« December 2009 | Main | March 2010 »

January 2010

January 16, 2010

お誕生日おめでとう

去年の結婚記念日はスーパーのお寿司でした。もうそろそろだなあと三日くらい前に思い出したきり忘れていて、当日たまたま携帯のカレンダーを見て「あっ!」。しかし、もう手の込んだごはんなど作る気力もなくスーパーへ。

「今日何の日か覚えとる?」
「へっ?…あっ!」

夫も忘れていた。今年の結婚記念日はたぶん、過ぎてから思い出すのではないだろうか。いいんだ、それでいいんだ。忘れてしまうほど当たり前に普通になること、空気のように普段はその存在を意識せずに暮らして行けることが幸せなんだろうたぶん。

と、長い前置きをしておいて何の話かというと。

Kenちゃんごめんなさい。私、あなたのお誕生日を忘れていたの。ええ、あなたはもう空気のように自然に私の生活にとけ込んでいるから、だから、だからなのよ〜と苦しい言い訳。

Kenちゃん31歳おめでとう。毎年この日が来るたびに「Kenちゃんってまだ若かったんだな」といつも驚いてしまいます。「いつ芸能界を辞めるかもしれんし」みたいなスタンスだったのが、腹をくくり腰を据えてだんだん自分の場所を確保し、そこを居心地よく変えていく強さを見せてくれて、はるかに年下なのにもう尊敬しかない。

Kenちゃんが芸能界に入って生き方を制限されてしまったように、全然規模は違うけど私もいろいろ捨てたりあきらめたりせねばならない状況に陥っているのですが、そうなってみるとほんとに「腹をくくる」「腰を据える」は難しいことなのだと実感しました。

苦しいとき、投げやりになってしまいそうなとき「あ、でもKenちゃんもこの道を歩いて来たんだよな」と思うと少し行く道に光が射すような気持ちになります。遠くにいるきらきらした人を思うと、ちょっと憂さを忘れて笑顔になれる。スターっていうのはほんとに星のようにその輝きでたくさんの人の目を惹き付け、幸せな気分にさせてくれる選ばれた特別な人々だと思う。Kenちゃん、これからも星でいて下さい。お誕生日おめでとう。

| | Comments (2)

January 11, 2010

かゆいところに手が届く

「桃花タイフーン」第二話。妹役のシンディー・ワンがかわいい。細くて白くて小さくてかわいい。女の子っぽい白いワンピースなんか着てると可憐で清楚で妖精のようだ。

台湾ドラマってなんかヒロインがなんかなんか(←はっきり書けよ私)いまひとつあとすこしだったりすることが多いので、私好みの女の子が主人公のこのドラマは安心して見ていられる。茶色の髪、透き通る肌、たいがいの女子がもっさり見えてしまうであろう柔道着姿でさえかわいく着こなす華奢な体型。かわいい、本気でかわいい。

で、そのでっかい兄ちゃん達の胸の辺りまでしかない小柄な妹が、ちょっと怒ってみせただけで兄ちゃん達がおろおろ、慌てて機嫌をとろうとするところににんまりする。これって憧れだよなあ、「そんなつもりはないけどカッコいい男を振り回してしまうワタシ」。

そしてこのドラマのもう一つのお楽しみは嫉妬。知的だったりセクシーだったり体育会系だったりファッションセンス抜群だったりするそれぞれタイプの違うオトコマエがみんな妹を溺愛し、妹の恋する男に本気で嫉妬するところ。兄だし、恋愛に発展するわけではないけれど「こういうふうに情熱的に誰かに愛されたい」のツボを全員でぐいぐい押してくれます。あー気持ちいい。

あ、予告であったようにカッコいい兄ちゃん達が四人でこぞって悪だくみ、Sっ気たっぷりに黒ーい笑顔で何か企んでるようなところも萌えます。いい男が集団で群れてるのってたとえそれが悪だくみでも目に心地いいよなあ。カッコいい男達を振り回し、カッコいい男達から溺愛され、カッコいい男達が群れているのが見られる、ほんとにもう痒いところに手が届くようなドラマです。今週はKenちゃんが五男の弟をにらみつけるときの鋭い目つきにしびれました。

| | Comments (4)

January 06, 2010

いじめられたい男

あけましておめでとうございます。もう六日だけど、それでも「あけましておめでとうございます」。年々、自分が厚かましくなっていくのを感じます。今年もきっとぽつりぽつりの更新になると思いますが(←いきなり消極的だな)よろしくお願いします。

で、来た、来たのですよ、ドSな兄貴が。BSで始まったドラマ「桃花タイフーン」にKenちゃんが。五人の男兄弟、一番下の妹を溺愛するカッコいい兄ちゃん達。Kenちゃんは長男で有名お天気キャスター。三年連続で「脱がせたい男No.1」に選ばれたという殿堂入りのオトコマエ。五人の兄ちゃん達の中では「セクシー担当」という位置づけのようです。うん、異論なし。

兄ちゃん達はとにかく妹の桃花がかわいくてしかたがない。妹に近づく男は一致団結して追い払う。で、このときのKenちゃんがステキなのですよ。妹に告白して来た男を野球のバットでぶっ叩こうとする四男に「まあそう焦るな」、長男の貫禄を見せて制する。そして「桃花は田中家の宝だ。俺達より劣る男は認められない」。涼しい顔で静かに脅す。このときの猫がネズミをなぶるような、余裕たっぷりの態度がステキ。

このドSっぷりは地ではないだろうかと思わせるほど演技が自然。Kenちゃんがドラマに出るときは「酒飲んでやさぐれてばっかりでなさけない…」とか「純情過ぎてこれはKenちゃんじゃないわ」とか思ったりすることが多いのですが、「桃花タイフーン」のKenちゃんは全然違和感なし。実にのびのびと楽しそうに人をいじめています。このドラマの中でKenちゃんは「脱がせたい男No.1」に選ばれてましたが、私の中では「いじめられたい男No.1」を五年連続受賞してます。…って新年最初に書く記事がこれでいいのか私。

| | Comments (2)

« December 2009 | Main | March 2010 »