呉 建豪/Vanness

October 22, 2008

スーコンで大阪へ 4

Dn04_002順番も曲目も覚えてないので、思いついたことから感想を。

ヴァネ。いつものように上半身脱いでたヴァネ。パンツ(←もちろんズボンのことですよ)を脱ぐ真似をしたから、わあヴァネ煽ってるな〜あはは〜上手いな〜と思ったらほんとに脱いだんで、えーーー。ダメだそれはダメだ、引き返せヴァネ!と拳を握っていたら、下に金色の別のパンツ(←もちろんズボンのことですよ)を穿いてました。あーびっくりした。あいかわらず白くてなめらかな肌と引き締まったおなか、小さい顔。でも変なムキムキじゃなくて、見て心地のいいライン。柔らかそうで軽そうで豹みたいに気品が。

そりゃもう何を着ても、鍛え上げた肉体が着こなす着こなす。緑の帽子も(←ああ書きながら自信がなくなって来た、赤い帽子だったような気も…)、ヒゲも、すごくクセのある、着る人を選ぶファッションだと思うのに、何を着ても自信に満ちてて粋でおしゃれなんだスマートなんだ。スーの中で唯一、私服でどこに出しても恥ずかしくないオトコ(いや、ときどき両脇ぶった切りのTシャツだったり恐ろしい格好のときもあるが、それでもファッションに関しては四人の中で一番気をお金も使ってると思う)。

で、ヴァネは気配りの人だった。観客に常に声をかけるし、上も見てくれる。太鼓のゲームのときはアフロのカツラかぶったヴァネがもうほんと楽しそうに盛り上げてくれました。隣に誰か立てば肩組むし、おちゃらける。ハモればCDとは違う節で歌ってくれちゃったりして、またそれがカッコいい。ダンスもさすが。でも優等生で、何をやっても大丈夫な人だからこそ「できて当たり前」「だってヴァネだもんね」と思われてしまうのが気の毒かも。

| | Comments (2)

April 06, 2007

ぶほー。

37908291587704ぶ、ぶほー。なんですかこれは〜。PC見たとたんに咳き込みました。水、誰か水持って来て。ごっくん。ふー。

以前、私がヴァネF1だった頃は、ヴァネが脱ぐなんてありえませんでした。王力宏の「愛錯」のMVでは、ボクシングの試合のシーンにも関わらず、ヴァネは頑にTシャツで出演。あちらがTシャツで試合に臨んでいるのにこちらだけ脱ぐわけにもいかなくて、リーホンったら試合で脱がずに練習風景で脱いでました(笑)。そんな不自然な状況さえ作り出すほどガードが固かったヴァネの乳と腹ですが、気がつけばこの大放出。ほーれほれほれお祭りだ〜。

鍛えて磨いてダビデ像。あーもー、そんなに引っ張ったら洋服伸びちゃう。っていうか、まだジーンズのポケットに手を入れて更に下に引っ張ろうとしてますね?見せたいんかキミはそんなに。ヴァネ、どこまで行っちゃうつもりなんだ?ちょっとKenちゃんも連れて行ってもらえんだろうか。ひさしぶりに書くヴァネ記事がこんなんか>私。

| | Comments (5)

January 08, 2007

BS見ました

L_p1004488107BS見ました。ヴァネの出た「ファンタジー・イン・ナガノ」と韓国ドラマの「宮」。

「ナガノ」はスケートリンクでのイベントなのでめちゃくちゃ寒そう。ヴァネも白い息を吐きながら歌ってます。「アイタカッタ?」「ホント?」「ボクモ!」「アイシテル」。ヴァネの日本語はちょっとはにかんでるみたいでかわいくて、でも喋ってる内容はかなり積極的で。日本人ならこんな熱いことをこんな恥ずかしそうに言わないと思う。そのギャップにいつもでれっとなってしまいます。

で、そんなヴァネのいるステージに近寄って行く女性ファンが一名。ヴァネは「ゴメンネ」と歌いながらお断りしていましたが、粘って握手してもらって携帯で写真撮ってました。お、おいっ。

「宮」は皇太子とビンボー庶民とのラブストーリー。主人公は制服のスカートの下にジャージを穿き、汚い部屋に住むガサツな女の子。そんな彼女が祖父の代の約束によって心ならずも皇太子に嫁ぐことになり…っていうお話のようです。

皇太子役の俳優さんは、ぼさっと重そうなヘアスタイル&あっさりした顔立ち。写真で見たときは正直そんなにカッコいいとは思わなかったけど(←すみませんすみません)、小顔で長身、正装するとほんとに王子様。ゆったり歩く姿が優雅でなおかつ自然、クールで何を考えてるのかわからない皇太子役がとてもハマってました。よし、来週も見る。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 07, 2006

お誕生日おめでとう

060807お誕生日おめでとう。年を重ねるにつれ、ますます素敵になるあなたにとてもとても励まされます。

ダンスもギターも外国語で歌うことも、影ですごーく努力してるんだろうけど、あまり見せずにステージでわっと驚かせてくれるヴァネ。割れた腹筋やたくましい腕もセクシーだけど、こうして着込んだ姿もすばらしいです。そのうえメガネなんて反則です。

