« かゆいところに手が届く | Main | 「福田充徳の家呑みレシピ」 »

January 16, 2010

お誕生日おめでとう

去年の結婚記念日はスーパーのお寿司でした。もうそろそろだなあと三日くらい前に思い出したきり忘れていて、当日たまたま携帯のカレンダーを見て「あっ!」。しかし、もう手の込んだごはんなど作る気力もなくスーパーへ。

「今日何の日か覚えとる?」
「へっ?…あっ!」

夫も忘れていた。今年の結婚記念日はたぶん、過ぎてから思い出すのではないだろうか。いいんだ、それでいいんだ。忘れてしまうほど当たり前に普通になること、空気のように普段はその存在を意識せずに暮らして行けることが幸せなんだろうたぶん。

と、長い前置きをしておいて何の話かというと。

Kenちゃんごめんなさい。私、あなたのお誕生日を忘れていたの。ええ、あなたはもう空気のように自然に私の生活にとけ込んでいるから、だから、だからなのよ〜と苦しい言い訳。

Kenちゃん31歳おめでとう。毎年この日が来るたびに「Kenちゃんってまだ若かったんだな」といつも驚いてしまいます。「いつ芸能界を辞めるかもしれんし」みたいなスタンスだったのが、腹をくくり腰を据えてだんだん自分の場所を確保し、そこを居心地よく変えていく強さを見せてくれて、はるかに年下なのにもう尊敬しかない。

Kenちゃんが芸能界に入って生き方を制限されてしまったように、全然規模は違うけど私もいろいろ捨てたりあきらめたりせねばならない状況に陥っているのですが、そうなってみるとほんとに「腹をくくる」「腰を据える」は難しいことなのだと実感しました。

苦しいとき、投げやりになってしまいそうなとき「あ、でもKenちゃんもこの道を歩いて来たんだよな」と思うと少し行く道に光が射すような気持ちになります。遠くにいるきらきらした人を思うと、ちょっと憂さを忘れて笑顔になれる。スターっていうのはほんとに星のようにその輝きでたくさんの人の目を惹き付け、幸せな気分にさせてくれる選ばれた特別な人々だと思う。Kenちゃん、これからも星でいて下さい。お誕生日おめでとう。

|

« かゆいところに手が届く | Main | 「福田充徳の家呑みレシピ」 »

Comments

Kenちゃん31歳おめでとう♪

>幸せな気分にさせてくれる選ばれた特別な人々

ほんとスターの存在って、近くで応援してくれる人より元気もらえたりするのはなぜなんでしょう?(私がミーハーだからでしょうか?笑)

塩野七生だったかな?人間は前もって期限が分かっていたら、たいていのことは絶えられるって、書いてたの読んだ事があります。

私も好きなスターさんたちのスケジュールを考えながら、彼も今頃がんばってるんだから、私もあと3ヶ月がんばろう!とか、くだらないけどそうやって過ごしてます。

Posted by: めひじゃ | January 16, 2010 at 21:13

>ほんとスターの存在って、近くで応援してくれる人より元気もらえたりするのはなぜなんでしょう?

元気もらえますよねえ。
ああ疲れた、何もする気が起こらんわ〜と思ってたのに、スターさんがちょっと笑うの見ただけで、あ、今のもう一回巻き戻して見よっと、ああスローで再生、この唇がにやっとするとこがたまらんわ〜と見ているうちになんか気持ちが復活してたりするの。
自分がミーハーでよかったと思う瞬間です(笑)

>人間は前もって期限が分かっていたら、たいていのことは絶えられる

あー、うん、わかる気がします。
戦争中の捕虜の話だったかな
「穴を掘らせて、穴が掘れたら今度はそれを埋めさせる、それをずーっと続けさせていると捕虜が発狂する」というのを聞いたことがあります。
人間、無期限に何かをやり続けるのが難しいのかもしれませんね。

>好きなスターさんたちのスケジュールを考えながら、彼も今頃がんばってるんだから、私もあと3ヶ月がんばろう!

私もめひじゃさん方式で期限を区切ってみました。
とりあえず三月四月五月が忙しい(長い…)ので五月の山を乗り切るのを目標に頑張ります。

Posted by: | January 18, 2010 at 20:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« かゆいところに手が届く | Main | 「福田充徳の家呑みレシピ」 »