« どっちだ | Main | Kenちゃんと座談会 »

May 30, 2008

不器用な男

丸い。今週もまた丸い「君につづく道」。アーハオの輪郭がときどきパタリロのそれに見えてしまう私はもう天迷とは言えないかもしれません。ダメよ緑、メガネを、メガネを曇らせるのよ、はーっ、はーっ(←メガネに息を吹きかけている)。大丈夫、まだ大丈夫、Kenちゃんは今日も綺麗。…何か、何かが間違っているぞ私。

アーハオの部屋で鍋を振る舞うノンゼン。スーパーで特売の肉?美味しかったらまた買う?んな無神経な。坊ちゃん育ちが貧乏に転落して、そんな自分をふがいなく思っているアーハオに言うかそんなこと。そしてそしてパック詰めの肉をそのまま鍋へ投入。きいい、せめて皿に盛れよノンゼン。恋人の部屋で料理作ってるのに、美味しく食べてもらおう、目で楽しんでもらおうという気持ちが感じられないのと、「この肉は安かった(だから気にせず食べなさい)」とわざわざ言うところがなんかもう「オカン」。悪い人ではないけれど夢もロマンもない。ときめかない。アーハオが彼女と結婚したらあっという間に所帯じみてしまいそう。

でもアーハオもよくない。別れを告げるのに「俺と一緒にいれば苦労する」はマズい。そう言われたら「あなたと一緒にいることが私の幸せなの」「苦労してもそれは苦労じゃないの」とノンゼンは余計に燃え上がってしまう。ダメよあの子ドMなんだから。火に油を注ぐようなこと言っちゃダメ。

そう、アーハオは女性と上手に別れられない男。自分が悪者になってルーイーを振ったけど、結局自分も彼女もずるずると恋を引きずったまま。そして今度はノンゼンに別れを告げようとして、いい人のまますっぱり別れることが出来ずにいる。

実は恋に不器用なアーハオ。あの顔で、あの色気で実は不器用。二人の女性から愛されながら、どちらも幸せに出来ずに苦悩するアーハオ。クマの皮をかぶった小犬。ぐおー、なんかかわいい、なんかそそられるぞアーハオ。

|

« どっちだ | Main | Kenちゃんと座談会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どっちだ | Main | Kenちゃんと座談会 »