« February 2009 | Main | November 2009 »

March 2009

March 29, 2009

Kenちゃんコンサ@大阪 6

「DESPERADO」。泣いた。

日本語と英語と中国語でのMC。「つ『き』の きょく は(ぎ!ぎ!…いやいい、キミはずっと「き」でいて。直さないで。かわいいから)」な危なっかしい日本語。ケイン・コスギで男版アグネス・ラム。初々しい。「おおさか(←ここでちょっと間を取って)さむい」。わかってやってるのか天然なのか、いい間の取り方でミョーに面白いことを言う。

が、英語と中国語は早くて饒舌。さっきまでのかわいい人が急に賢くて頼もしい人になる。かわいいかと思えばカッコよく、カッコいいかと思えばかわいい。くー、このギャップったらギャップったら。かわいいとカッコいいの間を何度もヨーヨーのように振り回されてすっかり骨抜き。

斜め上から見下ろすKenちゃんはちょうど目元に影が落ちて、SUNTORYの缶コーヒー@BOSSのトレードークの顔みたいに見えた。それでも充分綺麗だったんだけど、照明の加減でKenちゃんの目がまともに、ぐあっと、あの目が、目が(←しつこい)見えたときがあったの。こっち見たときがあったの。

……し、心臓止まるかと思った(ほんとに)。

目の光が強い。ハンパなく強い。鷹に狙われた野ネズミの気持ち。目が合ったとたんに「あ、ダメだ、もう逃げれんわ」と悟っちゃう、まだ攻撃もされてないのに死を覚悟させられちゃう凄み。綺麗だけどカッコいいけどそれだけじゃない、生物として強い。あんなの間近で見たら足腰立たなくなりそうだ。よかった。遠くで良かった(ほんとに)。

あー、もー、どんどん長くなる。もういい。はしょる。よかった、とにかくコンサよかった。見てる間中、幸せだった。気持ちいい音楽とあたたかい雰囲気にすっかりくつろいで、気がついたらずっと顔が笑ってた。二度目のアンコールで出て来てくれたKenちゃんの苦笑。帰り道の地下鉄のガラスに映った迷さん達の顔も笑ってた。笑顔がいっぱい。ほわんとして幸せ。

さて帰り道。連れて帰ってもらったおかげでスムーズに新幹線にも乗れて(←ありがとうございました。お話しできてすごい楽しかったです>二迷様)、ああもう後は帰って寝るだけだわ〜と思ったそうではなかったのです。最後の最後、私の乗った在来線が止まりました…。駅と駅の間で突然。「踏切に異常を感知したのしばらく停止します」って。結局何もなくて再び走り出したのですが、あれはきっとオトコマエが「まだ帰るな。そばにいろ」と電波を飛ばしたんだと思いますわ(←幸せなヤツ)。

| | Comments (2)

March 28, 2009

Kenちゃんコンサ@大阪 5

あー、うー、なんでこんなに関係ない話を延々と書いてきたかというと、コンサのことをどう書いていいんだか考えあぐねているからだったりする。覚えてないんです。だからすみません。間違ってたらすみません。

うん、そうだ、感じたことを書こう。

出て来た瞬間にきゃあああ。普段着っ!普段着っ!普段着っ!このまま街を歩いても違和感がない、ほんっとに普通の服装。香港コンサでは光るマントをまとい、秋のスーコンでは青いコートを翻してたKenちゃんが、自分のソロコンではシンプルなジャケット姿。これはきっと「ありのままの俺を見てくれ」なのね、つまりは「ハダカのオレを見ろ」なのねと勝手に拡大解釈。

声がいい。瓶に入ったはちみつを傾けたときみたいな感じ。黄金色のとろ〜んとした液体がゆっくりゆっくり流れて行くみたいな、そういう声。歌い方は、えーと、すごくパワーのある車があえてゆったりのんびり余裕を持って走ってるみたいな。無理に張り上げている様子はないのに、豊かな声がよどみなく出てるっていう印象。聴いててくつろげる声だった。すっごい気持ちよかった。

バンドのメンバーの中に「オペラ座の怪人」の扮装をした人がいて、彼を紹介するときにさらさら〜っとその「オペラ座」のフレーズを歌い上げるKenちゃん。くー、どうしてこの人やることなすことカッコいいの?何気なくさりげなくやったことがもう普通にカッコいい。私、これから何回「カッコいい」って書くかわかりませんが、他に言いようがない、カッコいいんだほんとに。

