« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

December 29, 2006

カレンダーが来た

20061229161208_1きゃあああ、来たわ、来ましたわ、Kenちゃんが。わっ、いやっ、だめっ。既にネットでもおなじみの、Kenちゃんが街角で振り向いて笑ってるあの写真なんですが、大きなカレンダーで見ると違うの、何かが違うの、見ているこちらをただならない気持ちにさせる何かが漂ってるの。

「ほら、荷物貸せ、俺が持つから」

カレンダーの表紙のKenちゃんがそう言いました。ええ、もう妄想モードに入りましたわ。二人で歩く街、がしがしと大股で歩くKenちゃん、少し遅れる私にふと気がついて振り返り、笑いながら言うのです「荷物貸せ」。

…わ、わ、待って、引かないで皆さん〜。

カレンダーは伏し目満載。ヒゲもスーツも大サービス。マニアなあなたには少し着込んだ感じの、首に切り込みが入った「Kenちゃんシャツ」着用の写真もありますです。もちろん、天迷の間で物議を醸したあのビミョーな柄のセーターも。

で、ポーズがね、インリン・オブ・ジョイトイを思わせる開脚(←ヨコシマな私にはそう見えたんですゴメン)とかね、カメラを構える美しい指とかね、あの写真もこの写真も男前。泣きます、スゴすぎます。

早速、お掃除済みの魔窟の壁に貼ったのですが、なんかどうもしっくり来ません。部屋を移動するときにすぐに目に入る位置だと、強くて優しいKenちゃんの視線に照れてしまうのです。そこでタンスの横の奥まったくぼみにいてもらうことにしました。ふう。ようやく落ち着きました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 28, 2006

パソコン復活

パソコンとコンセントをつなぐ部品が割れて困ってましたが
夫がコードをどうにかしてくれたらしく、修理に出さずにすみました。
よかったわ〜。年末年始ネットなしかと思ってた。

というわけで、普通にネットできてますので、前に書いた記事を消しました。
心配して下さった皆様、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2006

妄想寺

4827a92d020007t9仕事で入力なんかしてて、にまっとなってしまう単語があります。それは「県庁」。キーを叩くとき、「あ、ケンチョウだ、一文字違いだ〜」となんだか嬉しくなってしまう。

で、今日はそのものの「ケンチュウ」があったのですよ。「ケンチュウ寺」っていうお寺。見たとたん、心の中で拍手。しばし妄想。

きっと厳しい禅寺ですよね。静かな、熊の出そうな山奥にひっそり建っている。なのになぜかひっきりなしに座禅希望の女性客が押し寄せるので「あんなビンボーな寺に何故?」と近隣住民は不信の念を抱いているそうな。

住職は深い、心に響く声でお説教をして女性客をよろめかせます。美しい低音でお経を唱えると空を飛ぶ鳥までばたばたと落ちます。風に乗って流れて来たお経を聞いた隣村の牛は、乳の出が良くなったと言われています。

座禅を組みに来た女性客は、住職の妖艶なオーラにやられ、組む前よりもかえって煩悩に溢れて、くらくらしながら山を下りるという噂です。みんな一様に恍惚の笑みを浮かべているとかいないとか。

…ああ、そんな寺あったら行ってみたい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 23, 2006

Kenちゃんの料理教室

20061128zhuxiaotian1_48928_1今頃書きます「C−POP」。Kenちゃんの本のインタビューとファンミ。わーいわーい。

えっと、料理本インタビューのKenちゃんは、すみません、あの格好はおしゃれなのでしょうか?ごめん、私にはどう見ても星一徹。ベージュのジャケットにグレーのインナー、丸い顔をぐるりと一周する無精髭。日焼けした濃い顔と合わさると非常に国籍不明な怪しさです。……好き(ぽっ)。

そしてそしてファンミのKenちゃん。うわースーツだよスーツだよお母さんっ。髪の毛巻いてるよ。スーツがキツそうだよ(←言うなって)。「日本のお気に入りの場所は?」と訊かれて「築地」。客席からはあたたかい笑いと拍手が。常日頃からの築地大好き発言を知ってる人ばかり、打てば響くような反応です。ああ会場が楽しそう〜。

通訳の女性に体を傾け、顔を寄せて二人の世界。長い脚を持て余すように椅子に座る様子が男前。「ツキジ」の「ジ」、「スシ」の「シ」が、やっぱりKenちゃん風の滑舌のよい、そしてどこか外国の人の発音。聞き慣れた単語がこんなふうにKenちゃんの口から出るのを聞くとでれ〜っとなっちゃいます。

で、で、料理教室。すんごいわ、これ。永久保存版です。卵をかき回す手馴れた様子ったらもう。そして「こうやるんだぞ、わかったか?」と卵担当の迷さんに目で念を押す、思わず素が出ちゃった感じの「兄貴」な表情ったらもう。

料理本インタビューのときは落ち着いてたのに、料理教室はああ気分が乗ってるんだな〜って感じ。自然な笑顔がこぼれっぱなし。人の世話を焼くのが好きなんだろうな。Kenちゃんコンサでもこんな表情が見れたらいいな。ステージで歌いながら卵焼いたりしてくれないかな(←ムリだって)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 21, 2006

いろんな心配

 ♪は〜るよ こい は〜やく こい 

…ってKenちゃん早いわ、早過ぎるわよ、ミヨちゃんが歩き始める前に、ただでさえビンボーな私が年末年始でお金をすっかり使い果たした後に、遠い東京でコンサなんて、くーーー。

ギター抱えて全国横断、小さな会場で十二回みっちり濃いライブをするんじゃなかったの?絶対に踊らずに生歌だけで迷を落としてみせるんじゃなかったの?あれは単なる中華な新聞の先走りだったの?オレに会いたいなら這ってでも来いっていうの?

