« 幻のビンフェイ君 | Main | くらくら »

October 01, 2006

「中国の骨は1本少ない」

4420220465小田空さんの中国の本シリーズ。今までは日本人との生活習慣や考え方の違いで、わ、面白いな中国人は…って思うエピソードが多かったのですが、今度の本は正直あんまりそういう驚きはなかったかも。

でも「悶絶技巧 中国キーボード」の話はやっぱり驚いたのでした。パソコンの入力、大陸はピンインが主流なんだそうですが、台湾になるとそれが注音(←台湾で使われてる発音記号なんだそうです)入力だったり、そしてさらにそれが香港になるとバラバラ入力に。

バラバラ入力ってどんなもんかと思うでしょ?「日」と「月」で「明」、「金」と「十」で「針」っていうふうに漢字をパーツで入力するんだそうな。「秋」なんか「竹」と「木」と「火」なんですってよ奥さん。「繰」に至っては「女」と「火」と「口」と「木」。いやもう何が何だかさっぱり。

そして、へぇ〜と思ったのは「台湾と中国」のたとえ話。「血みどろの兄弟ゲンカの果てに籍を抜く勢いで飛び出した双子の弟とそれを許さない本家の兄」って書いてあって、なるほどそうなのかとすごく納得。「ためになる度」が高い一冊でした。あ、この本、写真ではそっけないけどとってもかわいい帯がついてます。必見。

|

« 幻のビンフェイ君 | Main | くらくら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90994/12113648

Listed below are links to weblogs that reference 「中国の骨は1本少ない」:

« 幻のビンフェイ君 | Main | くらくら »