歌い終わると水を飲む。あ、また水飲んでる、ふふふ…と笑って油断してちゃいけない、Kenちゃんがハンカチで額を拭く、そのハンカチをちょうだい〜と騒ぐ迷達に「later」。また言い方が心憎いんだよさらっと「later」。ぴーきゃー騒ぐ女子をあしらうことにすっごい慣れてる感じの「later」。モテる男の「later」。やー、いいもん見たよほんとに。

ジャケットを脱いだら少年。白いシャツをいつものように肘までかくんかくんと太めの幅でまくりあげた少年。春になって黒い制服を脱いで合い服になった男の子みたいに見えて、自分の脳のヤラれ具合に衝撃を受ける。いくらなんでも三十路を少年って…。でも見えるんだよしょうがないよ。

少年かと思えば突然おっさんに。Eaglesを歌ったときの赤いシャツ。な、なんで?服が変なのか、着方が変なのか、メキシコのあやしいタコス売りみたいな力の抜けたスタイル。がっ、「Hotel California」を歌い出すと全然気にならなくなるんだよ。おっさんがお兄さんに、ちょっと悪い、セクシーなお兄さんになるの。すげー。

長っ。とりあえず送ってしまえ、えい。

| | Comments (0)

March 27, 2009

Kenちゃんコンサ@大阪 4

コンサ会場までまた歩く。会場前の公園のベンチに腰かけて行列を眺める。入場にはまだ早いから、あれはグッズに並んでるんだろう、私がいたときよりも長い行列が公園の真ん中を横切っておりました。

へー、ずいぶん男の人に人気あるんだなあKenちゃんって。

列の半分は男性で、中高年の方もたくさん。後で聞いたら同じ会場で行われた「レッドクリフ」の試写会に並んでたみたいです。…そうか、そうだよなあ。

ベンチにいる私を見つけて下さった天仔迷さんとお友達としばらくお喋り。話題はコンサグッズのルミカライト。「これはどこを折るのだろうか?」。だってね、ただの筒なんですよ、液体入りの透明の筒。そこにプラスチックの突起がついた簡素な作り。東京コンサに参加した迷さんに「どこを折ればいい?」とメールで訊いてもらったら「どこでもいい」との答えが。えええ?

ライトをいじくりまわしていたら天仔迷さんが点灯に成功。ずーっと触っていたらなんとなくやわらかくなる、とのこと。でも私はまだ折れずに、そのまま会場に入場するはめに。三人とも席はバラバラ。まあいいや。近所に座った人になんとかしてもらおう。

…と思ったら私の席の周りの方も戸惑っておられて「どうやったら点くんですか?」と訊かれました。「いや、私もよくわからないんですけど、とにかくどこでもいいから折ればいいらしいですよ」。で、腹をくくってぽきっとやったら、あ、やっと点いた。「すみません、これどうすれば…」。後ろの方にも訊かれました。「力込めて折ってみて下さい」。コンサ始まる前に大騒ぎ。

私の席は隅っこだけど、思ったよりもステージが近かった。コンサ始まってみたら、いや、もう、すっごいよかったよこの席。斜めから眺めるKenちゃんはシャープでスリムで細かった。くーーー。

| | Comments (0)

Kenちゃんコンサ@大阪 3

グッズ購入後はblogを通じて仲良しになった天仔迷さんと、そのお友達とお会いしました。朗らかで常に笑顔な方。コンサの後、ご一緒させて頂く約束をして私はガイドブックで見たあのパン屋さんへ。

ガイドブックにはコンサ会場周辺は載ってなかったので、市営地下鉄のサイトにあった広い範囲の地図を印刷し、たぶんこの辺りだろうと見当をつけて歩いてみた。目印は銀行。銀行にぶちあたったら左折っと。

てくてく。てくてく。てくてく。
てくてく。てくてく。てくてく。
てくてく。てくてく。てくてく。

…先生、行けども行けども銀行がないんですけど。それに、なんか次の地下鉄の駅の出入り口みたいなの見つけちゃったんですけど。

近くにあったビルの守衛さんに地図を見せる。
「すみませーん。あの、ここはこの地図でいうとどの辺りでしょうか?」
守衛さんはじーっと地図を見たかと思うと、地図にない場所を指しました。
「うーん、この辺りかなあ」
彼が指したのは、印刷した地図の余白の白い部分。私はだいぶ歩き過ぎたらしい。