い、行きたい。這って行きたい。どんな米粒Kenちゃんでも遠距離からのフェロモン摂取でもいいから同じ会場にいたい。だけどいろんなこと考えると今回も無理なような気がする。Kenちゃん、縁があったらまたいつか会えますよね?え、わからない?縁がなかったら作ってでも来いって?殿ーーー。

でもでも埋まるのかしら、なんか大きな会場なのよね?五千人だっけ?二回、この日程だと追加がありそうな感じもするからもしかしたら三回。人集まるのかしら?

そしてそして…クマ化がよりいっそう進んでいるんじゃないかしら?出て来るとなると必ず容貌の変化を心配されるKenちゃん。こんな明星は他にはいません(笑)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 17, 2006

イタズラなKiss

L_p1004485950で、出た、お姫様抱っこーーー。
テレビを見ながら叫んでおりました。叫んで一人で拍手喝采。

え、うそっ、次はおんぶですか。
お姫様抱っこ&おんぶ、それは乙女の憧れ、少女の夢。ありがちだけどちっとも廃れない、少女漫画の黄金のシチュエーションです。か弱くて頼りない「私」を、がしっと受け止めて守ってくれる背が高くてハンサムな「彼」。だめです、いけません、見続けたら顔が壊れてしまいます。ああまた頬がゆるむ。危険だわ〜。

「イタズラなKiss」はほんと見てて楽しいドラマです。なんといっても入江君。ジョセフ・チェン演じる入江君は頭が良くてスポーツ万能、おまけにハンサム。何をやってもすんなり上手にできてしまうので、なんだか人生に無感動な青年。が、人並み以上に不器用でトロい、けどいつも前向きでおおらかなヒロイン・琴子と出会ってから、彼女の持つパワーに巻き込まれ、調子を狂わされていきます。

成績も悪く、見た目も普通の琴子を最初はバカにしていた入江君が、次第に彼女の根性に一目置くようになり「なんでこんなにこいつは頑張るんだろう?」と気になり始める。「なんか気になる」は恋の始まり。でも彼はそんな自分の気持ちに素直になれないのです。くー、かわいいったらもう。

入江君ってかわいいな〜と思ったのは、あれでした、琴子に百番以内の成績をとらせるために特訓して、さあそのテストの当日、「ありがとう」とお礼を言った琴子に「加油」とぼそっとつぶやくところ。ぼそっと「加油」、このぶっきらぼうなところがたまんないの。ツボなの。くーーー。

それから卒業試験がうまく行ってさあみんなで記念写真を撮るところもツボ。琴子が秘かにバイトして自分へのプレゼントを買ってくれたことに感動して、琴子に顔を寄せてにっこり笑ってくれるの。あの無愛想な入江君が、すごくらしくないことをするのです。

いつもはクールなんだけどときどきかわいらしいところがのぞく、そのギャップがステキ。ほぼ毎週、きゅんのツボをぐいぐい押され、見終わった後は顔がゆるみきってしまいます。ふは〜。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 13, 2006

ラプンツェル

20061128zhuxiaotian1_48928お元気ですか〜。半月ぶりに書くblog、その間には結構な出来事がいろいろと。Kenちゃんが来て帰って、ジョセフも来て帰って、F4everがなくなっちゃう発表があって、かと思うとKenちゃんがソロでライブなんて情報も伝わって来て。でもでもKenちゃん来日祭りに直接参加してないせいか、元気で男前な姿は嬉しいものの、常にうっすらと寂しい気持ちがつきまとっていて、ふと気がつけば半月なのでした。

あ、Kenちゃんのカレンダーを予約しましたですよ〜。あんなでっかいクマ見たら捕獲せずにはいられないのがハンターというもの(←ハンターだったのか)。でも、あんなスゴい男臭いカレンダーをどこに貼ればいいんでしょうか。台所?ノンノン、油で汚れそう。寝室?眠れなくなりそうです。居間?そんなのあのオレ様な夫が許可するわけがない。くー、ああもう魔窟部屋にでも貼るしかないのね。

薄暗くて寒い北側の部屋にひっそりと佇む美しいひと。滅多に人が訪れないその場所には、ふくよかな丸い顔にヒゲを蓄え、袖をきっちり折ってまくったシャツを着たラプンツェルがいらっしゃって、ときどき退屈しのぎにかわいらしい声で歌ったりするのです「♪ウェイラニーーー」。「ラプンツェルやラプンツェル、お前のヒゲを垂らしておくれ」。Kenちゃん頑張ってヒゲを伸ばしてね。魔窟部屋をお片付けしてお待ちしてます。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »