« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

April 11, 2008

アーハオにつづく道

Img253842936まさかの二週限定スーツ、まさかのホテル退職。アーハオまたチェックのシャツに逆戻り。ずっとチェックのシャツならば誰も夢を見なかったのに、奇跡のスーツ姿の後では普段着アーハオがいっそう地味にオジさんに。私は言いたい、スーツ着せたら脱がせるな!富士には月見草、いいオトコにはスーツ!もうチェックはイヤ。イヤなのよーーー。

この「君につづく道」、観光地への誘致が目的だからかKenちゃんは二の次、アーハオがカッコよく描かれておりません。大体「君」って誰?私の「君」はアーハオでKenちゃんよ!そうよそうよ、考えてみましょうよ「アーハオにつづく道」。

ホテルに就職したアーハオは持ち前のリーダーシップを発揮、台湾全土に一大ホテルチェーンを展開するの。あちこちにホテルを建設すればそれで観光地の紹介は出来るし、各地に美女を配置すればそこここでアーハオの恋愛ドラマも見られて一石二鳥。ある街では市場の清純な美少女に思いを寄せられ、また別の街では逗留中の色っぽい人妻と道ならぬ恋を。出会って別れて涙して、くーーー、愛だわ夢だわロマンだわ。え、あら、はじめちゃんは?シューラーは?うん、ときどき友達同士で集まって飲んじゃえばいいじゃない、ねっ?…ダメですかねえ。

いや、でも、ほんとアーハオがカッコよく描かれてないんですもん。何かあると飲んだくれてるし、いつも自分の部屋で酒瓶ゴロゴロ倒してる。ノンゼンもノンゼン父もルーイーも、部屋で飲んでるアーハオを見て意見して気まずくなるのもいつも同じ。ワンパターンなのです。たまには外で飲むとか、酔って脱ぐとか、踊るとか、違うアーハオを見せてほしい。お願い。

ノンゼンがアーハオに後ろからそっと抱きつくシーンも、アーハオがいまひとつカッコよく見えません。どっちかというと、ラストのアーハオがルーイーの腕をぐっと掴むところの方がきゅんだったな。そう、アーハオは相手から何かされるのは似合わない。されるよりする方、受けよりも攻め。ルーイーの腕をぐっと掴み、酔ってノンゼンにキスしそうになる、危険な男でお願いします、うん。

| | Comments (3)

April 05, 2008

今週のアーハオ

En0404くー、何度目だそのシャツ。いくらお金のない役とはいえ、いつもいつもチェックのシャツを着せられたアーハオ。それでもサイズが合ってればそれなりに見えるのに、妊婦でも余裕で着れそうなゆったり具合。なんでいつもあのシャツなのか。一応主要キャスト、もうちょい考えてやってはくれまいかスタッフ。…はっ、まさかの私服?どこかのインタビューで動きやすい服が好きとか言ってたような気がするぞ。あれが衣装ならスタッフの怠慢に腹が立つが、私服ならKenちゃんのセンスを疑いたくなってしまう。うー、出て来るなり迷に私服のセンスまで問われるKenちゃん。ごめんね私最近疲れているの。ぜーぜー。

と、と、出たあああ。スーツだスーツ。止めて、時間を止めて。もう今週はこのままこの画像で静止して音声のみでお送りして下さってもいいぞ「君につづく道」。ぽっちゃりさんも安心・体をぐっと引き締める濃色スーツに白襟きりり。ちょっとおじさんっぽい緑のネクタイもご愛嬌。なんていうんですか、うーん、大人の茶目っ気?あえてハズしてみた?イヤミにならない着こなし術っていうんですか?わざとよね?そう思おうよ、お願い。ネクタイはいまひとつだけど、でもいい。きれいきれいきれい。日焼けした顔もステキ(←昨日までは普通の顔色だったような気がするけど気のせい気のせい)。なんてスーツが似合うのかしら。ずっとホテル勤めのはずのはじめちゃんよりもずーっとホテルマン。いきなり支配人な品格と貫禄。神様ありがとう。人は着るものでこんなに変わって見えるのですね。

あ、黒もいいわ。レストランに入ったアーハオ。あら、なんか髪まで伸びてるような(←気のせい気のせい)。え、突然の元カノ出現。うう、あの微妙な空気の中でノンゼンと恋人宣言。「俺も好きだった」とか言っちゃうのですか?三角関係、いや、はじめちゃんを巻き込んで四角関係のはじまり?バックのピアノ曲もなんだか昼メロチックで、いいぞいいぞ盛り上がって来たぞ〜。が、次週予告を見るとなんかはじめちゃん兄のホテル社長とアーハオが揉めてる様子。もしかしたら二週限りのホテルマン?またチェックのシャツに逆戻り?ある意味ストーリーよりも気になるアーハオの今後のファッション動向。彼が来週何を着てるのか、アゴはあるのか、首は見えるのか、ハラハラしながら待つのも迷の楽しみ。誰とくっついてくれてもいいから、いい服着せてやって。カッコよく撮ってあげて。お願いっ。

| | Comments (4)

« March 2008 | Main | May 2008 »