緑の毎日

March 02, 2010

「福田充徳の家呑みレシピ」

News_large_1266455931fukuda_a_8おひさしぶりです、お元気ですか?気がつけば三月。ばたばたしてる間に三月。…みたいなことを毎回書いている気がします。ぼちぼちの更新ですみません。

夫の実家が忙しいです。鏡を見ると目が死んでいる。が、一冊の本、一枚の写真ですっかり元気回復。なんでしょうこの笑顔は。かわいい。かわいいったらかわいい。三十半ばなのに少年のようなはにかみ。私の好きなチュートの福ちゃんが料理本を出しました。そう、そうなんですよ、この人も料理が好きで、でもって手や腕がものすごい綺麗なの。テレビでアップになると繊細で美しい指に見とれます。フェロモンがむんむんのタイプではないけれど、短い髪の耳から首筋にかけてこぼれるような清潔な色気が。あまり目立たないが実は脚も長い。まるでどこかの誰かのような。

昨日届いたこの本、想像してたよりもずっと実用的でした。エッセイや写真が少なくてびっしりレシピが載っている。鶏一羽使った本格的な料理から、ちくわを利用した手軽な一品まで。初心者も、ちょっと凝ったものを作りたい人もなんでも来いみたいな感じ。料理に添えたひとことひとことがいちいちかわいい。「この人きっといい人なんだろうな〜」と思うような丁寧なコメントなのです。いいなあ、この人いいなあ。

あら、こんな長文に。気持ちが荒む日もありますが、大好きな人達を見てきゅんとしたりうっとりしたりでなんとかやってます。みなさまもどうかお元気で。

| | Comments (6)

December 31, 2009

一年の終わりに

あっという間に大晦日、いろいろあった波乱の一年でした。

楽しい思い出は三月のKenちゃんコンサ。コンサ。コンサ。…コンサだけだったわ(←きっぱり)。

まあでも一年の終わりには、自分に与えられた場所で自分がどこまでやれるのか楽しんでみよう、みたいな気持ちになれたので終わりよければ全てよし。

Kenちゃんにもだいぶ助けてもらいました。もやもや〜っとしてるときにふっと、Kenちゃんの笑顔をしぐさを見てきゅーん。ああまたこのきゅーんを味わいたい、味わうためには私は生きとらんといかんわ、そんな気持ちが私をずっと動かしてくれました。すみません、読んでる人には何も伝わらないかもしれない、でも書いて残しときたかったので書く。

Kenちゃんに限らず、他人にそんな気持ちを抱かせる、そんなパワーをくれるきらきらした人達を来年も追っかけて行きたいと思います。追っかけて行って好きだーーーと叫びたい。

あまり更新しない気まぐれなblogに遊びに来て下さってありがとうございます。来年もよろしく。ではではみなさま、よいお年を〜。

| | Comments (2)

December 27, 2009

Wの悲劇

あまり良いことのなかった今年一年、せめて年末くらいは明るく楽しく過ごそうじゃないかとW録画のできるレコーダーを買ったのですよ。ええ、録りまくりました。ハンサム芸人や美形ゲーマー、立ち飲み屋が好きなキュートな彼も、低音ボイスがセクシーなあの人も、番組表に名前が出てれば全部録画。一週間先まで予約録画。

ついに今日レコーダーが悲鳴をあげました。「これ以上予約できません」のメッセージが。わあ怖い。これだけテレビ録画に執念を燃やす自分が怖い。テレビしか楽しみのない自分が怖い。

まあ予約はこれからしっかり逃さぬように一日一日気をつけるとして(←まだ録る気かよ!)、このW録画機能、あればあったで結構厄介だということに気付きました。これまでは好きな芸能人が同時刻に違う局に出てるときには、しょうがないので一人を選んで一人を捨てていたのですが、W録画ならどちらも捨てずにキープ。好きな人を録って録って見まくる、愛の生活がスタート。というわけで私のレコーダーにはハンサムも美形も仲良く共存し、なおかつキュートもセクシーも貯まって貯まって大変なことに。

いや、貯まるのはいいんだけど、見るのは私一人、そして一日は二十四時間だということに最近気付きました。ああ、目が四つ欲しい、徹夜が何日続いても大丈夫な気力と体力が欲しい。来年はこのラインナップに更に私の本命、あのオトコマエが連なることになるのです。うう、ああ、大丈夫なのか私。愛が重たい。Kenちゃん、これ以上愛の生活が続くと私はぼろぼろになってしまいそうです。くうう。

| | Comments (0)

