« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

September 28, 2006

幻のビンフェイ君

060927_1「天空之城」最終回のはずが、はずが、うちのテレビは「電波を受信できません」だそうです。きーーー。どんな弱い電波なんじゃ!もっと頑張れやBSアンテナ! 晩ごはんも後片付けもすませてテレビの前に座ったのに目に映るのは青い画面だけ。この青い、青い画面の向こうにビンフェイ君はいるのね。映れ〜映れ〜と念を飛ばしてみましたが、私の愛が足りないのか画面が変わることはありませんでした。くー、切ない。

がっくりと肩を落としていたら夫が外に出てアンテナを動かしてくれました。夫よ、ありがとう。ちょっとだけ愛を感じましたわ(←ちょっとかよ!)。結局映りませんでしたが、気持ちは嬉しかった。

というわけで来週の再放送まで何も書けません。くー、切ない。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 22, 2006

あなたの肌にアミノ酸は足りていますか?

060921あーん、もう、もう、何からツッコミ入れたらいいのかわからないーーー(←注、喜んでます)。「天空之城」18話、あらすじに触れてます&長文です&目にハートの入った迷の方はご覧にならない方がいいです、すみません。

釈放されたビンフェイ君。駆けて来る妹を両手を広げて迎えます。ぎゅっと抱きつかれて、大きな体をかがめる、広い背中、厚い胸、このクマったら、クマったら、ほんとにいいオトコなんだからもうっ。彼女の背中をとんと叩いてすりすり撫でる。撫でて!私も撫でて!体全部でお互いを「大好き」って言ってるみたいなかわいい二人。いいなー。妹もいいなー。

シーサンパンナを去るビンフェイ君。ボーハンが追いついて「元気で」。ああここもセリフが全部泣けるの。ようやく呼び止めて、でも「元気で」としか言えないボーハン。他の男性と結婚する彼女にはそれ以上のことが言えないのです。「君も」とビンフェイ。「もちろん。だって…来世で捜さなきゃ」「待ってる」見つめ合う二人。「行って」とボーハン。するとビンフェイは言うのです「見送らせてくれ」。立ち去るボーハン、泣き出しそうな顔で見つめるビンフェイ。うー、なんて切ない別れでしょう。

あ、走った!奥さん走ったわよ!ビンフェイ君がどすどす走ってボーハンの車を追いかけてるわ。ああ、でも、苦しそうよ、子供の運動会ですごくひさしぶりに走ってみたお父さんって感じよ。あ、追いついた。あ、ボーハンの手を握ってるわ。「こんな終わり方はイヤだ、終わらせたくない」。出た、駄々っ子攻撃。しかしボーハンは言うのでした「私達、運命に負けたのよ」。うおお。女に生まれたからにはこういうこと一生に一度は言ってみたいぞ。すがる男に「私達、運命に負けたのよ」。あ、先生、ビンフェイ君が泣いちゃいました〜。顔を歪めて走り去る姿さえ愛らしいビンフェイ君。小熊の青春。

ついにボーハンの結婚式。シーサンパンナでは新郎が新婦をおんぶして町を練り歩くのですね?デブは結婚するなと?男は女を背負って歩けるくらい体を鍛えろと?うう、シーサンパンナで暮らして行くのは大変そうです。そして、ここでもまた農機具が!花嫁行列、新郎新婦の後に赤いトラクターが見えるのは気のせい?私、疲れてる?

わー、こんな長くなっちゃってるよ〜。とりあえずツッコミ。シアルイはどうやって結婚式からボーハンを連れ出したんだとか、あんなに人がたくさんいて止められないはずないだろとか、ボーハンがさらわれてあんなに大騒ぎになってるのにそれを知らないのんきなイーシャンとか、なぜかシアルイのいる場所をつきとめて彼女に襲いかかる非常に勘のいいイーシャンとか、弾丸の取り出し手術だけではなく毒薬の調合までできるとっても器用なイーシャンとか。今週も小さな不思議がいっぱいでした。

で、ですね、今週の最高フェロモン放出シーンは体育座りした二人。密着、とにかく密着。ビンフェイは腕をボーハンの肩に回し、彼女の細い体を脇に抱え込んでます。彼女が何か喋る間も肩に回されたビンフェイの腕はずっと映っていて、父性とエロさを漂わせてます。彼女を守ってる、愛おしんでる感じとそれから彼女の体に触るのを楽しんでる雰囲気もある。長い脚、膝に置いたすらりと様子のいい腕、ボタンを外したシャツ、くー、カッコいいったらないの。そしてなんか珍しくラテンの匂いなの。「シーサンパンナでは他人の花嫁を奪うのは重罪なのよ」と言うボーハンに「他人の花嫁?君は俺のものだ」と落ち着き払って言うビンフェイ。あんたさっき泣いたくせに!

