとしてあえてああしているのではないかと。

私の見るKenちゃんの写真の七割は腕をまくってます。シャツの場合は折り返し、トレーナーやなんかだとぐいっとたくしあげている。Kenちゃんの私服って袖がびろんびろんに伸びきってるんじゃないかと思います。あ、でも「C−POP」でF4展の展示物を見ながら「この服今も着てる」って言ってたし、案外物持ちいいのかな。

腕まくりだけで私の妄想を刺激しまくる男、Kenちゃん。ああ、早く会見の画像が見たいわ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 16, 2006

無愛想

kenforeverに香港入りしたKenちゃんの動画が上がってます。わー、すごいよ、すごい。今度のKenちゃん、顎がある!!

…美の基準をだんだん他の明星とはかけ離れたところに築きつつあるKenちゃん。ステキです。もはや迷は何を見ても驚きません。出て来てくれるだけで嬉しい、なんかもう正月の初日の出を見るようなありがたーい気持ちに。違う違う、何かが間違っている…。

さて、香港空港入り動画、ものすごい無愛想ですKenちゃん。にこりともしない。グレーのパーカーに黒いTシャツという地味な服装、大きなサングラスが顔を半分隠してるのも手伝ってなんだか不気味な人になってます。

それにしても彼を追うカメラの多さにはびっくり。周りの人がみんな自分を映してるってどんな気持ちなんだろう。でもそのカメラのおかげで私も彼を見られるんだけど…。こうして撮影されながら移動している彼を見ると、スターでいること、常に注目され続けることは大変しんどくて窮屈なことに違いありません。

で、無愛想に空港内を歩き、さあ車に乗り込もうとするとき迷達が「バイバーイ」と声をかけると、無言で片手を上げ、ひらひらっと指を動かして「お手振り」するの。あああああ。この、この一瞬が、一見無愛想なふてぶてしい人が少しだけ見せてくれる優しさが、甘いしぐさが、わーん、たまりません。Kenちゃんあなたのそういうところが好き。好きなのよーーー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 15, 2006

香港チケット決まりました〜

l_p1002784724いろんな手配をしてくれたあすかちゃんと、早くから並んで下さった香港の業者さんに感謝。

F4を好きになった頃は彼らのコンサートを見に行くなんて夢のまた夢でした。華流が盛り上がって四人が集結したことと、しっかり者の迷友がいてくれることが本当にありがたくて嬉しいです。まだ決まらない方、きっとそわそわ落ち着かない状態だと思います。いいお知らせが届きますように。

「孝天花園」と「F4 Azul」の管理人のお二人が共同で「F4 Forever Four チケット専用掲示板」を作って下さってます。チケットのダブりで会場に空席ができることがないように、転売目的ではなく本当に欲しい方が適正な価格で入手できるようにと設けられた掲示板。うー、私なんかチケットが取れるかどうかしか頭になかったけど、こうして「空席が出来たらコンサが盛り下がる」とか考えていろいろ動ける方の姿勢が素晴らしいと思う。未入手の方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 09, 2006

うちだけ?

木曜日はF4の日。BS日テレでスーの番組が二つあるのです。昼は「ピーチガール」の再放送を、夜は「C−pop」を録画することにしてます。

で、「ピーチ」を楽しみに帰宅したら、かわいいヴァネが映っているはずの画面が「信号が受信できません」になってるではありませんか。一時間ずーっとそのまま。「悪天候やアンテナ設置に問題がある場合もあります」って、いや、あの、雪も雨も降ってません。ただ、ちょっとばかり風が強いだけ。くーーー。

夜になっても表示は変わらず。あああああ。「C−pop」も見れませんでした。ジェリー君のインタビューの続きは?メーガンの漢方薬は?音楽は誰のだったのかしら?う、うちだけですか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 08, 2006

「朱孝天的美味關係」

r_g0000001518_0_01来たよーーー。来た。「朱孝天的美味關係」。そう、Kenちゃんのお料理エッセイです。FCで頼んだサイン入り。あ、まだ届いてない方は読まない方が楽しいかもしれませんです。

表紙に黒マジックでさらさらっと書かれたサイン。くー。かすれ気味の筆跡が泣かせます。たくさんサインしたんだろうなあ。サインがなくても買うのに、わざわざこうやって書いてくれる気持ちが嬉しいよなあ。

「マネージャーが書いたんじゃないんか?」

くー、夫よ、あんたの心は汚れてるよ!!!

さて、おまけのカレンダーがすごい。表はもちろんだけど裏がまたすごいの。手元のアップなのよ〜。包丁を押さえた指のささくれも、親指の爪の白い半月も写ってます。働く人の手。懐かしいような愛おしいような。見たことがないのに見知った人の手のような慕わしい感じがする。そういえば小さい頃に私の頭を撫でてくれた父の手はこんなんだった。

中身もすばらしい。チューブ入りわさびの箱を手に取って優しい目で見つめるKenちゃんがきれいきれいきれい。わさびになりたい、なってこの手に乗りたい、この目で見つめられたい。チューブ入りわさびに嫉妬してしまうくらい、ほわ〜んとしたいい表情で見つめてるんです。スーパーにいるだけでこれほどのフェロモンを発する生命体…。怪物です。たとえKenちゃんが特撮番組に出ても天迷は誰も驚かないと思います。