December 15, 2009

さあ来い オトコマエ

毎年この時期になると悩んでいたのですよ、年末年始のテレビの特番ラッシュ。真夜中の長時間のお笑い番組とか、見たいタレントが同じ時間に違う局に出てたりしてどちらをとるか愛の選択を迫られたりした。機械の調子が悪くてDVDに焼くことができないので、常にハードディスクの残量に怯える毎日。見ては消し、消しては録画する自転車操業の日々。

でも、もう私悩まないの。買っちゃったの。全然お金ないのに買っちゃったの、DVDレコーダー。いいの。もういいの。Kenちゃんのパーティーにも行けないんだし、年末年始もほぼ仕事だし、なんかもうヤケになっちゃったの。

さあ、これで安心。たとえオトコマエと美形が裏番組でかち合ったとしても「わたしにはあなただけよ〜」と涼しい顔で二股のW録画。あ、あちらに気になるイケメンが…と思えばささっとキーワード検索で予約録画。美男子もハンサムもいいオトコもこれで大量確保が可能。そうよ私は愛をお金で買った女。おーほっほ。文句があるならベルサイユにいらっしゃい!

Kenちゃん、これでお正月から始まるあなたのドラマ(←いや、Kenちゃんあんまり出ないらしいけどさ)も全話録画できるわ。来年もあなたへの愛に生きる私をあたたかく見守ってね。さ、寂しい女なんて言わないで〜。

| | Comments (2)

December 04, 2009

携帯の待受画面は?

録画してた「99プラス」を見たのです。三人の女性を集めての心理分析。心理カウンセラーが質問したのが「携帯の待受画面は?」。普段見る待受に何を設定しているかによって、その人が「何に依存しているか」「何を意識しているか」がわかるらしい。

ナポリタンを待受にしてる人は「食べ物に依存している」、子供の頃よく遊んだ風景を設定してる人は「疲れているかも」、そして先輩の女芸人さんの写真の人は「自分の将来像を明確に思い描いている」と分析されてました。へー、なんか当たってそうな感じ。

私?えーっと、あの、すみません、懺悔します、実はKenちゃんじゃないんです。今は次長課長の井上さん。少し前はチュートリアルの福ちゃんで、その前は徳井さんでした。いや、あの、最近王子様が増えちゃって。

このblogのテーマ、最初は「F4への愛を語る」だったのが、香港映画にハマって「アジアのスター」に、そして今度は「日本のオトコマエ」に手を伸ばすことになりそうです。気が多いな私。

| | Comments (0)

March 27, 2009

Kenちゃんコンサ@大阪 4

コンサ会場までまた歩く。会場前の公園のベンチに腰かけて行列を眺める。入場にはまだ早いから、あれはグッズに並んでるんだろう、私がいたときよりも長い行列が公園の真ん中を横切っておりました。

へー、ずいぶん男の人に人気あるんだなあKenちゃんって。

列の半分は男性で、中高年の方もたくさん。後で聞いたら同じ会場で行われた「レッドクリフ」の試写会に並んでたみたいです。…そうか、そうだよなあ。

ベンチにいる私を見つけて下さった天仔迷さんとお友達としばらくお喋り。話題はコンサグッズのルミカライト。「これはどこを折るのだろうか?」。だってね、ただの筒なんですよ、液体入りの透明の筒。そこにプラスチックの突起がついた簡素な作り。東京コンサに参加した迷さんに「どこを折ればいい?」とメールで訊いてもらったら「どこでもいい」との答えが。えええ?

ライトをいじくりまわしていたら天仔迷さんが点灯に成功。ずーっと触っていたらなんとなくやわらかくなる、とのこと。でも私はまだ折れずに、そのまま会場に入場するはめに。三人とも席はバラバラ。まあいいや。近所に座った人になんとかしてもらおう。

…と思ったら私の席の周りの方も戸惑っておられて「どうやったら点くんですか?」と訊かれました。「いや、私もよくわからないんですけど、とにかくどこでもいいから折ればいいらしいですよ」。で、腹をくくってぽきっとやったら、あ、やっと点いた。「すみません、これどうすれば…」。後ろの方にも訊かれました。「力込めて折ってみて下さい」。コンサ始まる前に大騒ぎ。

私の席は隅っこだけど、思ったよりもステージが近かった。コンサ始まってみたら、いや、もう、すっごいよかったよこの席。斜めから眺めるKenちゃんはシャープでスリムで細かった。くーーー。

| | Comments (0)

Kenちゃんコンサ@大阪 3

グッズ購入後はblogを通じて仲良しになった天仔迷さんと、そのお友達とお会いしました。朗らかで常に笑顔な方。コンサの後、ご一緒させて頂く約束をして私はガイドブックで見たあのパン屋さんへ。

ガイドブックにはコンサ会場周辺は載ってなかったので、市営地下鉄のサイトにあった広い範囲の地図を印刷し、たぶんこの辺りだろうと見当をつけて歩いてみた。目印は銀行。銀行にぶちあたったら左折っと。

てくてく。てくてく。てくてく。
てくてく。てくてく。てくてく。
てくてく。てくてく。てくてく。

…先生、行けども行けども銀行がないんですけど。それに、なんか次の地下鉄の駅の出入り口みたいなの見つけちゃったんですけど。

近くにあったビルの守衛さんに地図を見せる。
「すみませーん。あの、ここはこの地図でいうとどの辺りでしょうか?」
守衛さんはじーっと地図を見たかと思うと、地図にない場所を指しました。
「うーん、この辺りかなあ」
彼が指したのは、印刷した地図の余白の白い部分。私はだいぶ歩き過ぎたらしい。

「私、銀行を目指して歩いて来たんですけど、見逃しちゃったんですかね?」
「地図が古いですわ。この銀行はもうなくなってますねえ」
軽やか〜な関西弁で優しく話して下さる守衛のおじさん。ふと見ればおじさんのそばにまた別のおじさんが出現。一緒に地図を覗き込んでいます。

「あのね、こっちに歩いて二つ先の角を曲がって下さい」
守衛のおじさんが言うと、隣りのおじさんも無言で頷きます。
「すみません、ありがとうございました」
私が歩き出すと、無言で頷いてたおじさんも「よし!」みたいに頷きながら別の方向に歩いて行かれました。守衛のおじさんが上手く説明できなかったらフォローするつもりだったみたいに思えました。大阪の人、親切だな。

「二つ先、二つ先ですよ〜」
歩き出した私の後ろから更に声をかけて下さる守衛さん。ああ、なんか人があたたかいなあ。

パン屋さん到着。おお!おお!おお!なんか珍しい名前のバターをはさんだのとか、尋常でないほどくるみが入ったのとか、マンゴーまで含んじゃったのとか。乗せる乗せるどんどん乗せる。乗せ過ぎちゃってトレー二枚目に突入。コンサの前に大荷物。でもでもでも、重たくても買っててよかった。美味しかったのよ〜。何食べても全部美味しかった。夫と奪い合うようにして食べました。

| | Comments (0)

March 25, 2009

Kenちゃんコンサ@大阪 2

さて新幹線。ぼーっと自由席の列に並んだら喫煙席で、煙に包まれながら新大阪へ。乗り換えが心配だったけど、前方にKenちゃんのエコバッグを持った人を発見。やった〜happy02この人に着いて行けば会場まで行ける!「私の天使」と心の中で命名。すたすた歩く天使の後ろを追いかける私。

が、私には使命が。「夫の実家に土産!」。ほぼ毎日顔を合わせていて、今日のコンサのお出かけも当然知っている義両親。何か買って帰らねばまずい。昨日調べたパンの店には、グッズ購入の列の長さによっては行く時間がないかもしれない。駅で何か買っといた方が良さそう。泣く泣く天使を見送り、土産物売場をぶらぶら。店にはなぜか「赤福」が。伊勢の土産の「赤福」が。旗まで立てて山積みに。おっと、京都名物「八つ橋」も並んでる。いや便利だけどさ、なんかちょっと風情がないというかなんというか。しかし、私が買って帰った焼き菓子は家に帰って見たら神戸のでしたcoldsweats01

本町駅から会場へ。地図を見ながらなんとなく歩いていたら着きました。思ったよりもこじんまり。趣きがあるというか、古そうな、後でKenちゃんもコンサ中に言ってましたが「味のある」建物。道を隔てて公園があり、そこには既に迷の列がゆるやかにカーブを作っている。とりあえず並んどこ。

一人なので、近くの迷さんの話が自然に耳に入る。中に結構な辛口でお喋りしてる人達が。とにかくいろんなことをずっとぼやいておられる。聞くまい、と思うのにそういうのって聞こえてしまうのです。でもでも、その人達いっぱいいっぱいグッズ買っておられました。買った後、ちょっと嬉しそうでした。愛にはいろんな形があるのね、と思った出来事でした。

| | Comments (0)