最近はハードワークでお疲れのことと思いますが体を壊さないように、もうちょっと太っても全然大丈夫です、今日くらいはごちそう食べて下さい。幸せなお誕生日でありますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2006

「スター・ランナー」

p1002995178あらすじに触れてますのでご注意を。「スター・ランナー」を見ました。この頃孝天に大きく傾いていた私ですが、やっぱりいい、ヴァネはいい。出て来た瞬間から愛らしいのです。トレーニングするヴァネが映ったとき、私小さく叫んでおりました。「きゃっ★」。冷めたかなと思った愛が一瞬で復活。鍛え上げた、でもいかつくない美しい体が画面で躍ってます。なんてきれいなんだこの人は。白くてなめらかな肌とぷっくりしたかわいい唇。なんていうのか、あれですね、幼稚園くらいの子供の美しさに似ている。すこやかであどけない美しさ。

そのあどけないヴァネが体張ってます。殴られ、蹴られ、ぶっ叩かれ、鼻血を出し、雨に打たれ。ヴァネがひどい目に合う度に、うううと拳を握りしめてしまいます。ヴァネが雨に打たれるところなんかね、もうお母さん心配で心配で。タオル持って走って行きたくてたまらなくなったわ〜。20代半ばなのになんてあどけないんだヴァネ。いつの間にか私を母の気持ちにさせる男ヴァネ。

で、私がこの映画で泣いちゃったのは(←泣いたのかよ!)ケンカしたみたいに別れたボンドのジムの仲間達が、コーチと二人で練習してる浜辺に現れるところ。コーチは体を壊しててぼろぼろなので、彼らがボンドの相手役を買って出てくれるんですね。たとえ行き違いがあったとしても友達はずっと友達だし、自分の限界に挑戦する人には誰もが優しい。

そう、この映画って「人間っていいな、あたたかいもんだな」と肯定的に描かれてる気がします。みんないい奴なのよ。恋のライバル(?)だった教授さえ、闘うボンドに声援を送る。そして格闘する相手も。闘いながらもお互いがお互いを「すごい奴だ」と敬愛し合ってる。清々しいです。

ただひとつすっきりしなかったのは、あれですね、最終戦。リングに倒れたボンドに駆け寄った先生が、カウントを始めたレフェリーを遮って言う「彼にもう一度チャンスを与えてあげて」。あんなことをしなくてもボンドは立ち上がるし、もしも立ち上がれないならそれもいいんです。勝負はそういうものだし、そんな厳しい世界にいるからこそ闘う男達は美しい。試合の後の、留学だの不倫彼と別れただのも要らない気がします。

あ、かわいくてきれいなだけじゃなくて格闘シーンもすばらしいの。筋肉モリモリのアクション俳優さん達に混じっても決してひけをとらないヴァネの体と動き。普段はダンスや歌や演技をしている人が、これほどやってくれるなんて。語らない、見せない努力をどれほど重ねてきたんだろう。静かにやり通して鮮やかに結果を見せてくれるヴァネ、やっぱりあなたはすごい。またヴァネに惚れ直してしまった映画なのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 16, 2005

ファビュラス

「ファビュラスvol.3」を見ようと本屋に寄ってみました。で、韓流コーナーに行ったらね、すごいの、あんな目立つ派手で大量な雑誌の中にあるのにそこだけ光が当たってるみたいに、ヴァネの表紙が目に飛び込んできたのでした。

写真になってもまだオーラを放つヴァネ…。っていうか、私の目がどんな薄いスーのオーラも見逃さないくらい研ぎすまされ、鍛えられてきたのかもしれません。どうしよう、本物を見たら眩し過ぎて目がつぶれてしまうかもしれん。

で、中身を見た。え?こんな大きなサイズであえてモノクロの写真を載せる?あーん、でも、そのモノクロがまたいいんです。白と黒とでヴァネの凛々しい顔立ちが強調されてる。カラーの、目の中に星が入ってるかのような写真も素敵です。

すみません、立ち読むつもりだったのにまた負けました。わーん。

レジに持って行ったら、こころなしかおねえさんが私を見て微笑んだような気がしました。お、おねえさん、あなたもスー迷?

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 25, 2005

很可愛

120
iPodのイヤホンを片方にしてヴァネの「想像十個你」を聴いてたら、ラップのヴァネの声が、すぐそばで耳元で囁いてくれてるみたいに聴こえて、とろけてしまいました。私、そろそろヤバいかもしれません。

で、見ました、ついにヴァネの「なるとも」を見ました(←あすかちゃん、謝謝)。意外に短いインタビュー。五月に同じ番組にKenちゃんが出たときは「うどん」「日曜日は休む」などツボがいっぱいでしたが、ヴァネきっと忙しかったんだろうな、座って普通に喋ってました。

それでもヴァネがやすともさんの顔を見て喋る様子や、やわらかい笑顔、ときどき出るカタコトの日本語にうっとり。そしてソファに座ったときの小さな顔やスタイルの良さ、あたたかみのある受け答えにきゅーん。ほんとにほんとになんてかわいらしい人なんだろう。

