« 小さくともKenちゃん | Main | 私が猫になれるなら »

May 08, 2006

沙門空海

C0003767_012789「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(夢枕獏著/徳間書店)を読んでます。Kenちゃんが読んだという本。

遣唐使・空海が長安の都を揺るがす化け物騒ぎに遭遇。友人である橘逸勢と共に妖かしに迫るのですが、なんか、この空海っていう人物がすっごい「食えない男」。手紙を書かせればものすごい格調高いのを美しい文字で書くし、独学で唐の言葉をマスターして通訳よりも上手に話すし、経典を読めば新しい解釈をしてその道の権威をうならせる、まさに天才。

なのに「女を知っているか?」と尋ねられると「あれはなかなかよいものだと思うている」と答えたりして、結構やることはやっている。清らかでありながらも俗なところも持ち合わせ、んでも下品じゃない不思議なお坊様なのです。なんかなんか誰かに似ているような…。

面白いなと思ったのは「運命」について書かれた部分。彼ら遣唐使は途中で漂流したりして命からがら唐に辿り着くのですが「もし俺が唐にゆくべき運命にあるのならこの船は間違いなく唐土に着く」と空海は言います。船が沈めばそういう運命だっただけのこと。「信ずれば、沈むにしても、唐に着くにしても、そのときまでは心やすらかでいられる」。

手元の「華流スターNOW! vol.2」でちょうどKenちゃんが運命について語っています、「僕は運命を信じる、運命は生まれながらに定まっているものだと思う」。「沙門空海…」の超然として悟ってるような部分がKenちゃんの好みに合うのでしょうか。

|

« 小さくともKenちゃん | Main | 私が猫になれるなら »

Comments

それすっごく読みたいです!
以前からお坊さんはセクシーだと思っている私。空海=Kenちゃんで夢枕爆で読めってか?いやだー、緑さんったら!うふふふ。

Posted by: めひじゃ | May 10, 2006 at 13:03

初めまして。KENちゃんネタで、思わずコメントしちゃいました。
華流スターNOW!私も見ましたヨ。運命の話してましたね。
この紹介されている本、内容難しそうなタイトルに感じます。でも、KENちゃんが読んだと聞いて、ちょっと本屋見てこようかな・・・って思いました(笑)

Posted by: hita301 | May 10, 2006 at 16:30

>めひじゃさん
お坊さんはセクシー?うおお、そんな目で見つめていたなんて、めひじゃさんってばオトナ。でも言われてみるとあの剃髪や僧衣はストイックです。毎日お経も読むから声も姿勢もいいよね。「ファンシイダンス」のお坊さんは確かにステキだったなあ。
そうそう、空海イコールKenちゃんで読むと楽しさ倍増ですよ〜。

>hita301さん
わーい、hita301さん、はじめまして♪
コメントありがとうございます。Kenちゃんネタで思わず書き込み?天迷の方なのですね。嬉しいです〜。
この本は、うん、ちょっと取っ付きにくかったです。分厚いし表紙もなんだか愛想がないので、Kenちゃんが読んだ本と知らなければ私も手に取ってないと思います。でもですね、Kenちゃんを空海に妄想しながら読むと一気にイケますわ(笑)。

Posted by: | May 10, 2006 at 22:22

空海さんって(弘法大師)日本の約3分の1の温泉を見つけたって聞いたことがあるなぁ、杖でトンと突き刺すと温泉が出るんだってなんと羨ましい。キャッKENちゃんの入浴シーン思い出しちゃった。

Posted by: 0325 | May 10, 2006 at 23:24

へぇー。空海さんと温泉にそんな関係が。杖で突くと出るのね。うちにも来て温泉出してほしいぞ〜。

>キャッKENちゃんの入浴シーン思い出しちゃった。

きゃっ、私も思い出しちゃったよ〜「流星雨」。
そういえばジェリー君も「流星花園」でお風呂に入ってたなあ。でも「流星」シリーズ以降はスーのそういうシーンってないような?グラビアアイドルと同じで人気が出ると脱がなくなってしまうのか?

Posted by: | May 10, 2006 at 23:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/9968070

Listed below are links to weblogs that reference 沙門空海:

« 小さくともKenちゃん | Main | 私が猫になれるなら »