「私、銀行を目指して歩いて来たんですけど、見逃しちゃったんですかね?」
「地図が古いですわ。この銀行はもうなくなってますねえ」
軽やか〜な関西弁で優しく話して下さる守衛のおじさん。ふと見ればおじさんのそばにまた別のおじさんが出現。一緒に地図を覗き込んでいます。

「あのね、こっちに歩いて二つ先の角を曲がって下さい」
守衛のおじさんが言うと、隣りのおじさんも無言で頷きます。
「すみません、ありがとうございました」
私が歩き出すと、無言で頷いてたおじさんも「よし!」みたいに頷きながら別の方向に歩いて行かれました。守衛のおじさんが上手く説明できなかったらフォローするつもりだったみたいに思えました。大阪の人、親切だな。

「二つ先、二つ先ですよ〜」
歩き出した私の後ろから更に声をかけて下さる守衛さん。ああ、なんか人があたたかいなあ。

パン屋さん到着。おお!おお!おお!なんか珍しい名前のバターをはさんだのとか、尋常でないほどくるみが入ったのとか、マンゴーまで含んじゃったのとか。乗せる乗せるどんどん乗せる。乗せ過ぎちゃってトレー二枚目に突入。コンサの前に大荷物。でもでもでも、重たくても買っててよかった。美味しかったのよ〜。何食べても全部美味しかった。夫と奪い合うようにして食べました。

| | Comments (0)

March 25, 2009

Kenちゃんコンサ@大阪 2

さて新幹線。ぼーっと自由席の列に並んだら喫煙席で、煙に包まれながら新大阪へ。乗り換えが心配だったけど、前方にKenちゃんのエコバッグを持った人を発見。やった〜happy02この人に着いて行けば会場まで行ける!「私の天使」と心の中で命名。すたすた歩く天使の後ろを追いかける私。

が、私には使命が。「夫の実家に土産!」。ほぼ毎日顔を合わせていて、今日のコンサのお出かけも当然知っている義両親。何か買って帰らねばまずい。昨日調べたパンの店には、グッズ購入の列の長さによっては行く時間がないかもしれない。駅で何か買っといた方が良さそう。泣く泣く天使を見送り、土産物売場をぶらぶら。店にはなぜか「赤福」が。伊勢の土産の「赤福」が。旗まで立てて山積みに。おっと、京都名物「八つ橋」も並んでる。いや便利だけどさ、なんかちょっと風情がないというかなんというか。しかし、私が買って帰った焼き菓子は家に帰って見たら神戸のでしたcoldsweats01

本町駅から会場へ。地図を見ながらなんとなく歩いていたら着きました。思ったよりもこじんまり。趣きがあるというか、古そうな、後でKenちゃんもコンサ中に言ってましたが「味のある」建物。道を隔てて公園があり、そこには既に迷の列がゆるやかにカーブを作っている。とりあえず並んどこ。

一人なので、近くの迷さんの話が自然に耳に入る。中に結構な辛口でお喋りしてる人達が。とにかくいろんなことをずっとぼやいておられる。聞くまい、と思うのにそういうのって聞こえてしまうのです。でもでも、その人達いっぱいいっぱいグッズ買っておられました。買った後、ちょっと嬉しそうでした。愛にはいろんな形があるのね、と思った出来事でした。

| | Comments (0)

Kenちゃんコンサ@大阪 1

行って来ましたKenちゃんコンサ@大阪。長いです、だらだら長いです、コンサレポは「4」くらいになると思います、お時間のある方だけどうぞ。

今回は初の一人コンサ。地元の駅でさえ道に迷ってタクシーに乗ってしまうようなこんな方向音痴が一人でコンサ。行く前からもう心配でたまらない。案の定、駅のサイトで構内図を見てもよくわからない。厚生年金会館のサイトの地図も大雑把。わからんわからんもうわからん。

前日に書店でガイドブック購入。軽くてシンプルで目が疲れないかわいい本。あ、あら楽しいわ。ちょ、ちょっと気分が盛り上がって来たわ。おっ、このパン屋さんおいしそう。ネットで検索、買った人の感想を読みあさる(←早く寝ろ!)。お店のサイトを右往左往して探すが見つからず(←早く寝ろ!)。ベッドに入ったけど、目が冴えて眠れず(←そりゃそうだ)。

うつらうつらしたらもう朝。あああああ。掃除、洗濯、米を研ぐ。夫の夕食には一昨日の残り物のカレー。大丈夫、たぶん大丈夫。火を通して冷蔵庫に入れてたから大丈夫。

なんとか支度して家を出る。まだ到着まで時間があるから、駅のベンチには私一人。iPodでKenちゃんを聴く。ドキドキだ、この段階でドキドキだ。どれだけ気が小さいんだ自分。

お、ようやく人が来た。もう一人来た。中学生くらいの女の子だ。電車も来た。さあ乗る。さあ…乗…る?