私は夫のいるときにはF4は見ないことにしています。だってねえ、なんか照れるしねえ。だからこのDVDも、夫がうたた寝している隙にこっそり見ていたのですが

「…なんか変な音がする」

夫が起きだしてきてしまいました。

夫よ、ゴメン、私です。ふがふがと鼻息荒くしてテレビ見てました(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 02, 2005

かなりヴァネ

l_p1004026190
読んだとたん、深ーく頷きました、杉浦日向子の「一日江戸人」。江戸時代のモテ男について解説した項があるんですが、これがもうかなりヴァネなんです。人情本「春色梅児誉美」は、主人公の丹次郎が女性にモテてモテて困っちゃって…みたいな話らしいんですが、この丹次郎、色白のお坊ちゃまで優しい性格なんですって。やーん。時代は違っても江戸の町娘と私の好みは同じなのね。

で、この本には「江戸ではこういう男がモテた」がいろいろ書かれてます。まずね、肌がすべすべでなくちゃダメだったんですって(←ヴァネだ〜)。青い髭剃り痕は好まれなかったので、髭が濃い人はいちいち毛を抜いてたらしい。色黒の人はデートの前にわざわざお化粧して顔を白く見せたりもしてたようです。

んで、髷は二日前に床屋に行ったような形が理想。結いたてのきっちりした形はダサかったみたい。うんうん、ヴァネ、髪もいつもさりげなく決まってるもんなあ。

服装や持ち物のセンスのよい人が好まれたんだって。で、男の色気をアピールするために胸とか足をわざとはだけて見せたりしたらしい。ん、もう、ますますヴァネです。

で、で、楽器ができたり、歌がうまかったりする人はモテたそう。すごいわすごいわヴァネ。あなたは踊りだってイケてるんだから、江戸に行ってもきっと女の子にモテモテだったにちがいないわーーー。

……と思ったらですね、最後に落とし穴が。この時代、動力のほとんどが人力、つまり肉体労働が当たり前だったので、体のがっしりした筋肉質の人はまったく珍しくなかったんですって。っていうか、見渡せばそういう人ばっかりだったので、マッチョな男は人気がなかったらしい。

あ、いいえ、ヴァネ、私は筋肉質でもまーったく気にならないわ。ついでに言うと、色が黒くても髭が生えてても服装のセンスが多少アレでもどーんと受け止める覚悟があります。さあ選ぶなら、江戸の町娘よりも平成の主婦よ。もはや何を語りたいのかわからなくなってきましたが、私はKenちゃんもヴァネも二人とも大好きです、つまりそういうことです。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

August 22, 2005

くーーー。

98
い、今、メール来ました、「流星花園メルマガ」のボヘミアンさんから。

ヴァネが来るんですって〜。札幌に来るんですって〜。愛紗も来るんですって〜。まだ詳細は調整中なんですって〜。

ぎゃーーー。

私、メールを見て叫び声をあげてしまいました。部屋の隅で寝てた犬が、私の声で飛び起きました。

サッポロ。あの、雪祭りのサッポロ。ラーメンのサッポロ。

……遠い。ビンボー主婦にはあまりにも遠い土地。

見たとたん、ムリだと思いました。さようならヴァネ、遠くからあなたを応援しています(泣)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 20, 2005

メッセージ

96
ヴァネの近況報告のメッセージが「f4ever」で見られます。……って今頃気付くなんて情報遅いわい>私。

うっ、英語。私、中国語はもちろんですが、英語もまーったくわかりません。ですが、教科書英語みたいなんじゃなくて、くだけた感じの文だってのはなんかわかる。「THANK YOU THANK YOU THANK YOU〜」だもんな。「ありがとありがとありがと〜」ってチャーミング。ヴァネは絶対にこにこ笑いながらこれを書いたんだと思う。

私がもしもスターでファンに向けてメッセージを書くとしたら、きっともっと固い文になっちゃうと思うのよ。失礼があっちゃならんぞとか、あんまりくだけたふざけたこと書いてバカかと思われたらイヤだとか。で、真面目だけど面白味がないメッセージになっちゃうと思う。こんなに素直に、思ったことをさらっと書いて、にこにこの笑顔まで想像させるなんて、なんかヴァネってほんとにいいヤツな感じがします。

F3だったらどんなのを書くかな。ジェリー君は「もっと頑張ってみんなの期待にこたえられるように」の一文が入りそうな気がする。仔仔は「みんな、カレーはもう間に合ってるからね〜」なんてコメントかな。Kenちゃんは、うーん、「僕はあと何年芸能界にいるかわからないけど、僕の誕生日をファンのみんなが祝ってくれるのはとても嬉しい。芸能人でいるうちはこの幸せを精一杯享受しようと思う」とか書いて迷をひやりとさせたりしそう。

「f4ever」はスーの誕生日ごとにこの企画やってくれるのでしょうか。やーん楽しみ〜。だけど次は一月だわね(笑)。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