Kenちゃんコンサ@大阪 1

行って来ましたKenちゃんコンサ@大阪。長いです、だらだら長いです、コンサレポは「4」くらいになると思います、お時間のある方だけどうぞ。

今回は初の一人コンサ。地元の駅でさえ道に迷ってタクシーに乗ってしまうようなこんな方向音痴が一人でコンサ。行く前からもう心配でたまらない。案の定、駅のサイトで構内図を見てもよくわからない。厚生年金会館のサイトの地図も大雑把。わからんわからんもうわからん。

前日に書店でガイドブック購入。軽くてシンプルで目が疲れないかわいい本。あ、あら楽しいわ。ちょ、ちょっと気分が盛り上がって来たわ。おっ、このパン屋さんおいしそう。ネットで検索、買った人の感想を読みあさる(←早く寝ろ!)。お店のサイトを右往左往して探すが見つからず(←早く寝ろ!)。ベッドに入ったけど、目が冴えて眠れず(←そりゃそうだ)。

うつらうつらしたらもう朝。あああああ。掃除、洗濯、米を研ぐ。夫の夕食には一昨日の残り物のカレー。大丈夫、たぶん大丈夫。火を通して冷蔵庫に入れてたから大丈夫。

なんとか支度して家を出る。まだ到着まで時間があるから、駅のベンチには私一人。iPodでKenちゃんを聴く。ドキドキだ、この段階でドキドキだ。どれだけ気が小さいんだ自分。

お、ようやく人が来た。もう一人来た。中学生くらいの女の子だ。電車も来た。さあ乗る。さあ…乗…る?

わああああ。電車はそこに止まっているのにドアが開かない。え、なんで?困惑する自分。ああ、回送電車?いや違う、いっぱいお客さん乗ってる。なんで、なんで?

さっきの中学生女子が走り出した。あ、あっちのドアだ。そうか、「前の車両しかドアは開きません」な電車だったのか(ときどきそういうのがあるのですよ、田舎の駅には)。私も慌てて走る。遅い。中学生女子よりうんと遅い。ぎゃあ。私だけのために、私だけのためにこの電車が止まっている。

「私だけ」って二つあるよなあ。「私だけのために借り切られたレストラン」はカッコいいが、「私だけのために発車できない電車」はすんごい恥ずかしい。赤面して乗り込む。お辞儀。小走りで空いた席へ。

な、長っ。2へ続きます。

| | Comments (2)

March 20, 2009

明日はコンサ初日

わっ、巻いてる巻いてる!首にチェックの布っ切れを巻きつけ、体の厚みから目をそらせる中尾彬ないでたちのKenちゃん@なるトモ。ほそ、ほそ、細くはないが太くないっ。あれは全然太くない。ぜーはー。愛とは全てを許すこと、そして慣れること…。ああ、ドアをこんこんノックする手が指が既にオトコマエだ。うどんをすすり切れないで悪戦苦闘するやすよともこさんを、画面の右上の小窓で見つめるKenちゃんの優しい優しいまなざし。いいなあ。やっぱりKenちゃんはいいなあ。

おひさしぶりでございます。仕事&実家の手伝いでヘロヘロです。でも痩せません。というより肥えました。神様、前の記事であなたを責めたのがいけなかったのでしょうか。ごめんなさい土下座しますコンサまでに10キロほど痩せさせて下さい。ああ席が遠くてよかった〜。よかった〜。わ〜ん(←負け惜しみ)。

さて大阪。私の家から一番楽なのは、新幹線で新大阪、地下鉄で本町に行く方法のようです(たぶん)。でも本町で降りてからいまいち自信が…。駅を出たらコンサに行きそうな人の後をついて行くことにしますわ(←おい)。問題は帰り道。奥さん、本町駅って地下鉄の路線三つもあるんですって。乗り間違ったら終わりです。終電に乗れません。ええ日帰りなんです。田舎の交通事情はシビアなんです。加油だワタシ。

明日はコンサ初日。桜咲く東京で歌う舞うオトコマエ。いや、舞うかどうかは知らんけど。私は大阪だけなんですが、どこかでレポが上がるのをほんとに楽しみにしてます。加油だKenちゃん&迷様。

| | Comments (4)

より以前の記事一覧