« ハグ | Main | 沙門空海 »

May 05, 2006

小さくともKenちゃん

L_p1003974983昨日の「c-pop」にはKenちゃんが登場。写真もたくさん出ました、タオル一枚かけただけの全裸(←赤ちゃんの頃のでしたが)やでっかいメガネをかけて今より老けてる少年時代、弟を膝に乗せてなんだか父性を感じさせる一枚も。

で、小学校高学年くらいと思われる写真に既にフェロモンの兆しが。笑ってるのにどこか寂しそうな、なんか心惹かれるような表情を浮かべているのです。こーんな小さいのにもう立派にKenちゃん。まさに栴檀は双葉より芳し。

昔は「台客」だったというKenちゃん。うーん、ネット辞書で引いたけどわかりませんでした「台客」。話の流れから「ヤンキー」のことなのかな。「ビーチサンダル、チェックの短パン、白のランニングに花柄シャツ」だったらしい。ぷっ、Kenちゃんの花柄シャツ…。前の香港コンサであーんなに似合わなかった花柄アロハですが、実生活で既に花柄経験済みだとは。うーん、奥深いオトコ。

聞き捨てならないことも言ってました、シンガポール時代の写真を見ながら司会者に「誰かとつきあってた?」と尋ねられて「1番目から10番目まで全部シンガポール」って。シンガ10年滞在で10人もの女性と。うーん、やっぱりな。「うどんをあーん」のときにそのまま口を持ってっちゃう慣れや、握手タイムに迷に腕を取られたときの落ち着いた対処の仕方。女性経験豊富だからこそ反射的に体が動くのでしょう。

Kenちゃんの過去に旅する「c-pop」。来週はKenちゃんの恋愛話が聞けるんだとか。写真だけでも濃かったのに、さらに妄想に火薬が投入されそうで怖いです。でも絶対見る。

|

« ハグ | Main | 沙門空海 »

Comments

そうそう、どんなにちっちゃくてもケンたん♪
天使のようなお顔で手のつけられない悪ガキだった幼少期も、
赤ちゃんだった弟を抱っこして嬉しそうに笑ってるお兄ちゃん顔も、
あのデッカイメガネで仏頂面の少年時代も、
みんなみんなケンたんだった♪
ベルトを二つ折りにしてお尻をぶたれた話を笑顔で話すケンたん、
可愛かったな~。
「ケガをさせたくなかっただけだよ」
とお母さんをかばうような発言もケンたん♪
どれもこれもケンたんで嬉しかった☆
来週は「2年間泣き続けるほど想ってた恋人のお話」なのよね??
花花公子のイメージのケンたんが、
実は一途な人だったのよ~って話よね??
実に興味深いわ。 早く見たい、聞きたい!!
また「ジェニファー」のお話、出るかな~??

Posted by: yaoyao | May 06, 2006 at 01:22

うん、ちっちゃいKenちゃんも、ちょっと大きくなって気難しそうなKenちゃんも、探せばどこかに今の面影が。
好きな人の子供の頃の写真見るときゅんとするよね。で、自分がそこにいないのがものすごい切なくなったりする。
台客やシンガの鞭打ち刑の話をするときのいきいきした表情ったら。
ショウ・ルオと一緒になってすごい楽しそうで盛り上がってたなあ。

二年泣いた失恋の話(←意外だったわ。あのKenちゃんにそんなに想ってもらえるなんてどんなすばらしい女性なんだろうね…)って、台湾に来てからだから「ジェニファー」じゃないんだろうな。うう、一体何人の女性とつきあってきたのよおお。

Kenちゃんがエルサと来日決定なんだね。去年の仔みたいにこれで恋が芽生えたりなんかしたらどうしましょう。

Posted by: | May 06, 2006 at 21:08

kenちゃんは昔から男らしいんだぁ、幼い頃に憧れの男性がけっこう身近にいたのかも、女の子にモテルこともことより、いかにその男性に近づくかを研究してたのかも、、妄想ですが、、
50代60代のkenちゃん見てみたい今より素敵で今より私好みのはず。でっそのとき私はいくつよ、あーん(涙)

Posted by: 0325 | May 06, 2006 at 23:36

幼い頃の憧れの同性っていうと、お父さんだったりするんじゃないかな。あんまりKenちゃんのお父さんの話は聞かないけど(お金持ちだったらしいね)どんな人なんだろう?