ドラマの間に挟まれるCMで「あなたの肌にアミノ酸は足りていますか?」と訊かれましたが、大丈夫、画面から溢れ出たフェロモンで潤い過ぎてテカテカしてます。全国の天迷の肌はきっと今テッカテカだと思いますわ。ドモホルンリンクルよりKenちゃん、SK-llよりビンフェイ、曲がり角をとっくに曲がった肌にも優しい天然成分です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 19, 2006

伏兵

Kyahahaha_1ゆ、油断してましたわ、こんな伏兵がいたなんて。これまで「楚留香」関連の写真で見た女性というと、すごーく年上っぽかったり、衣装がアレだったり、顔立ちが「うーん」だったりして、この中から恋が生まれることはなさそうねふふっ♪とか思ってたのですが、この彼女、なんだかいい感じです。何よりもKenちゃんが自然な笑顔。

Bettarri_1あ、でもね、こっちの写真見たら、なんかねなんかね、彼女の方は「うっふん」なのにKenちゃんは口角が下がってます。肩に置いた指もあまり力が入ってないように見える。ふっ、まだまだね(←何がですか?)。まだまだですよね、ねっ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2006

現世来世

060918_1「天空之城」第17話。あらすじに触れてますのでご注意を。

「生きている限りチャンスはある。あなたに生きてほしいの。それが私の最後の願い」

だ、だびだばどばびばしぇん(←訳/涙が止まりません)。ビンフェイの命を救うためにイェン隊長との結婚を決意したボーハン。

ビンフェイの「現世では離れたけど、来世では俺を諦めないでくれ」でまた涙が。しゃくりあげる泣き顔が美しくてかわいくて。ああこのままずっとこの顔を見つめていたい。

そしてそれに追い討ちをかけるようなボーハンの返事。「来世では私があなたを捜すわ」。号泣。もうすっかりボーハンと自分が同化。現世では結ばれない私達。でもビンフェイ、この想いは永遠よ…。うぇーん。なりきってます、浸りきっちゃってます。

胸がいっぱいであんまり書くことがないのですが、でも「捜索隊」についてはひとこと言いたい。そう、ビンフェイの密猟の証拠を探すためにマンガラ荘にまた村長率いる捜索隊がやって来たのです。

あーん、また「鍬」持ってますよ。わかった、もうわかった、とにかく捜索隊は何か長いもの持っとかないといけないのね?で、探し方が雑なの。植木鉢なんか中を覗き込むだけで動かそうともしないの。うわ、ペンスタンドの中から麻酔剤のアンプルを見つけた村長、手袋もせずにそれを触ってます。指紋がとれないじゃんよ〜。あまりにも杜撰な捜査。死刑になるかもしれない犯罪を捜査するのにこんないい加減でいいのか?この村、この村長でよくやって来れたな。ドゥアン社長、本気で「シーサンパンナの繁栄」を考えるならこの村長を今すぐ引退させるべきよ〜。

そんなドゥアン社長、得意技は「密談」。一対一、他人に話を聞かれない場所に相手を誘い込み、小刻みな首振りとうるうるお目々で相手を攻撃します。小声で畳み掛けるように「シーサンパンナの繁栄のためだ」「お前のためなんだ」と囁きかけ、けっして本音「実は俺のため」を悟らせません。ときには声を荒げ「バカにした奴らを見返してやるんだ」などと熱弁を振るえばあれよあれよという間に相手は陥落。犯罪を糾弾するはずだったイェン隊長はすっかり丸め込まれてしまいました。この人がボスでいいのか?捜索隊の今後も心配です。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 12, 2006

ヒグマ落とし

U1358p28t3d1240859f326dt20060911105139Kenちゃん、今のあなただったら熊だって落とせます。少なくとも私がメスの熊だったら放っておきません。種の垣根を越えた愛さえ成立させてしまいそうなほど美しい楚留香@Kenちゃん。気品があって凛としてるくせにどこか寂しそうで色っぽいの。くー。あなたが日本で見られるのはいつなんだろうな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 11, 2006

プリズナー@Kenちゃん

1923948375_1わ、ひさびさのヒットです。「天空之城」のプリズナー@Kenちゃん。

手錠かけられて倉庫に幽閉。この倉庫の中の光量がよかったのか、Kenちゃんがとても綺麗。明るい太陽の下で健康的なKenちゃんもいいけど、薄暗いところにいるとフェロモンが多量に放出される気がします。セクシーKenちゃんを撮るならまぶしい日差しよりも薄闇。地下室、トンネル、潜水艦などの光量が最適。次はぜひぜひそういう場所でドラマ撮って下さい、お願い。

さて「天空之城」第16話。あらすじに触れてますのでご注意を。

罪をなすり付けられたビンフェイ君。でもね、彼を捕まえに来た村人達が持ってるのはどう見ても「鍬」。農具かよーーー。ピストルとかライフルとかせめてナイフとか…。あ、のどかな土地だからそんな物騒なもの持ってないという設定なのね〜と思いきや手錠は常備されていた模様。ちゃんとした牢屋さえないシーサンパンナに何故手錠だけはしっかりあるのか。これはもう撮った人が「手錠@Kenちゃん」を見せたかったからに違いありません。そういえば撃たれて苦しむビンフェイ君が布をくわえてたのもなんかちょっとエロかったよな。制作者の皆様、手厚いファンサービス、痛み入ります〜。

で、ビンフェイの冤罪を晴らそうとしたアモーが死亡。わーん、やっと名前を覚えたのに。イーナーに続き二人目の死者。脇役だった人がにわかにクローズアップされ、物覚えの悪い私でも名前を覚えられるくらい扱いが大きくなると死期が近いようです。次はボーハンと共にドゥアン社長を調べている女性、探検隊のアンシンあたりが危ないかも。

あと「お焼き」のシーンがよかったな。ビンフェイ君に元気を出してもらおうと「おばあちゃんのレシピ」で作ったお焼きを妹のビンイェンが差し入れるのですが、それを食べないビンフェイ君。「これじゃ焼きソバだ」。お、おい、ダメ出しかよーーー。Kenちゃんらしい展開にちょっと笑ってしまいました。

でも目を赤くして鼻声で喋るビンフェイ君がかわいくてかわいくて切なくて。あれは素でうるっと来てるんだと思う。くー、この人のこういう顔っていいな。あまり泣きそうにない人がふと見せる心の揺れと、それでも懸命に笑おうとする顔がたまんないな。ぞくぞくするな。私の中の何かを目覚めさせた「天空之城@Kenちゃん」、苛められたい、苛めたい。ああやっぱりシーサンパンナは人間の黒い欲望を増幅させる危険な土地なのですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 08, 2006

兄ちゃん出た!!

L_p1004186104「ま、映んないだろうけどさ、一応さ〜」と録画しておいたフジテレビの夕方のニュース。う、嘘おおお、出たよ兄ちゃん。「一公尺」が流れたよ〜。台湾のスーパーアイドルとして紹介されました、「『F4』にファン殺到」というテロップ。

「コンニチハ、フフ(←はにかみ笑い)、ハジメマシテ、 ヨロシゴオネガイシマス」

うっわーフェミニン。白シャツに黒ネクタイ。な、なに、この黒目の大きさはっ。兄ちゃんスゴい、コンディション最高。訛った日本語が愛らしいったらもう。

そしてそして出たよ、香港コンサ画像。龍に乗ってマント羽織ってくるくる回るむちゃ美しい兄ちゃんが。あわわ、もうちょい回ってくれたらKenちゃんが、Kenちゃんが…。あー、映らんかった、くっ。リピートしようとして別のボタンを押し、番組の最初に戻ること三回。慌ててます、慌てまくってます。

やーん、でも香港コンサで私の見れなかった「Kenちゃんの首に手を回すゴキゲンなジェリー君」が映りましたよ、わわーん泣きそう。むっちゃ綺麗。むっちゃ楽しそう。は、早くコンサDVD出してーーー。

国際フォーラムのグッズ売場の様子も。ああ、これが噂のジェリー君クッションね。Tシャツにマグカップにファイル。「お家に『ジェリーBOX』がある」「ポスターを貼ると主人に怒られる」と話す迷さん達。うんうん、どこも同じなのね。最後にインタビューされたマダムが優しい笑顔で「ジェリーの純真さが好き」と話しておられるのを聞いてなんかじわーんとしました。

今頃はきっとファンミの真っ最中ですね。テレビでちらっと映っただけでも、ほわ〜んとした癒しの空気が感じられたジェリー君。結構長いこと映してくれてありがとうスーパーニュース。これからも誰か来日したらチェックさせて頂きますわ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

つっこめない〜

35048601455514ジェリー君が来日中。明るい色のくるくるした髪、にこやかな笑顔で迷と握手するジェリー君。まるでそこだけそよ風が吹いてるような爽やかさです。が、実際はすごく体格のいい警備の方がぐるっと周りを取り囲み、なかなか大変なお出迎えだったみたい。迷さん達、おつかれさまでした。