このわさびはどこのメーカーのだろうと思い、ハウスとS&Bで検索してみたよ。リンクはしませんが、S&Bのサイトの「商品の情報」の「チューブタイプ」の「その他」の「おろし生わさび43g価格 120円」が写真のものに近いと思うんだけどどうでしょう、みなさん(←誰に言ってる?)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 06, 2006

孝天フェロモン

kenforeverで「朱孝天幸福和美味關係」を見ました。おいしい料理を紹介する番組。店の女性と話しながらごはんを食べる孝天、喋りながらときどき隣の女性の肩に手を置いたり、あはは〜と笑ったり。声が明るいし身振り手振りが大きいので、孝天自身、楽しみながらやってる仕事なのだなとわかります。わーい、こんな嬉しそうに喋る孝天を見るだけで幸せだ〜。

で、女性達の反応がまたいいのです。にこにこ笑っていろいろ質問してくる孝天に目を細め、嬉しそうに頷いたり、うふふと微笑んだり。目の前のきれいなお兄さんが、自分ちの料理をおいしく食べてくれることが嬉しく、お仕事でそうしてるんじゃなくてほんとに食べ物に興味を持ってる人間なんだなあとわかって心を開いてる感じがする。

ああ私も孝天に私の作った料理を食べてもらいたい〜。きっと彼の方がはるかに手早くて上手に作るだろうけど、んでもそうしたいわ。私は家事が下手だし、何をするのもめんどくさいダメ主婦ですが、そんな私でもこういう気持ちになっちゃうの。孝天のフェロモンには女性の「好きな人の世話を焼きたい、何かしてあげたい」気持ちに働きかける成分が含まれてると思います、それもすっごく大量に。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 02, 2006

迷路ゲームの佐藤麻衣

p1004034500BS日テレの「C-POP World華流Festa!」。日本人の女の子を集めて台湾でスターにしてしまおうという、台湾版の「浅ヤン」みたいなことをしてるのですが、これにデビュー前の佐藤麻衣が出てます。そう、孝天の恋人だった(のか今もそうなのか)彼女が。

麻衣を含む女の子達は台湾の街に放り出され、わずかなお金と地図を持たされて自力でテレビ局まで戻るというゲームをさせられます。今はぺらぺらでしょうが、当時はみんなカタコトの中国語しかできない赤ん坊状態。親切なおじさんの車に乗せてもらって一番に到着した子、自分が道を間違えたのにスタッフにキレる子、街角で歌ってお金を稼ぐ根性のある子…。わずかな時間でもそれぞれの個性が出るもんだなあと思いました。

で、佐藤麻衣はというと。バスに乗ったはいいが間違って反対方向に。んでも道に迷いながらもしっかり食べて遊んで普通に楽しく街歩きをしてビリに。……この子、図太いなあ。それに賢いわ、うん。

ほんとはこれ、ゲームの順位とかは関係ないですよね、オーディション番組だから観客に自分の魅力をアピールできた人が勝ち。他の子とは違ったことをして目立つとか、少しでも多くテレビに映るとかが重要。佐藤麻衣は道に迷いながらも「困ってる」オーラや「私をなんとかしてよ」の媚びや「必死です」の息苦しさを感じさせることなく、へらへら〜っと楽しそうにビリになっていて、芸能人に向いた人なのだなと思いました。

この彼女とつきあってたなんて孝天、なかなかたいした男だわ、うん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2006

「英雄 - Hero -」

p1002469477a 「英雄 - Hero -」を見ました。トニー・レオン、マギー・チャンの武侠映画。すばらしくカラフルで、いや、もう…。あらすじに触れてますのでご注意を。

うーんと昔の中国。秦の始皇帝はその強大な権力ゆえに刺客に命を狙われ続けていた。暗殺を防ぐために皇帝は自分への拝謁を百歩以上離れた場所からしか許可しないほどの用心ぶり。そこに名だたる三人の刺客を殺めたという剣士(ジェット・リー)が現れ、それまでの出来事を語り始めるのだった。

で、その名だたる三人の刺客のうちの一人がトニー・レオンなのですが、ト、トニーさん長髪似合わねえ…。あんまり強そうにも見えないし、崩れた感じのやーらしい役が全くエロくない。あーあ惜しい使い方してんなあ(←私って何様?)とくやしかったのですが、いいえ私が間違ってました、映画の中盤頃から、真の姿で現れたときから彼は突然輝きを放ち始めるのです。

実は天下を憂い、個人的な恨みを捨てて世のために命を投げ出そうとするヒーローだったトニーさん。そう、そうなのよ、こんなふうに誠実であたたかみと寂しさを兼ね備えたような役が、困った顔がすごくすごく似合うの〜。この人をもっと困らせてみたい〜と思っちゃうの。マギー・チャンに刺されて亡くなる姿のかわいらしいこと、儚いことったら。この映画で共演しているマギー・チャンやチャン・ツィイーよりも確実に乙女です。萌えます。

ああ既に映画の感想ではないな。うん、映画はとてつもなく派手でした。ワイヤーで宙に吊られ、この世のものとは思えないような妙技を繰り広げる剣士達も、ギャグ漫画のように降り注ぐ矢の雨も、その矢の雨を長い袖をひらひらさせながら跳ね返してしまう人間離れした二人も。ありえん〜、大袈裟すぎる、は、腹痛えと拍手しながら見てました。楽しかったです。あ、なんか暴言吐きまくりましたが、私はこの映画面白かったです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »