« Kenちゃんコンサレポ2 | Main | Kenちゃんコンサレポ4 »

March 10, 2008

Kenちゃんコンサレポ3

さて開演。「♪もう少し早く 君に会えたら」。明るく美しい響きの日本語が聴こえて来て、ステージにKenちゃんが。後ろのスクリーンにきれいな青空。私の大好きな「晴天」。よく通る声が耳に心地よくて優しくて、去年のコンサから後のこの一年の私のいろんなこと思い出してぽろぽろ泣いた。

義父が倒れ、夫が実家の仕事をすることになって、私の生活も激変。毎日あたふた。うまくいかないことが多くて疲れて。そんなかさかさの私の心を包むように丸くてあたたかいKenちゃんの声が。「♪だから君はせめて 心から 幸せになってほしい」。泣く。そりゃあ泣く。今思い出しても泣く。

一曲終えたKenちゃんはステージに用意されたペットボトルのお茶(だと思う)をがぶ飲み。ふふっと恥ずかしそうにしてるのを見て、客席から迷のあたたかい笑いが。とにかく曲の合間合間にKenちゃんは必ず何か飲み、顔の汗をぬぐっていました。服装は、黒地に白のごしょごしょっと何か模様の入ったシャツ。顔はちょっとむくみ気味。アップになったときには目の下にクマが見えたような気がする。なのにものすごく声が出ていて、楽しそうだった。

|

« Kenちゃんコンサレポ2 | Main | Kenちゃんコンサレポ4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Kenちゃんコンサレポ2 | Main | Kenちゃんコンサレポ4 »