さて注目のジェリー君の服装ですが、サングラスも帽子もなく、リュックも背負わず、綺麗系フリルシャツのおめかし仕様。どうだどうだ!うちの兄ちゃん綺麗だろ!と兄を自慢する妹の気分(←実際の年齢は無視)。F4もジェリー君を知らない一般の人に大声で叫びたい気分。

でも、オジTとかくたくたの帽子とかでっかいサングラスとか、ウエストポーチとかジャージとかサンダルとか、何かひとつ、普段のジェリー君らしいアイテムで見たかったな。っていうか、そこがいいんだよな。すごくすごく綺麗な人が見せるゆるさがいいの。「あー、なんでそんなもん持つ!」「そ、その色合わせはどうなの?」「せっかくの綺麗な目をなんでデカいサングラスで隠すのよ〜」とツッコミを入れる楽しさがなかったのが残念。

おいしい中華料理を「日本人に合うように」とあっさりさっぱりアレンジしちゃった、し過ぎちゃったように思うのです。クセのある調味料や、こてこてな中華な香りでそのまま出してくれればいいのに、そこが好きなのに。でも、F4やジェリー君を知らない人にアピールするにはこういうジェリー君の方がいいんだろうかな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 03, 2006

ネズミ男

1365279えーと「天空之城」第何話でしたっけ(←投げやり)。あらすじに触れてますのでご注意を。

手籠め、殺人、密猟、陰謀。シーサンパンナはその美しい風景とは裏腹な悪質犯罪の温床地帯となっていた。カメラマンとしてこの地にやってきたルー・ビンフェイは、その魅力ゆえに周囲の女性を惹き付け、悪の権化@ドゥアン社長の恨みを買ってしまう。密猟の首謀者に仕立て上げられたビンフェイの運命は…。

だんだん二時間ドラマみたいになって来ました。崖は何度も登場してるし、きっともうすぐ温泉が出て来るはず。ああフツーのラブストーリーが遠ざかって行く。私が見たいのは美しくてエロくて悪いKenちゃんなのに〜。

今週のツッコミ。ふはーと「伸び」をするビンフェイ君の姿がまるで妊婦。あまりにゆったりした服も考えものです。

孔雀に手を伸ばすビンフェイ君、孔雀の長い首が「やーん」と逃げるのにちょっと笑いました。孔雀が知らん間に家の中にいるという状況もステキです。そしてこのときのビンフェイ君の腕のシルエットがほっそりすんなりでものすごい綺麗なのがツボ。

アモー(←やっと覚えました。ビンフェイ君の助手のおじさんの名前)を迎えに来るドゥアン社長の手下に爆笑。ネズミ色のお洋服とビミョーな髪型がほんのりビンフェイ風味。振り返ってわざわざサングラスを取ったのに爆笑。意外なちっちゃな目にも爆笑。

そのネズミ男な彼の後ろ姿を見たとき、一瞬、ビンフェイ君がそこに立ってるのかと思いました。服装と髪型がちょっと似てたのです。私はてっきりこの「彼」に密猟をやらせて誰かに目撃させ「あの場所でビンフェイを見た!」と持って行ってビンフェイ君に濡れ衣を着せるのかと思ってました。考え過ぎだ。

今週のビンフェイ君はお顔がまんまる。笑うと若く幼く見えて「情人」のときのKenちゃんのよう。「アゴがない」とか「下から映すな」とか「寝かせると顔の肉が流れてエラいことになる」とかさんざん暴言を吐いてきましたが、ふくよかなKenちゃんが笑うとなんか懐かしく優しい気持ちに。頬が丸くて素朴で円満な感じが「田舎のお母さん」みたいで見てるとなごむのです。いや「田舎のお母さん」に例えられるスターもどうかと思うけどさ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 01, 2006

「zu:a」

D0060038_7361434わーっはっはっは…。

見ました?「zu:a」のvol.2、見ました?

Kenちゃんが、Kenちゃんが、半ページだけどKenちゃんがただふらーっと立ってる写真が。

かっこよすぎる。んもう、んもう、すごすぎる。

ただふらーっと立ってるだけなの。それもそんなおしゃれな服でも凝った髪型でもないの。

だけどスゴいんです。う、美し過ぎて笑っちゃうのよーーー。ほんとよーーー。

イケてるKenちゃんは何度か見たけど、見て笑ったのは初めてです。

特に一枚目の立ち姿がいいの。

きらーんとした瞳と半開きの口、アゴにヒゲ。

なんて強い目の光なんだろう。

私の心の狭さとか迷いとかそういうものを見透かされてしまいそうで恥ずかしくなる。

なのにペットショップのガラスの向こうの小犬のようにも見えるの。

「おい、俺を置いて帰るのか?」にも見える。

魂抜けました。へなへな〜。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »