« 兄ちゃん出た!! | Main | ヒグマ落とし »

September 11, 2006

プリズナー@Kenちゃん

1923948375_1わ、ひさびさのヒットです。「天空之城」のプリズナー@Kenちゃん。

手錠かけられて倉庫に幽閉。この倉庫の中の光量がよかったのか、Kenちゃんがとても綺麗。明るい太陽の下で健康的なKenちゃんもいいけど、薄暗いところにいるとフェロモンが多量に放出される気がします。セクシーKenちゃんを撮るならまぶしい日差しよりも薄闇。地下室、トンネル、潜水艦などの光量が最適。次はぜひぜひそういう場所でドラマ撮って下さい、お願い。

さて「天空之城」第16話。あらすじに触れてますのでご注意を。

罪をなすり付けられたビンフェイ君。でもね、彼を捕まえに来た村人達が持ってるのはどう見ても「鍬」。農具かよーーー。ピストルとかライフルとかせめてナイフとか…。あ、のどかな土地だからそんな物騒なもの持ってないという設定なのね〜と思いきや手錠は常備されていた模様。ちゃんとした牢屋さえないシーサンパンナに何故手錠だけはしっかりあるのか。これはもう撮った人が「手錠@Kenちゃん」を見せたかったからに違いありません。そういえば撃たれて苦しむビンフェイ君が布をくわえてたのもなんかちょっとエロかったよな。制作者の皆様、手厚いファンサービス、痛み入ります〜。

で、ビンフェイの冤罪を晴らそうとしたアモーが死亡。わーん、やっと名前を覚えたのに。イーナーに続き二人目の死者。脇役だった人がにわかにクローズアップされ、物覚えの悪い私でも名前を覚えられるくらい扱いが大きくなると死期が近いようです。次はボーハンと共にドゥアン社長を調べている女性、探検隊のアンシンあたりが危ないかも。

あと「お焼き」のシーンがよかったな。ビンフェイ君に元気を出してもらおうと「おばあちゃんのレシピ」で作ったお焼きを妹のビンイェンが差し入れるのですが、それを食べないビンフェイ君。「これじゃ焼きソバだ」。お、おい、ダメ出しかよーーー。Kenちゃんらしい展開にちょっと笑ってしまいました。

でも目を赤くして鼻声で喋るビンフェイ君がかわいくてかわいくて切なくて。あれは素でうるっと来てるんだと思う。くー、この人のこういう顔っていいな。あまり泣きそうにない人がふと見せる心の揺れと、それでも懸命に笑おうとする顔がたまんないな。ぞくぞくするな。私の中の何かを目覚めさせた「天空之城@Kenちゃん」、苛められたい、苛めたい。ああやっぱりシーサンパンナは人間の黒い欲望を増幅させる危険な土地なのですね。

|

« 兄ちゃん出た!! | Main | ヒグマ落とし »

Comments

緑さん、今からその不思議な手錠だけがあるシーサンパンナを見てみます。
やっぱりここ来てから天空之城みると、観察ポイントが分かって面白いですよぉ。
では、早速見てみま~す。

Posted by: チビコメ | September 11, 2006 at 22:26

チビコメさん、プリズナー@Kenちゃんはいかがでしたか?
そう、なぜか手錠だけは用意してあるシーサンパンナなのです(笑)。
ふざけたこといっぱい書いたけど、お焼きのシーンや、ボーハンに「世界中が俺を疑っても君が信じてくれたらそれでいい」みたいに言うところ、かなり感動して見てました。
やーん、でも素直じゃないのでついツッコミどころを探してしまいます。お役に立ってるなら嬉しいんだけど。

Posted by: | September 12, 2006 at 20:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/11810538

Listed below are links to weblogs that reference プリズナー@Kenちゃん:

« 兄ちゃん出た!! | Main | ヒグマ落とし »