わああああ。電車はそこに止まっているのにドアが開かない。え、なんで?困惑する自分。ああ、回送電車?いや違う、いっぱいお客さん乗ってる。なんで、なんで?

さっきの中学生女子が走り出した。あ、あっちのドアだ。そうか、「前の車両しかドアは開きません」な電車だったのか(ときどきそういうのがあるのですよ、田舎の駅には)。私も慌てて走る。遅い。中学生女子よりうんと遅い。ぎゃあ。私だけのために、私だけのためにこの電車が止まっている。

「私だけ」って二つあるよなあ。「私だけのために借り切られたレストラン」はカッコいいが、「私だけのために発車できない電車」はすんごい恥ずかしい。赤面して乗り込む。お辞儀。小走りで空いた席へ。

な、長っ。2へ続きます。

| | Comments (2)

March 24, 2009

帰宅途中です

すごく良かった。幸せな時間でした。

| | Comments (0)

ペンライト

座席のあちこちで光って綺麗です。

| | Comments (0)

ルミカライト

ルミカライト
どこを折るか議論中。

| | Comments (0)

大阪に着きました

グッズ買って、今はおいしいパン屋さんでたくさん買いこみ荷物が重いです。

| | Comments (0)

March 20, 2009

明日はコンサ初日

わっ、巻いてる巻いてる!首にチェックの布っ切れを巻きつけ、体の厚みから目をそらせる中尾彬ないでたちのKenちゃん@なるトモ。ほそ、ほそ、細くはないが太くないっ。あれは全然太くない。ぜーはー。愛とは全てを許すこと、そして慣れること…。ああ、ドアをこんこんノックする手が指が既にオトコマエだ。うどんをすすり切れないで悪戦苦闘するやすよともこさんを、画面の右上の小窓で見つめるKenちゃんの優しい優しいまなざし。いいなあ。やっぱりKenちゃんはいいなあ。

おひさしぶりでございます。仕事&実家の手伝いでヘロヘロです。でも痩せません。というより肥えました。神様、前の記事であなたを責めたのがいけなかったのでしょうか。ごめんなさい土下座しますコンサまでに10キロほど痩せさせて下さい。ああ席が遠くてよかった〜。よかった〜。わ〜ん(←負け惜しみ)。

さて大阪。私の家から一番楽なのは、新幹線で新大阪、地下鉄で本町に行く方法のようです(たぶん)。でも本町で降りてからいまいち自信が…。駅を出たらコンサに行きそうな人の後をついて行くことにしますわ(←おい)。問題は帰り道。奥さん、本町駅って地下鉄の路線三つもあるんですって。乗り間違ったら終わりです。終電に乗れません。ええ日帰りなんです。田舎の交通事情はシビアなんです。加油だワタシ。

明日はコンサ初日。桜咲く東京で歌う舞うオトコマエ。いや、舞うかどうかは知らんけど。私は大阪だけなんですが、どこかでレポが上がるのをほんとに楽しみにしてます。加油だKenちゃん&迷様。

| | Comments (4)

March 04, 2009

Kenちゃんコンサのチケットが届きました

今の気持ちを歌に乗せてお送りしてみたいと思います。

♪ は〜るばる〜来たぜ 壁際ぁぁぁkaraoke(北島三郎)

スーコンではあんなに天井に近い席を与えて下さり、そして今度はKenちゃんから遠くの遠くの隅っこに。

神様、心配性のあなたはか弱い私がKenちゃんのフェロモンを浴びすぎないよう、セクシービームに当たりすぎて壊れないように配慮して下さったのですね?

そーんなご配慮はご無用ですわ!!!

ワタクシそんなヤワな人間ではございませんことよ!!!

植物が日の光を浴びてエネルギーを蓄えるように、ワタクシも萌えとキュンを貯めて生きているのです。

職場&実家手伝いで忙殺され、心はカサカサ。

このコンサの、コンサのチケットだけを頼りに頑張って来たの。

フェロモンも、セクシービームもむしろ浴びたかった、当たりたかったのよーーー。

神様、ワタクシこのままでは非行に走ってしまいそうです。

…今日は禁断の缶コーヒーを二本も飲んでしまいました。

| | Comments (7)

« February 2009 | Main | November 2009 »