« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 09, 2008

オトメなアーハオ

最近バタバタしておりまして、ようやく見ました「君につづく道」。やー、あいかわらず出番は少ないけどきっちりお仕事してくれますわKenちゃん。今週はアーハオのオトメっぷりにでれでれ。

「シューラー(仔)が危篤」との知らせを受けたアーハオ。いてもたってもいられず病院に駆けつけます。自分の運転するタクシーからいきなりお客を降ろすアーハオ。雨の夜、濡れた道に、仲間のタクシーを呼ぶこともなく…。しかも謝りません「急用だ、降りてくれ」。くー、このオレ様具合にしびれます。

それにしても、屋台で買ったっぽい「さつまあげ」食べて入院とか、自分の都合でお客を置いてっちゃうタクシーとか、かと思うとお酒飲んだ後なのにお客拾いに行っちゃう運転手とか、台湾観光局が作ったドラマなのにおおらかなエピソードだらけ。デンジャラスでエキサイティングな街@台北を観光客にアピールしたかったのでしょうか。

「シューラーが脳に損傷を受けて意識不明」と嘘を教えられたアーハオ。眠るシューラーに語りかけます。「必ず治る」「まだまだ伝えたいことがあるんだろ?」「だから死ぬなよ」。ぐっと来ました。私が死にかけてても「あ、この世でまだまだやってないことがあったんだ」と気付いたら引き返して来ると思う。短い台詞だけど作家であるシューラーに呼びかけるにはこれ以上の言葉はありません。アーハオの友情を感じてうるうる。

んで、これ!アーハオが半泣きで言う、これ!「俺が冷たくしたのは、昔の俺だけを覚えていてほしかったんだ」。
うわあ、わかる、すっごいわかる〜。自分のいい部分だけを見せたかった、たとえどんなに時が過ぎて、お互いがどんなに変わってしまっても、あなたの心の中にはいちばん美しかったときの私を置いておきたい、あのときの私を思い浮かべてほしい…。これね?これなのよね?くーーー、あんたオトメだよ!アーハオ。

が、病室に胃腸薬を持って来たナースによって嘘がバレてしまうのでした。すーっと真顔に戻るアーハオ。しらけっぷりがまた絶品。ちょっとお前顔貸せよ!な手振りでシャオマーの肩をはたき(←何気ない動作なのにすごい男前なんだよ〜)、大股でどすどす廊下を歩く姿のカッコかわいいことったらまあ。きゃあワイルドなあなたもステキ(←結局なんでもいいのかよ>私)。

シューラー達と仲直り。意地を張って、まだ少し怒っていて拗ねていて、だけど「あーもーいいよ負けたよ仲直りすりゃいいんだろ、けっ」的なアーハオの表情が小さい子のようでほほえましかったです。

次週予告にはKenちゃんの姿がありませんでした。また冬眠?しばらくアーハオの出番なし?いいのいいの二週間過ごすに充分な萌えは貯まったわ。少ない燃料でもガンガン妄想できるのが天迷。ほ〜ら真冬の寒い部屋も萌えのエネルギーでトロピカルな快適空間に。Kenちゃんの留守中も「地球に優しい私」になって二週間乗り切ってみせますわ。

| | Comments (3)

« January 2008 | Main | March 2008 »