« November 2007 | Main | January 2008 »

December 2007

December 28, 2007

「アジアクロスロード」で

「中国鉄道大紀行」が面白かったので、関口知宏さんの出る番組を追っかけてます。ヨーロッパ鉄道旅の再放送や中国旅の総まとめ、たくさん放送されるので嬉しいけれど忙しい。関口さんはどこの国でもどんなときでもぬる〜くてゆる〜い人。髪に寝癖をつけながら、リュック背負ってぱたぱた歩き、楽器を奏で、詩を書き、絵を描き、ほんとに多才。たとえ言葉の通じない国でも楽器や絵で自分を表現できて、臆することなくすーっと人の中に入っていける、ああ憧れちゃうなあ。

で、関口さんがゲストのNHK-BSの「アジアクロスロード」を見たのですが、わあああ、ジェリーが出たっ。今年出演したゲストの総集編。「日本での生出演は初めてで少し緊張していたようですが、ドラマでの役作りについて真剣に語ってくれました」。一瞬映ったエクボのジェリー。

で、ですね、その後がすごかったのですよ。関口さんがジェリーを知ってたの。「ジェリー・イェンさんも来たんですか。うちの母ちゃんハマっててですね…」。うおおお。

アイドルにハマるタイプの人ではないのに「花より男子」を見てファンになってしまったという関口さんのお母様。そういえば以前、何かの番組で関口家の本棚かなんかが映ったときに「『流星花園』のDVDがあった。関口宏の奥さんってF4迷なの?だとしたらF1は誰なの?」ってコメントで盛り上がった記憶が。今はっきりしました、旭迷だったのね関口夫人。

んで、ゲストで来ていたたかのてるこさん(「ガンジス河でバタフライ」を書いた旅するOLさん。この本面白かった)も語る語る。「花男を見ると誰でもハマるんですよ!」。関口さんに「あなたもハマったの?」と訊かれて「も〜お」と答えるたかのさん。あなたも?あなたもなのですね?うっく。

「30代、40代の冬ソナって言われてる」「中国のファンは(日本で花より男子をドラマ化すると決まったときに)あんな役者が演るなんて許さない〜とネットが盛り上がったんですよ」とたかのさん。彼女もかなり詳しそうでした。

関口さんは「うちの母ちゃん、俺と共演しろって…。そんなこと出来ねえだろ」とも言っていて、関口親子間でジェリーの話題が交わされていることまで判明しました。やー、なんか感動。

「花より男子」話で盛り上がる関口さんとたかのさん、ちょっと引き気味の女子アナ。この後もアジアな話題が展開されただろうと思うのですが、録画失敗しちゃいました。わーん。

| | Comments (0)

December 26, 2007

奇跡

41541051763338か、か、かっこいい…。ひっさびさに見た文句のつけようもないKenちゃんです。完璧です。どこに出しても恥ずかしくありません。っていうか見て!この美しい人を見て!この人、スゴいときはほんとにスゴいのよ。キレイで上品でセクシー。なんでこの写真をニューアルバムのジャケットにしなかったの?くーーー。

くっ、顔が小さい。小さく見える。遠近感を狂わす上級テク、視線のマジック、一瞬の奇跡。たまたまこうなったの?それともカメラマンが小顔の順に並べたの?カメラマン、グッジョブ。すばらしいお仕事ぶりです。万歳。

| | Comments (2)

December 23, 2007

我不配

大掃除もせずに聴いてるJayの「我很忙」。うー、あー、MVがいいです。「我不配」。Jayと彼女の秘密の恋。切ないです。とにかくもう私のツボ。ツボだらけ。

スターのJayと一般人の彼女。映画館で二人並んで座ることもできなくて、離れた席で別々にスクリーンを見る。暗い映画館の中でさえ、帽子を目深にかぶり直すJay。終わるのを待たずに「出よう」と合図。明るくなって出ると騒がれるから、映画も最後まで見れない二人。