私も年とったKenちゃんを見たいわ。老婆になっても老婆のアイドルでいてくれ〜。でも「芸能は自分にとって一生の仕事じゃない」みたいなことも言ってたそうなので、そのときまで芸能界にいてくれるのかなあ。

Posted by: | May 07, 2006 at 21:36

読書好きの緑さんにぴったりのトップですね。緑が目に優しくてとても読みやすいです。

バイクに乗りながらビーサンをぺたぺたさせるのがどんなに粋な行為であるかを語ってましたよね。ショウ・ルオと小Sのやり取りはいつ見ても爆笑ですわ~
っていうか来日。エルサってだれ?ぐらいの勢いでしたわ~(汗)Kenちゃんこんなに日本に来てくれるなんてうれしいです。でも会えないし・・・辛い。

Posted by: めひじゃ | May 08, 2006 at 19:24

そうなんです、テンプレ変えてみました。でも、絵のおじさんが本を持ってるのは指摘されて気付いたわ。めひじゃさん、いつも細かいところに気付いてくれてありがとう〜。

そうそう、バイクに乗ってビーサンぺたぺたとかカンフーシューズのかかとを踏んで履くとか、小Sにウケてたんで嬉しそうに喋ってるKenちゃんとショウがかわいかったなあ。

うん、エルサと来日。ドラマのキャンペーンならば相手役と来るのが普通だろうけど、やっぱり諸事情でムリだったんだろうな(笑)。私も会いに行けませんが(←東京近郊の人がうらやましい)軽部でも見せてくれないかなあ。ヴァネの時は見逃しちゃったのよ。

Posted by: | May 08, 2006 at 22:37

早くこのKENちゃんが日本語で見たい~
私、CS組なんですよね(涙)
中文字幕じゃ、全然わからないです(苦笑)
10年で10人の女の人ですって!
さすがKENちゃん!!
並みの男性じゃ太刀打ちできませんよね。
大阪のインタビューのKENちゃんを見て「付き合うの無理かも…」とチョッピリ凹みましたが、やっぱり好きです、KENちゃん(笑)
女性経験豊富だろうと、あんなにオトナなんですもの~

ちなみに「台客」は「台湾らしい」って意味で、ダ○イってほうが一般的だそうです。
KENちゃんは「台客ランキング」のようなもので、かなり上位でしたわ(笑)

Posted by: ぽるこ | May 09, 2006 at 10:23

(小声で→)ぽるこさんぽるこさん、10年で10人なんだけどね、7、8歳からシンガに行ってたんだからまだ彼女作るような年じゃないし、実際は一年で一人とかじゃないと思うんです〜。短い間にとっかえひっかえだったかもですよ(やーん)。

あ、インタビューを聞いて凹んじゃったですか。
Kenちゃんは確かに賢くて落ち着きがあってすごい人だと思うのですが、でもそういう人だからこそ節度を持って真剣に向かい合えばフトコロ深く受け入れてくれるんじゃないかとそんなふうに思うのです。思いたいのよ〜。

「台客」はダ○イなのですね。くくく。ぽるこさん謝謝♪メールで教えて頂いたのですが(←Lさん謝謝)「やんちゃな台湾っ子」みたいな意味もあるようです。

え、台客ランキングの上位だったんですか?
よし!こうなったら一位を目指すのよKenちゃん!

Posted by: | May 09, 2006 at 20:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/9900649

Listed below are links to weblogs that reference 小さくともKenちゃん:

« ハグ | Main | 沙門空海 »