安心してくつろげるのは彼の部屋だけ。ピアノを弾くJay、子猫のようにまとわりつく彼女。シーツの中でふざけたり、外から帰って来た彼に駆け寄って抱きついたり。

おめかしして食事。でもレストランで、マスクを外した彼はやっぱり気付かれてしまう。ウエイターに耳打ちされ、急いで店を出る二人。厨房を通って手をつないで走って逃げる。追うパパラッチ。カメラのフラッシュ。そんな生活に彼女は疲れ果て、別れを決意するのでした。

「我不配」、翻訳機で調べたら「私はふさわしくない」と出ました。わあああん、切ないよー。

これ、Kenちゃんだったらどうだろうなとしばし妄想。

無愛想でにこりともしない人が自分の前でだけ見せてくれるはにかんだ笑顔とか、大きなマスクで顔を隠してスクーターに乗って会いに来てくれるのとか、うう、きゅんと来るなあ。ギター弾いてる彼にじゃれつくとか(←めっ!と目でたしなめられたい)、離れて座った映画館で遠くに彼の横顔を見ながら切なさに胸焦がすとか、ああ考えただけでうるうるしてしまいます。病気です。

二人で食事に行って人に見つかったらどうだろう。「何も悪いことはしてない、気にするな」と言いながらも不機嫌になるKenちゃんと、周りの視線にいたたまれなくなってしまう自分。「ごめんね、無理だった」。ああもう別れの手紙の文面まで浮かんできました。とてもとても大掃除になりません。言い訳ですか?

| | Comments (0)

December 20, 2007

魔窟

41ejglypvl_ss500__2今年もあと10日。お掃除してますか奥様?ワタクシ最近ちょっとやる気を出して魔窟を2つやっつけましたの。でも家の中に無数にある魔窟が2つ3つ消滅したところで何も変わら…、い、いえ、人間前向きな気持ちが大事ですよねっ。

んなわけで、今日はテレビの横の魔窟@AV収納棚を整理。借りてたCDやDVDを箱に詰め、新たにお貸しする(←押し付けるともいう)モノをセレクト。それにしても中華なCDは何故あんなにムダに長かったりデカかったりするのでしょうか。部屋のCDラックに立てられないから収納棚に積み重ねることしかできず、結果、出し入れしにくく見づらい魔窟が誕生するのです。んもう。

そのAV収納棚もモノがごっそり減ったおかげでスッキリ片付き、心地よい充実感に包まれていると、あ、新たなブツが届いてしまいましたわ奥様。香港からの贈り物、自分で買った自分へのプレゼント@yesasiaのCDが。ううっ。

でもねでもね、テレビの横を整理したおかげでKenちゃんの本「おいしい関係」を発見しました。ひさしぶりだわこの表紙。手に取ってぱらぱら…。あら私、この中の料理って「トマト入り卵焼き」しか作ったことがないわ。買った頃は作る気満々だったのに。そういえばこの本の料理作るために黒酢も買ったなあ。蓋も開けてないや。魔窟って怖いわ、主婦から「やる気」を奪ってしまうだけでなく、買った物の記憶まで忘れさせてしまうのね、ぶるぶる。え、ただ私がだらしないだけ?と、とにかく来年は心を入れ替えて頑張りますわKenちゃん。

| | Comments (2)

December 11, 2007

近況報告

Img253768922_2くー、色っぽいなあKenちゃん。年上のお姉様と絡むと特に妖しさが増す気がします。ど、どうですかねえ、ここに年上の女がいますがひとつ。私と並べば顔の丸さも体のデカさも完璧にカバーできますけれどもひとつ。

ごぶさたしてます。F4迷激震、ニューアルバム発売のニュースも、Kenちゃんのソロコンのお知らせも、なんだか山の向こうの花火の音を聞いてる気分です。お金が、お金がないのよ〜。犬がまた手術して(←おかげさまでかなり元気になりました)、更に次のも決まり(←そんなに大変な手術ではないそうです、ほっ)、我が家はビンボーのどん底。三月の東京はビミョーな状態です。Kenちゃん、縁があればまた会えますよね?会えることを信じて地道に頑張りますわ。ではではみなさまお元気で〜。

| | Comments (2)

« November 2007 | Main | January 2008 »